もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

しばらく読書を休んでましたので、

八切止夫氏の『信長殺し、光秀ではない』の、紹介した章を簡単に纏めて、次回以降に続けたいと思います。



・てきは、本能寺
時代小説の信長の最後は、「こんな風に壮烈きわまりない敢闘をしてから、潔く、人事をつくしてのち、従容として死についたろう」となっているが、大部分の資料がそうなので作家も(読者もかっこいい信長の最後を期待しているから)それに従っているからであるが、資料の大部分は秀吉・家康の時代や江戸時代中期以降のものが多くすべて焼き直しなので同一なのは当たり前である。小説のような信長の最後は信用出来ないということが書かれている。また光秀の実態も誤解されていて、信長と出会ったときには信長よりも裕福な武将であったと言うことが書かれている。また当時のイエスズ会は、耶蘇教(どうもこの訳語だとプロテスタントの方を指すらしい。)ではなく、天主教(わかりやすく言えばカトリックに分類されるらしい)であるということも書かれている。そして、大雨の後だったのに、全焼して骨も殆ど残らない状態だったので、イエスズ会が火薬で爆殺した可能性についても触れている。

・光秀にはアリバイがある
記録では光秀が本能寺(京都)に現れたのは、午前9時から午後2時までのことで、本能寺の変は、完全に終わっていること、本能寺を囲んでいた兵は、信長により光秀に付けられていた武将たち(今まではそもそも光秀と一緒に行動はしなかったと考えられていた兵団)の可能性の指摘、イエスズ会は、信長がマカオに出航して、宣教師を通さずに火薬を手に入れること(同時にそれはマカオへの武力侵攻)と勘ぐった可能性に触れている。
また、江戸時代の資料については、源内某という贋作者がいたことを指摘し、江戸期の資料の大部分は贋作の可能性すらあることにも触れている。その証拠としてか、本能寺本丸からは、光秀の馬印、白紙のしでしないは小さくて見えるはずがないということを説明している。

・森蘭丸は美少年か
森蘭丸(正式には乱丸)は、容貌魁偉と言われた「鬼武蔵」こと森長可(ながよし)が兄である。下の弟も元服後の名のりがあるから、二十六・七歳くらいと考えられる。当時なら十分中年であろう。その彼が美少年になったのは、明治以後の何度かのブームのため。
最初のブームは終戦時までのもので、少年兵募集のためと説明している。(ついでに、桶狭間の戦いは、明治以後の軍隊が寡兵で大軍に勝利した戦いを探している中で重要視されるようになったことも説明している。)
明治から大正の時代は、稚児趣味の流行ったホモの時代だったからと説明されている。そのため、十五・六歳くらいの森蘭丸が定着したと考えているようである。
そして、新たな謎として、近くにあった大名屋敷から何故増援が来なかったのかとか、そもそも信長は何を目的に本能寺にきたのかという話題に移っていっている。矢切氏の分析は、中国へ出陣するに当たり、今日にある何かを一掃するために本能寺にきたと分析している。茶会が目的ではない。公卿衆が本能寺にきたことはもしかするとそれに関係あるかもしれない。

・真実は雲なのか
信長関係の資料について、これは贋作であるという追求をしている。
追求されたのは、
<太閤さま軍記のうち>の中の<織田信長の最後>という短い一章。太田牛一著と言われているが疑っているようです。
小瀬甫庵の<太閤記>。まるっきり講談であるとバッサリ切って捨てている。
田中吉政の家臣の川角三郎右衛門の<川角太閤記>。小節などにはよく引用されている。しかし、あちこちにおかしなところがあり、江戸の太平期の贋作のようである。

ここまでは読みました。

こうやって要約してみると、大きなタイトルに関連することはすぐに終わって、その他の話題に変わっていっています。その点がどうも読みづらさになっている感じがします。まさかこの作品は、口述筆記でしょうか?

次回は、
・信長は腹を切らない
からです。



おまけの動画。
スポンサーサイト

里山資本主義はうまくいっているんだろうか? その2

今日は、親父に付き合ってワラビ採りです。これから、大体4日ごとにワラビ採りです。ニオウサク採りはやっぱり満足したみたいです。

ワラビの他に手に入れてきた収穫物はこれです。

里山資本主義はうまくいっているんだろうか? その2
右はゼンマイです。茹でて乾燥させて保存します。乾燥させるときに、固くならないように揉みながら乾燥しないといけません。結構手間のかかる山菜です。親父はもう面倒だといっていたので、茹でることころまでは私が行いました。
でも、乾燥すると、びっくりするくらい量が減ります。今後のワラビ採りで、ちょくちょくゼンマイも取れるといいんだけどどうなんだろうな。

