もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中

Stereo誌Mookを予約したので、まだ妄想段階なんですが、構想(実態はただの自己満足、日常からの逃避)に入りました。

---アフェリエイト---

---アフェリエイト---

構想1.二重共鳴管を使って、共鳴管の癖を分散し目立たなくさせる。
二重共鳴管ver1(妄想スピーカー)
以前、二重共鳴管ver.1(妄想スピーカー)という記事で出した妄想スピーカーですが、これの発展形にしたいと思っています。

開口部がユニット近くなのは、

カーユニット使用バスレフで考えたこと
(写真は書類審査落ちした私の過去作。貰われていったのでもう手元にはない。)二重バックロードでバーチカルツイン風にして、点音源化を目指したものですが、立てた時はそれほど気にならないんですが、横置きするとボーカルの口が大きくなる感じがありました。ですから、開口部はできるだけユニットに近づけるというのが、個人的なこだわりになっています。

構想2.改良の方向性として、大沢さんの多重共鳴管の考えを取り入れる。

私の二重共鳴管ver.1は、二重共鳴管としては働かず、1本の開管共鳴管として動作する可能性も高いです。それに対して、大沢さんの空気室にダクトを設け、そのダクトの低音を共鳴管に通すという方式は、確実に2本の共鳴管として働きます。共鳴管の癖の分散が確実に、はかれそうな気がします。

共鳴管は低音がほしいので使用しているわけで、だったらユニットの原音ではなく、ダクトで作った低音を更に強調するこの形は、理にかなっている感じもします。

低音の量感を増やすためにテーパーをつけ出口が大きくなるようにし、バックロードバスレフのように開口部を絞って低音の量感を調節するということも大沢さんは行っていましたが、それも真似させてもらおうと思ってます。
※工作難易度を下げるために、テーパーではなく、階段状折り曲げ共鳴管になりそうですが。

構想3.空気室には、アールefuさんの二重空気室を真似できる範囲で真似てみる。

これは、以前にコンテストの後のオフ会で尋ねたことに対する答えから真似してみようと考えました。これは本人が公開していたかどうかわかりませんので、この構想の狙いはここでは書かないほうがいいでしょう。
※出来る範囲で真似る、というのは、アールefuさんの作品を分かる人には理解できるはず。下手の横好きの私にはすべてを真似る技能はない。

構想4.内緒。

おそらく妄想段階から進めない可能性も高いんですが、ひとつくらいは応募書類の目玉を残しておかないと。
※とはいっても、これも真似なんですが。完全オリジナルでないと作ってはいけないとなると、もはやバスレフは作れなくなります。お願いですから真似させてください。

---------おまけ--------
先日の大雨ですが、我が家はもともと山(というか高台)を崩して畑にしてたところ。川から遠いのでまったく問題なし。

ちょうどオダマキ3種が咲いてます。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中
ヤマオダマキです。矢立峠付近にある風穴周辺で自生していて、私が種をとってきてばらまいたら毎年咲くようになりました。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中
こちらがオダマキ。亡くなったお袋がどこから移植したもののようです。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中
何故か1本だけシロバナのオダマキがあります。花びらの細胞内に気泡ができると花びらは白くなるとか聞いたことがあるので、おそらくはこれもオダマキなんでしょう。

追記
大沢さんのブログのコメントで、大沢さんの多重共鳴管を真似させてください、だったか、真似させてもらいます、だったか、の内容のコメントを、完全にブログ記事とは別件だったので、非公開コメントでつけました。

その後、非公開コメントが増えています。もしかして大沢さん、非公開コメントに対する返事だから非公開コメントで返事を書いて、それが増えた分なのか、と勝手に判断しこの追記を書いています。
※まさかとは思ってますが、念の為。

