FC2ブログ
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

近況報告みたいなもの

予め断っておきますが、大きな広告回避のための捨て記事です。

自家用車の4年ローンが8月から始まりました。毎月2万5千円ほど支払わなければいけないのは痛いですが、私の職場ではローンを組めない人もいるみたいなので、金欠に近い状態ですがローンを組めた分ラッキーだったのかもしれません。勤務時間が変化しがちなバイトですから、話を聞くと中には組めなかったという人もいたみたいでしたから。

合わせて今月から、社会保険の対象になったとかで、年金と健康保険の天引きも始まりました。ローンが始まると同時に天引きも決まったのはちょっと痛い気もしますが、ある意味トータルでは支出が減ったとも言えるわけで、良かったことと言えると思います。
※一応事務の人から、保険証をもらえる給料の目安を聞いて、それに近づけるよう勤務時間を増やしたりしましたが、もらえるまで結構時間がかかったなあ。

一応自作スピーカーブログなんですが、この頃は全く活動できていません。

一番の理由は予算不足ですが、ウクレレサークルでのベース用の譜面づくりに追われて時間不足になっている点も大きいです。

もしかして、スピーカーを作れるとしたら、端材を使ってくるれそうな小さな密閉型しかないかなあとも思ったりします。
スポンサーサイト



ああ、転落人生?

・・・・・・・・

ちょっと落ち込んでいたのでしばらくブログをアップしていませんでした。

実は、ワラビ採りの帰りに、ジムニーごと、転落してしまいました。ほぼ1ヶ月前のことです。

・・・・・・・・・

でも、車は転落したけど、私の人生はまだ転落人生ではないはずだ。とりあえず五体満足、どこにも怪我は無し。

保険で、1ヶ月間の代車サービスが有りましたので、事故の次の日から(事故を起こした日はバイトの休みの日)バイトを行っていました。とりあえず稼ぎに行けているわけですから転落人生ではないだろうと思うことにしています。

私の自家用車だったジムニーですが、横揺れが起きるとしばらく揺れているという点が気になっていたんですが、ディーラーではでこぼこ道を走って横揺れを確かめるということまではやってくれません。
ですから車検を通過しても横揺れは気になっていました。

事故を起こした場所は軽自動車が1台通れる程度の舗装されていない山道。砂利を敷いていたり、敷いていなかったりの舗装していない道路です。下ってくるときに、右側は山の斜面。左側は路肩です。微妙に右カーブになっているところです。少しグラリとキたのでブレーキを掛けたんですが、その後、非常にゆっくりと傾いていって横にコロリ。遊園地のアトラクションならこんな回転を体験しても面白かったとなるんですが、自分の車で体験しても何も面白くはない。

落っこちた斜面は笹薮でところどころに小灌木が生えている状態で1回転半くらいしたところで、小灌木に引っかかって止まりました。

非常にゆっくり落ちていったので、エアバックも動作していません。シートベルトをしていたので逆さになっても頭を打ったりということもありませんでした。怪我がなかったのはそういうわけです。不幸中の幸いというやつですね。

もう一つ、植林杉にもぶつかっていませんから、その弁償金も生じていません。これも不幸中の幸いというやつでしょうか。

携帯を持っていってなかったので、車から脱出したあと(身分証になるからともう一回車に入って免許証だけは確保して)、1時間ちょっとかけて徒歩で下山。その後ディラーに連絡して保険の方のレッカーサービスに連絡してもらい、警察にも連絡して、警察とレッカー会社に事故現場で立ち会ってもらいました。警察の立会いがないと保険が降りないみたいで私の入っている保険会社からは警察に連絡するように必ず言われます。

車から脱出したときは前タイヤのブレーキ痕が左側にしかなかったので、前タイヤの右側はおそらく完全に浮いていたようです。そこまでは脱出時に確認してましたが、警察の立会時に後輪側も見てみたら、路肩が一部崩れてタイヤがそこにハマったように丸いくぼみになっていました。

・・・・・・・・・

最初は横揺れのする車でしたから右カーブでのGが横揺れと同期して揺れが大きくなり落ちたのかと思ってましたが、結局は後ろの左タイヤが路肩のくぼみにハマり、それで車が傾いて落ちたということのようです。

・・・・・・・・・・

そんなわけで、今年度も貧乏です。車がないと地方では生活できませんから、わずかばかりの貯金と、保険から何故か出してくれた窓ガラス修理代12万円ちょっとを合わせた30万円を頭金にして4年ローンとなりました。

ブログを書く気力もなくなるわけです。

ですから、ブロクの方もしばらく休止するかもしれません。

秋田県の参院秋田県野党統一候補が決定したみたいです

テレビのニュースで、秋田県の参院選の野党統一候補者が寺田学氏の妻である静氏に決定したことが報道されていました。
※リンクしている新聞記事はすぐリンク切れしちゃいますが、大して中身のない記事なので、代表候補が誰に決まったということがわかれば問題ありません。

個人的には、私はこの決定に不快感を感じています。

なんで寺田夫婦に税金を投入しなければならないんだ!