左はタラの芽。天ぷらにするならこのくらい葉が広がったものでも大丈夫だと親父が言うので、本当かなと思いながら採集してきたんですが、天ぷらという調理法はすごい調理法ですね。たしかに大丈夫です。美味しく食べられます。ただ素人の料理の悲しさ。粉がぼったりと付いたものを、あまり高温ではない温度で揚げるもので、おそらく揚げ油もたっぷりの天ぷらになっていそう。でも素人の料理、多くを望んではいけない。しかし、山に行って歩き回ってきても、天ぷらでかえって体重が増えたりしそう。

・・・・・・・・



里山資本主義は、見捨てられていたものから宝物を見つけようという活動でもあります。成功例として、葉っぱビジネスというのがよく紹介されるみたいです。

秋田県では、小坂町で山菜採りビジネスが行われています。山菜採り名人が採集した山菜を宅急便で都会の人たちに発送するというビジネスです。ただ、もしかしたら、このビジネスが熊の被害につながっている可能性もあります。小坂町は鹿角地方です。そして、鹿角地方の何処かはわからないけど、今年もう鹿角地方で熊の被害が出ています。

山菜採りは里山資本主義の大事な要因です。しかし、・・・・・。山菜採りビジネスは、その地元に住んでいる年寄りたちの小遣い稼ぎという面があるので、もしかしたら、このビジネスモデルがクマ被害を増やしている可能性はないのかな? 最も山菜好きは、山菜採りが好きなので金にならなくても山に入るんで、このビジネスがなくてもクマ被害は出るんですが、助長している可能性はあるんじゃないかなと思ったりします。

自然の中から有益なものを手に入れるのは、それなりに大変なんです。その大変さをあまりにも過小評価している人が里山資本主義と言っているような気がしてます。



おまけの動画

里山資本主義はうまくいっているんだろうか?

昨日は、親父に付き合ってニオウサク採りにいっていました。

里山資本主義はうまくいっているんだろうか?
適当な濃さの塩水につけた後、皮を向いて、塩漬けにします。以前の記事でも書きましたが、冬場など、青物がない時期に食べるための山菜です。

親父は今年分は収穫できたと言ってますが、昨年度はそういった後また採りに行ったりしてますから、もしかしたら後1回位は行くかもしれないです。

・・・・・・・

ちょっと前に、里山資本主義ということが話題になったりしました。でも最近はさっぱりそういうことは聞かれなくなりました。もしかして里山資本主義は失敗したんでしょうか?


2017年5月16日現在で、中古で1円となっています。まったく見抜き見向きもされていないようですね。やっぱり里山資本主義は夢物語だったのかな?

里山資本主義のいくつかあるポイントのうちのひとつとして、放置されているものを有効利用し、その価値を利用しようというものがありました。具体的には、枝打ちした枝など捨てられていた木質燃料を有効利用しようというものでした。

そのための秘密兵器としてロケットストーブというものが取り上げられていました。

ただ、ロケットストーブの話題も、最近はあまり聞かれなくなりました。

ロケットストーブを被災地に送ろうという活動を頑張っていた島根の人は、活動をやめた感じがします。
焚き火後夜の忘備録
しまね自然の学校の焚き火小屋の管理人のブログですが、自然の学校の建物を解体してますから、後引退ということなのかなと感じます。

南三陸 焚き火小屋プロジェクト
トラックハウスを作って、南三陸でロケットストーブ普及をしようとしていた人のブログなんですが、移住したという内容は出ていませんね。

・・・・・・・・

どうやら、木質バイオマスはまったく広まっていない感じがします。

個人的には、完全燃焼させるロケットストーブは、煙突も詰まりにくそうだし、屋内ストーブとしての発展もあって良さそうな気がするんですが、・・・・・・・・、

高温で燃焼させる方式なので、火事が怖いため、ロケットストーブは屋内ストーブとしては許可されないんでしょうか?

・・・・・・・・・

捨てられている木質からエネルギーを(100%は無理としても、可能な限り多く)得るというのは、里山資本主義を成立させる大事な要因と思われます。それがうまくいっていないようなので、里山資本主義は、やっぱり夢物語なのかな。

Stereo誌ムック付録ユニットの詳細が紹介されてました

わたしの住んでいる大館市では、書店からStereo誌が消えてしまいました。売れないということにようやく書店が気がついたようです。そんなわけですから、付録ユニットの詳細を立ち読みで知ることが不可能でしたが、Stereo誌のブログを覗いてみたら、詳細が報告されていました。

今年の特別企画スピーカーユニットは、MOOKの付録として2モデル!