応募できるかわからないけど、真似させてもらいます。
スポンサーサイト

Stereo誌ユニット付録付きムック予約しました。

音楽之友社のホームページを見たら、マークオーディオ製ユニットが付録に付いているムックが予約できることが判りました。

早速2部予約しました。

コンテストに参加するかはまだ未定です。でも、一応参加する方向で考えてみたい。

---アフェリエイト---

---アフェリエイト---

Rcampに行ってきました。

デジカメを忘れたので、文字のみです。

近頃のあれこれ
以前のブログで使用した写真の再掲です。地図の通りのところに目的のラーメン店がありました。

ここには、他のお店には無いだろう、エビで出しをとった、チーズがトッピングされた、SAKURAというラーメンがあります。

参考ブログ

このブログで紹介されているお店の場所は、移転前の場所です。間違ってそちらにいかないように。

食べた感想ですが、私の舌には合わなかった。私はつくづく東北人なんだなということを再確認。もっと塩気が欲しい!

クリーミーなパスタが好きな人はおそらく美味しく食べることが出来ると思います。あくまでも私の舌が、・・・・・・。

今シーズン初の山菜採りだけどちょっと時期外れだったみたい

我が家の全然手入れしてない庭もどきでも花が増えてきました。

今シーズン初の山菜採りだけどちょっと時期外れだったみたい
チューリップの花が他にも咲き始めました。

今シーズン初の山菜採りだけどちょっと時期外れだったみたい
シラネアオイです。山野草なので、大きな木のそばの日陰になりやすいところはうまく生育できているみたいです。

昨年度は塩ビ管スピーカーオフ会の後、帰ってきてからタラの芽を取りに行っていました。確か昨年度の塩ビ管オフは連休の最初の頃でしたから、連休後半に採りに行っていたと思います。でも今年は、完全に連休が終わってから採りに行ったので、・・・・。

今シーズン初の山菜採りだけどちょっと時期外れだったみたい
成果はこんな感じでした。やっぱり育ちすぎています。ゼンマイはついでに採集したものです。

タラの芽も、個性があるようで、このくらい大きくなると、もうトゲがたくさん出るものもあります。そういうものは天ぷらにしても口の中がちょっと痛くなる。

それで、できるだけ、トゲの出ていないものを選んで採ってきました。

・・・・・

今年は何故遅れたかと言うと、・・・・・・・

今シーズン初の山菜採りだけどちょっと時期外れだったみたい
山道の路肩が崩れて車が通行止めになってしまったので、行くのをやめようかと思ったからです。でも歩いても行ける場所ですし、行ってみましたがやっぱり時期がすぎていました。

まあ、自分の家で食べるので、ちょっとすぎていてもいいか、ということで、今日でタラの芽の天ぷら3日目。通常のタラの芽よりも大きいので量が増えてしまった。

最高の時期のタラの芽ではないし、素人の天ぷらだし、流石に3日目は辛いものがあります。

スピーカーづくりで摩擦はどの程度考慮するべきなのか

なぜか、カテゴリーが選べなくなってしまいました。メモリ不足の可能性がありますが、とりあえずカテゴリ『未分類』で出すことにしちゃいましょう。ようやく選べるようになりました。カテゴリは『怪しげ音響論』です。(2018/5/10)

今回は、MCAP-CRさんのブログ、バスレフ研究所 Personal Audio Laboratoryの記事、『スピーカー設計の教科書に書いていないこと(2)』について、個人的に思ったことを書きたいと思います。

私はこのようにコメントをつけました。

>スピーカーはダンパーという一種のバネで固定された錘に例えられると思います。静摩擦係数と動摩擦係数に差があるのかどうか、有ったとしても通常仕様のレベルではもう誤差の範囲で問題にしなくても良さそうなレベルでないかと想像します。振動板を極端に重くしたウーファーでは問題になるかも知れませんが。

