もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

ツキノワグマの猟が解禁されたみたいです。個人的には朗報!

ここ何年か、秋田県ではクマに人が襲われる被害があったのですが、9年間も禁猟だったとは驚きです。

秋田県では、熊猟は来年の2月15日までと決められたようです。

・・・・・・

確か、秋田市駅前にはジビエ料理の店ができたと地元新聞に載ったことが有ったんだけど、どこから熊肉を仕入れていたんだろ? 謎だ。
※秋田の佐竹知事が、熊肉はみそで煮込むとうまいとのたまっていたことが記事になったことがありましたから、少なくとも佐竹知事はその店で熊肉を食べていたはずです。

ネット検索をかけてみたら、岡山県では17年ぶりに熊猟解禁、兵庫県では20年ぶりに熊猟解禁となったようです。ということは、もしかしてツキノワグマは全国的に禁猟だったのかもしれない。

・・・・・・

ツキノワグマが禁猟だったのは、ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されたため、保護の対象になったからのようです。

秋田県のクマ牧場でヒグマがクマ牧場の職員を襲う事件がありましたが、秋田県ではその殺人熊も別のクマ牧場に運んで保護しました。これは、北海道という、日本の中のごく一部のみに生息しているヒグマですから、ツキノワグマよりも絶滅の危機にあると考える人がいて、秋田県に保護活動を働きかけた結果でしょう。でも個人的には、殺人熊ですから、殺処分が良かったと今でも思います。それを税金を注ぎ込んで箱物とエサ代を出したわけですから、秋田県の役人とか政治家とかは私からは馬鹿に見えます。飼われている熊は絶滅危機と分けて考えるべきだと思います。

・・・・・・

中学校の理科では食物連鎖とか食物ピラミッドというものを学習します。そして、生態系のトップに君臨する、他の生物に食べられることのない生物は個体数が少ないことを学習します。絶滅危惧種は結構その、生態系のトップの生物が当てはまります。一番豊富な植物を生態系のトップは通常捕食することはできません。大抵は草食動物を食べる中型肉食獣が餌ですから、餌もそれほど多いわけではありません。もともと個体数が少ない上に餌もそれほど多いわけではないから、どうしても絶滅の危機が増えてしまうのです。日本におけるクマタカがまさに典型です。

・・・・・・

では、ツキノワグマはどうかというと、・・・・・・、

春冬眠から目覚めると、フキノトウを下剤がわりに食べることから始まり、結構植物質の餌も食べます。秋になると、畑に現れて、トウモロコシとか栗とかリンゴとか、結構農作物が被害にあったりします。つまり、・・・・・・、日本の熊は、雑食なんです。クマタカと違って、餌は結構豊富に存在しているように感じます。

・・・・・・

スポーツフィッシングをする人には人気が多分あるブラックバスは、雑食性で、水草も他の魚の卵も食べてしまうために嫌われています。では、ツキノワグマはどうか。同じ雑食性の動物です。しかも人間にも襲ってくる熊が出ている現状です。これって、ブラックバスよりも嫌われる要素が多い気がします。それでも自然保護団体は、ワシントン条約などを引っ張り出して保護保護と言うんでしょうね。自然保護団体って善意で動いているから、結構たちが悪い。

でもようやく秋田県も重い腰を上げたみたいです。個人的には朗報だと思います。後は猟友会の高齢化がちょっと心配だ。
スポンサーサイト

火曜日の虎ノ門ニュースを見ていたら・・・・

百田尚樹氏が沖縄タイムス記者に襲撃されている様子が紹介されていました。

とりあえずまとめサイトを。

それを見て、感じたことなんですが、・・・・・・・・。

沖縄タイムス記者は、中国・韓国に対するヘイトスピーチと感じた、ということを追求しています。

対して、百田氏側は、順々と、講演の話の流れを説明し、事実を述べただけでヘイトスピーチはしていない、ということを言っています。そして、どこまでも話はかみ合わず平行線のまま、・・・・・、おそらく記者の方が粘着質タイプだったのか、延々とヘイトだったんではないかと追求してます。講演をお願いした我那覇真子さんがその様子をビデオ撮影していたので、沖縄タイムス記者の傲慢さというか異常さというかがネット上で公開されたわけですが、・・・・・・。