統一候補を立てるくらいなら、候補を立てることに同意した、立憲民主党、国民民主党、社民党、共産党は、いずれかの党に合流するのが筋です。

ほとんど議員を送り出せない社民党、支持率がほとんど0に近づいている国民民主党、なぜ解党して立憲民主党に合流しない!

最も私は、これらの党には投票したくはありません。ですから、放置していても何も問題はないんですが、筋が通らない感じがするので野合よりも筋を通してもらいたいという面からこんなことを書いてます。

筋を通すといえば、特に共産党にも文句がある。
共産党は早々と秋田県選挙区の候補者を公表していました。今回それを引っ込めたことになります。

いち早く公表した候補者をすぐ引っ込めてしまった共産党、だらしがなさすぎる!

政党助成金を受け取っていない共産党ですが、最近赤旗の売上も減っているらしく、供託金が足りなくなっているんでないかという不確かな情報をネット上で見たことがありますが、もしそれが本当なら、最初から候補者を立てるなと言いたい。
それに、共産党とは組めないとちょっと前立憲民主党の当主枝野氏に言われていた共産党です。統一候補に賛成して、自党の候補者を引っ込めるなんて、これもあまりに筋が通らない。

・・・・・・・・

まだ選挙期間に入っていないと思うので、これってヘイトスピーチではないですよね。

※今回の記事はあくまでも個人の見解です。

サークル課題曲(になるか?)『せんせい~おかあさん』

私の参加しているウクレレサークルで、演歌もいいねという話題になり、提案されたのが森昌子メドレー。

まだどうなるかわかりませんが、メロディ、いわゆるおかずと呼ばれる部分のメロディ、バッキングコードのついた、おそらくギター弾き語り用の譜面から、ウクレレアンサンブル用にしてみました。

森昌子メドレー(せんせい~おかあさん)全パート
全体はこんな感じです。

森昌子メドレー(せんせい~おかあさん)第一ウクレレ
歌のメロディの担当です。第一ウクレレ以外のパートの音量を半分にしています。

森昌子メドレー(せんせい~おかあさん)第二ウクレレ
いわゆるおかずと呼ばれるパートから作ったパートです。実は演歌らしさはここで決まります。おそらく。
4拍子の2泊目にコードストロークを入れてみました。果たして演奏してもらえるでしょうか?

森昌子メドレー(せんせい~おかあさん)第三ウクレレ
コードストローク担当です。

森昌子メドレー(せんせい~おかあさん)ベース
ベースパート。私の担当です。オリジナルのベースは結構難しいことをやってるようですが、私は難しいことはできないので主に4分音符で組み立ててみました。

『空母いぶき』の佐藤浩市氏発言に思うこと

虎ノ門ニュースの百田さんのコメントで知ったのですが、映画『空母いぶき』に出演している佐藤浩市氏のインタビューが物議を醸しているようです。

百田さんをはじめ、いろいろな方がコメントしてますが、私はKAZUYAさんの意見に近いかなと思います。

それにしても、ビックコミックの担当者にしても、映画の監督にしても、なんで一俳優のわがままを許して原作を改変させてしまうんだろう。とくに、ビックコミック、ご丁寧にも、佐藤浩市氏のこの発言を含んだインタビュー記事を載せてしまうなんていうミスをなんで犯すんだろう。別の人のインタビュー記事や対談から載せてもいいはずなのに映画宣伝の第一弾がこのインタビューですから。

原作の漫画ファンからは、もうこの映画は見に行かないとネット上で発言している人が増えているみたいですが、私はちょっと安く見ることができる年令になっていますから、映画館で実際に見て、(原作は単行本は見ていなくて、雑誌でところどころしか読んでいないので)、映画そのものがどうなのか実際に見て判断するかもしれません。でもこのようなネット上のコメントを見てしまったので、影響されて駄作だと判断する可能性が高いと思いますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても、ビックコミック原作の映画化は、釣りバカ日誌は結構楽しめる映画になっていると思いますが、築地魚河岸三代目なんかでも微妙な改変を行ったりして微妙な映画にしてしまった前例もあるので、個人的にはビックコミックの姿勢が問題なのかもしれないと感じたりしてます。

・・・・・・・・・・・

スポンサーの意向というものも大きいだろうし、スポンサーが反日なのかなとも感じたりする。根拠はありません。この記事全体は妄想ネタです。念の為にもう一度強調しておきますが、あくまでも個人の妄想ネタです。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
666位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始