>それに、これを気にしても私には解消法がわからないので(常にユニットを動かしてというのは私には論外に思える対処法なので)、気にしないことにしようと思ってます。

静摩擦係数が動摩擦係数よりも大きいのは、(私の時代、)中学校の理科でも学習しました。ですから静摩擦係数と動摩擦係数には必ず差があります。ここは訂正しないといけないんですが、でも静摩擦係数と動摩擦係数の差はそれほど大きくないのではないかと感じています。それでこのように書きました。

さらに、タイトルは、『スピーカー設計の教科書に書いていないこと』となっています。つまりは、スピーカー設計の教科書に書いてほしい内容だと読み取ることが出来ると思います。

ただ、私には、スピーカーのユニット設計は無理です。箱作りだけです。私がやれることは。(出来上がった箱の出来は置いといて。)ですから、摩擦力を問題にされても対処ができない。スピーカーの運動で摩擦力が問題になりそうなところは、ユニットのコーン周辺でしょうから、対処するためにはユニットの対応になります。ここは、私には対処が難しい。ですから気にしないことにしようと思ったわけです。

静摩擦係数が動摩擦係数よりも大きいので、コーンを常に動かすという方法は、原音信号に関係ない信号を乗せるということですから、たとえ耳に感じられない帯域の音だとしても私としては受け入れは出来ません。いい悪いの問題でなく、ここは私の好みの問題です。

それに対するコメントは、こうでした。
>別にディザリングを推奨する意図はありません。
>思い込みで説を唱える前に調べることをお勧めします。

というものでした。

これは、地元高校の理数科出身である私への挑戦か。調べてみようじゃないか。

ということで、まずはウィキの摩擦を見てみました。

・・・・・・・・

あれ?

>クーロン摩擦のモデルとは、大雑把に云うと、静摩擦係数と動摩擦係数が違い、動摩擦係数のほうが静摩擦係数よりも小さい、ということです。

>これが何を意味するかと云うと、小出力の場合の立ち上がり特性に影響を与えます。
>クーロンモデルをスピーカーユニットの動きに対応させて書くと、スピーカーユニットの振動板に駆動力を掛けると、最初は動かず、突然動き出す、ということになります。
>こういうものを制御しようとしても、上手に制御できるはずがなく、どうしても立ち上がりに段差が出ます。

ということでしたが、ウィキの内容を見ると、静摩擦係数が動摩擦係数よりも大きいという内容はすべて接触摩擦での話のようですね。

スピーカーユニットでは、コーンがエッジとダンパーというバネで支えられている状態です。この状態ではコーンに対して接触摩擦はなさそうです。

コーンの運動に対して関係しそうな摩擦は、流体である空気との摩擦があります。私は水泳部でしたのでいかに泳ぎで摩擦(抵抗)を減らすかということで、水泳関係の本をいくらか読んだりしてました。結論から言うと、流速が大きいほど流体抵抗は大きくなります。これは、団扇をゆっくり動かした時は手応えを感じないけど、団扇をすばやく動かした時は手応えを感じるので理解できると思います。動摩擦係数は動きの速さが変わっても変化がないとなっているようです。ですから流体摩擦はクーロン摩擦のモデルの範囲外です。こちらはこちらで対策が必要になるかも知れないけど、例のブログの内容とは違うので別に考察する必要がありますね。

もう一つの摩擦は、エッジやダンパーの変形するときに、その内部で起こる、内部摩擦ですが、ユニットが慣性によって振動し続けようとするのを減衰してくれる働きがありそうですから、これはあってもいいのかなと思ったりしました。

・・・・・・

ということは、・・・・・・・、

接触摩擦がなさそうだから、問題にしなくてもいいんじゃないかという、私なりの結論になりました。

・・・・・・・・・・

詳しい人、コメントなりで教えてくれるとありがたいです。


・・・・・・

最後に、

トラックバックするべきテーマですが、トラックバックは会員専用と表記されてましたし、FC2以外にたくさん会員になってもブログのテーマをたくさん持っているわけではないので、トラックバックをしていません。あしからず。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
950位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始