私はもしかしたら、ヘイト問題と同様の問題が、他にもありそうな感じがしました。

直接的にはいじめ問題です。

いじめは、文科省が、いじめられている子供が、自分はいじめられていると感じたらいじめだと定義しました。殴ったからとか、罵ったからとかという事実は実は問題ではなくて、それらやそれ以外のことで、いじめられたと子供が感じたら、いじめとなるのです。事実よりも、感情が問題になっているのです。
沖縄タイムスの記者の論理はそれとかなり似ているように感じました。もっとも、ヘイトだと感じていたのは記者で、私が百田氏は中国や韓国にヘイトスピーチをしたと感じたから、あなた、ヘイト発言したんでしょうと詰め寄っているのです。やはり、事実よりも感情が上位になっているのです。

もう一つは、セクハラです。これも、セクハラされた側がセクハラだと感じたらセクハラになってしまいます。これも、事実よりも感情が上位になっているのです。

まあ、いじめやセクハラは多少は感情も考慮して上げる必要はありそうですが、新聞記者は感情ではなく事実を大事にしてもらいたいものだ。そのためにも、ペンで世の中を変えるんだという野望は捨ててもらうことと(そういうのは小説家だったら許してもいいかな。)、イデオロギーはもっていてもいいけど、記事を書くときにはそれにとらわれないで書いてもらいたいものだ。

日産等の検査、どこが・・・・

問題なんだろう?

どこかの鉄鋼は、データ改ざんですから、これは誰が見ても大問題です。

でも、日産等の検査で問題となったのは、資格を持っていない検査員が検査したから駄目だと言われているんですが、・・・・・。

・・・・・・

私は、無資格者でも正しい方法で検査すれば正しい結果が出るはずだと考えているので、検査員の資格のあるなしはまるで問題ないように感じています。たとえ資格のある検査員であっても、ズルをする人はするだろうし、無資格者であっても、正しい検査器具を、正しい方法で使って検査したならば、正しい検査結果になると思うからです。ですから、無資格者でも対応できる検査マニュアルがあれば、問題なく検査できそうに思えます。

どなたか、詳しい人、検査員に資格が必要な訳を教えてくれないかな。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?

昨日は秋田県ではほとんど1日中雨でした。夜中も降り続いていました。そのせいで川が増水してしまい、大曲の花火会場の河川敷もまだ水が引いていないようで、花火を行うかどうかは明日26日早朝6時に決定するそうです。(夕方6時の情報です。)
※8月26日追記 大曲花火大会ホームページより転載
本日の第91回全国花火競技大会は、予定どおり開催いたします。昨日までの雨により足下が大変悪くなっております。長靴など十分な対策をしてお越し下さいますようお願い致します。(平成29年8月26日)
まずは良かった。開催にこぎつけた関係者、かなり苦労したんだろうな。

私の地元には、下内川という、米代川につながる2級河川があります。今日(25日)の朝9時頃、撮影してみました。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?
川の橋の上から、下流側を撮影しました。川の土手はコンクリなんですが、草や木がはびこってしまい、ほとんどわかりません。
10年位前には草や木がもう少し少なくて、砂利ももっと広く見えていたんですが、・・・・・。草や木のせいで、増水しても川幅が狭いままに見えます。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?
下流側の左側のコンクリの土手近くを撮影したんですが、写真ではやっぱり土手がわかりにくいくらい、草や木が茂っています。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?
橋から上流側を撮影したものです。昔は砂防ダムと読んでいたそうですが、現在は砂防堰堤と呼ぶようです。

・・・・・・・・・・・・

ここからはちょっと暴論。ですから、カテゴリは『妄想または勝手な言い分』にさせてもらいます。

最近は、海岸の砂が海の波に運ばれてしまい、砂浜が減少しているという話を聞きます。原因は砂防堰堤でしょう。砂防堰堤は土砂は(満杯になるまで)流さないけど、水は流すという装置です。当然海に運ばれる砂は減少します。

海岸では、砂浜の流出を防ぐために波消しブロックを入れなければならなくなります。でも、波で運ばれる分と川から運ばれる分が釣り合っていれば、波消しブロックのような無粋なものは本来必要ないということになります。