今回はFostexだけでなく、パイオニアのユニットを選ぶことも可能になりました。

それで、パイオニアのユニットの周波数特性を見てみたら、違和感が。

なぜF0でインピーダンスが減少しているんだ? と思ったんですが、よくよく見たら、インピーダンスの目盛りがFostexの表し方と逆になってました。

これが、パイオニアの表し方なんでしょうか? わたしは遅れて自作をはじめた人間なので、興味を持ち始めたときに流行っていたのが、Yosi9でした。その頃は自作用ユニットとしてパイオニア製ユニットはない時代です。もしかして過去のパイオニア製ユニットのインピーダンス特性図はやっぱり目盛りが逆だったんでしょうか? どうでもいいことが気になってしまった。

衝動買い Guitar Pro 6

わたしのもう一つの趣味、ウクレレ演奏のために、いいタブ譜作成ソフトを探していました。

今までは、パワータブエディターという、フリーソフトを使用していましたが、タブ譜の横線と数字が重なったところは、どうも読みにくくて困っていました。0と8が同じに見えてしまって、不便この上ない。

それでとうとう、Guitar Pro 6 という製品を購入してしまいました。

このソフトでタブ譜を作成すると、数値を打ち込んだところの横線が少し欠けます。そのおかげで、もう0と8を間違えることはありません。

ただ、まだなんとなく直感的に使用できないところがありますね。ウクレレが設定されていないのでベースを選んで、チューニングを変えるというちょっと手間を掛けないといけません。

実はGuitar Pro 7Trial という使用版が公開されていてそれにはウクレレがあったんですが、残念ながら使用版は日本語化が何故かできませんでした。それで日本語化されている Guitar Pro 6 を購入したんですが、世の中ってのはあちら立てればこちらが立たずです。

2重奏のために一部の小節に伴奏もつけたいんですが、その設定方法もまだわかりません。パワータブは英語版でも直感でわかったのに。

まあしばらく試行錯誤して遊ぶ道具ができたと考えることにしとこう。

MCAP-CRモデルの補足(2) を受けて

鈴木さんのブログ、MCAP-CRモデルの補足(2) にコメントを付けたところ、どうやら私の意図したことが伝わっていないようです。

端的に言って、
>ひとつのチャンバーに複数ダクトってやっぱり意味ないですね。
>無駄なので、エネルギを使うのはやめましょう。
と、結論のように書かれたことに対して、決めつけるのは敵を作りそうな行為ですよと、言うつもりでコメントを付けたんですが、短いコメント欄では真意が伝わらなかったようです。

以前F0を潰すという話題で、シングルバスレフの音が良くないのではないかという記事を書き、それをおそらく補足するような記事を鈴木さんが書き、執拗なコメントを鈴木さんがつけられたということがありました。わたしの方は、怪しげ音響論というカテゴリで論じてますから、反論が来たら、私自身物を知らなくてすみませんと言って終わりにできますが、鈴木さんのブログはそうではない。それで、ちょっと責任を感じたりしてました。

ですから、今回の、空気室ひとつにバスレフダクトを複数つけることに対して、それは無駄だと決めつけるように感じられるような、言い切りはどうかなというのが私の感じたことで、心配事だったわけです。

それで、JSPという方式もありますよ、シングルバスレフでは周波数特性にくぼみができてしまうくらいの大きさの箱にすることができて、(Fdがブロードになるのかどうかわたしはわからないけど、本家のホームページでは、)周波数特性にくぼみができにくい方式と紹介されています。

JSPのホームページではJSPのFdを求めるExcelシートが公開されていますが、長岡鉄男氏のFdを求める式で求めたFdとほとんど同じ結果です。もちろん、JSP方式の容量でシングルバスレフにすることは可能で、Fdも同じにすることは可能ですが、そうすると周波数特性にくぼみが出てしまいます。ですから、JSP方式で複数ダクトを使用することには意味があります。

長さの違う複数ダクトについても、(パイオニアの管共鳴を押さえるバスレフダクトが開発されたのでもはや意味がない感じもしますが)、異なる管共鳴を重ねることで、それぞれの管共鳴のピークを分散し、管共鳴を減少させるという効果はあるかもしれません。ですから、この場合も、多少は意味があり、バスレフダクトの複数化は意味が無いと決めつけることは良くないのではないかと感じます。

鈴木さんの立場もわたしはわかっているつもりです。数式で表せないモデルよりは、数式で表せるモデルのほうが、利用価値が高いに決まっています。しっかりしたモデルが有るのなら、試行錯誤の段階をある程度減らすことができますから。ですからしっかりした数学モデルを追求する鈴木さんはすごいと思ってます。

今回は複数ダクトにしてもFdは一つにしかならないということの計算について説明したのはわかります。ただし、その結果から、複数ダクトは意味が無いと受け取られかねない結論はちょっと早すぎる気がしています。

・・・・・・・

例によって、今回もカテゴリは怪しげ音響論です。内容があっているかどうかは各自自分の頭で判断してほしい。わたしが絶対的に正解だとは、わたしは自信を持って言えませんからね。




オカリナは、バスレフダクトの開口面積を変えることによって音階を出す楽器です。穴が2つ以上開いていても、複数の音階が出ることはありません。やっぱり複数のバスレフダクトでもFdはひとつになるということですね。この動画では多重録音で音が重なってますけど。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5553位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1175位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始