まあ、波消しブロックは、本来砂浜の保護のために使うものではないので、私は無粋だと思いますが、必要があれば使わざるを得ないのですが。

話を砂防堰堤に戻します。

砂防堰堤は一度水をためます。流れる水は腐りにくいのですが、たまり水はすぐ水質が悪化します。ですから、砂防堰堤のある河川の水質は、なかったときに水質に比べると確実に悪化しているはずです。

砂防堰堤では、一度ためてから水を流していきますから、川の流れは緩やかになります。ですから、川の底が削られることはほとんど無くなります。しかしそのおかげで、雪解けの時期、梅雨の時期、台風の時期などに流速が増えて川底を削ったり、新たな石を運んできたりという事が無くなりました。その結果が、土手の中の草や木の繁茂です。これってかえって川幅を狭くして、大雨のときに川が溢れやすい状態を作っているのではないのだろうか?

併せて、川の中の草薮の中には、ツツガムシがいることが多いそうで、川遊びに向かない川になっているような気がします。

・・・・・・・・

1級河川は国土交通省の管轄なので、けっこう川底の土砂を取り除いたりしてますが、2級河川はどこが管轄しているんでしょう。もしかして市町村かな? 予算が殆ど無いから、砂防堰堤だらけにして、後はほったらかしになっているのかな?

・・・・・・・・

ちなみに、私はなんとなく、砂防堰堤は、川幅の減少をまねいて大雨のときにかえって氾濫する原因になっている気がするのですが、皆さんはどう思いますか?

大館市の大文字焼きが犬文字焼きになりました

8月16日は、大館市では大文字祭りなるものが行われます。

市役所のホームページの説明

今年は大文字焼きが犬文字焼きとなりました。秋田犬観光の予算がついたことで、また、このようなことを行うことにしたんでしょう。

でもなんだかピントがズレている気がするのは私だけでしょうか?

ちなみに、『また』と書いたのには理由があります。実は8年前にも大文字焼きは犬文字焼きとなっているからです。
この時は、リチャード・ギア主演のハチ公の映画が公開された時期で、それに合わせて犬文字焼きにしたんですが、点をパネルで作り、それに投光機で光を当て反射させて点にするという方法だったんですが、夜8時8分(8秒までこだわったかはもう記憶が定かではない)に、8分間だけ犬文字にしたと記憶してます。ただ、光量不足だったためか、花火の煙が流れて邪魔をしたのか、そこのところは又記憶が定かではないんですが、とにかく実際に犬文字となったのを確認した市民はほとんどなく、作業した人からの不満も高く、次の年には通常の大文字焼きに戻ったんですが、今年は又やったんですね。

ちなみに今年はこんな犬文字です。点がハート模様になっています。

・・・・・・・・

それにしても、本場の京都では大文字を犬文字にして大騒ぎになった事件があったそうなのに大館市ではまったく問題にならないのが不思議です。

まあ、京都はゲリラ的に行ったことですが、大館市は市民からの要望があってそれにしたがって行政が動いて行った結果なので問題にならなかったは当たり前かもしれませんが、・・・・・・・・。

なんというか、ここまでやるなら、もっと徹底的にやるべきと考えます。

こんな動画まで作っているんだから、もう怖いものは無いはず。だから、(期間限定でもいいから)、大館市を犬館市にするべきだったと考えます。

もともと大文字焼きは、大館市では宗教的意味はありません。もともとは市長の発案で始まったものですし、宗教行事でない理由として、大文字焼きに合わせてお経を上げたりしているお寺がないことが挙げられます。もしあるなら、市役所のホームページに書かれているはずです。大館市だから大文字焼きという意味しか考えられません。ならば、大文字焼きを犬文字焼きにするなら、その期間中だけでも犬館市に市の名前を変えるべきではないでしょうか。

・・・・・・・・

ちなみにこのカテゴリは、『妄想または勝手な言い分』ですから、その考えはおかしいというコメントは控えてくださいませ。

追記:同様のことを考えている人いたんですね。リンク先のポスターはブログ製作者が勝手に制作したものなので、大館市が犬館市になったことはまだありませんが、どうせだったらここまでやるべきだったと思います。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
689位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始