もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

こんなウクレレ奏者がいたんだ。

ネットサーフィンしてたら、見つけてしまいました。とはいっても、この人のデビューは日本デビューが2005年のようですから、知っている人は何を今更という感じなんでしょうけど。

タイマネ・ガードナーというウクレレ奏者です。


演奏を診てもらうとわかると思いますが、使用しているウクレレがちょっと変わっている。8弦ウクレレから3本弦を外して、ローGの弦のみ2本使っています。

インタビュー記事はこちら

ウクレレは低音が出ない楽器だけど、やっぱり低音を求めてしまうんだな。

おまけの動画。
スポンサーサイト

上々颱風 30周年特別企画 12月24日発売

ソニーミュージックショップのオーダーメイドファクトリーで上々颱風の30周年特別企画の販売日が決まったようです。

上々颱風 30周年特別企画 12月24日発売
12月24日発売決定。



おまけの動画。

今こそ、こんな軽妙な音楽なんかが必要だと個人的には感じます。

タル・ウィルケンフェルド東京ライブ 11月30日

タル・ウィルケンフェルドのライブがちょうど11/30にありましたので、スピーカーコンテストの後1泊増やしています。

夜のライブだったので、昼からウクレレのメンテナンスを池袋のウクレレマニアというお店にお願いしてきました。ついでに、ザッフーン(ポケットサックスのほうが通りがいいかな)を購入しました。サックスのリードをつけた、リコーダーみたいなおもちゃです。

ウクレレマニアの店長がザッフーンを演奏している動画がユーチューブにありますので貼っておきます。


ライブのあった東京ビルボードライブは東京ミッドタウンの4階にあります。
タル・ウィルケンフェルド東京ライブ 11月29日
中庭がクリスマス仕様のイルミネーションになっていました。ここに面した珈琲店(スタバだったかな。別の名前だった気がするが雰囲気はスタバっぽい感じ。)で3時間位読書して粘る。粘りながら、寄せを覗いてから来ても良かったかなと考えたりする。

タル・ウィルケンフェルド東京ライブ 11月29日
4階受付に行くとタル・ウィルケンフェルドの写真が飾っています。ここでいとこと待ち合わせ。実は10年以上会っていないので、携帯で話してようやく確認。お互いにすぐわかると思ってたんですが。

帰ってきてから、このライブの告知動画を見つけたのでとりあえず貼っておきましょう。

最後のほうでタルの演奏がちょっとだけ出てきますが、今回のタルは歌っているんです。私は前作トランスフォーメーションのようなフュージョンかと思っていたんですが、おもいっきり予想と外れていました。

タル・ウィルケンフェルド東京ライブ 11月29日
2回公演ノ2回めを見てきました。ステージバックが窓ガラスになっていてクリスマスイルミネーションを行っている中庭が見えます。ライブの時はカーテンが引かれます。ライブ中の撮影は禁止されているのでライブ前に撮影です。

ドラムが意外と元気です。スティックの持ち方がロックドラマーの持ち方です。バシバシ元気に叩いてます。タルの歌ですが、まだなれないので違和感がありますが、タルのファンならば受け入れましょう。一応タル・ウィルケンフェルドはジャズ畑の人かなと思いますが、歌はカントリーというかフォークというか、決してジャズ・ボーカルではありません。
一応歌っている動画があったので、これも貼っておきましょう。

ライブでも歌っていた気がするんですが、終わってから会場の受付の人に書いてもらったセットリストにはこの曲名が無いですね。
タル・ウィルケンフェルド東京ライブ 11月29日
書いてもらったメンバーです。告知のホームページに記載されていたメンバーと同じでした。
タル・ウィルケンフェルド(B、G、Vo)のほかに、フィル・クローネンゴールド(Key)、オーウェン・ベリー(G、B)、タミール・バージレー(Dr)です。キーボードの人も曲によってはギター(スライド奏法)担当になっていました。
セットリストです。
タル・ウィルケンフェルド東京ライブ 11月29日
1.KILLING ME
2.LOVE REMAINS
3.UNDER THE SUN
4.COUN TERFIT
5.LAST GOODBYE
6.HAUNTED LOVE
7.CORNER PAINTER
8.HOW SOON IS NOW.OCT DIV
9.NEWBORN
10.ALL I WANT/HARD TO BE ALONE
11.BNE T41 NG AFTER AROTHER←字が小さくなったので読めないところが多く、正しいかどうかは全く自信がありません。

上々颱風 30週年特別企画は実現できるのか(11/07実現確認)

ソニー・ミュージックのオーダーメイドファクトリーという場所で、上々颱風~30週年特別企画~ で予約を受け付けています。
上々颱風 30週年特別企画は実現できるのか
CDは、デビュー作から7作目までとベスト盤(一部8枚目から。詳細はわからないけれど、シングルCDのみの音源も含んでいるらしいのでゴールデン☆ベストのような気もします。)のようです。ブルースペックCD2という新しい企画規格でCD化されるみたいですね。

初DVD化は、『べガラシャガラライブあれこれ』で、ビデオやレーザーディスクで販売されていたものですが、今回初DVD化となったものです。

私はここ2年位でファンになったものですから、アマゾン経由で大体揃えてしまいました。べガラシャガラライブの方も、レーザーディスクを入手し、DVD化サービスを使ってDVDにしています。
ブルースペック2CDとなるので、音はいいんだろうけど、普通のCDでも私は特段不自由は感じてないんだけど、どうしようか?

上々颱風 30週年特別企画は実現できるのか
そろそろ締め切りが近いんですが、まだ89%です。

しかし、・・・・。
この予約が達成されたら30週年記念ライブを行い、そのライブ映像がDVD化されるのなら、私は予約します。だって、上々颱風は、ライブでこそ真価を発揮するバンドですから。

※2015/11/07追記
上々颱風 30週年特別企画は実現できるのか
なななんと! 販売決定しました。2万円もするのに、希望者がこんなに出るなんて。
・・・・・。
再結成してライブしてくれないかなー。ボーカル2人は今個人で活動しているようですが、音色(おんしょく)の違う2人の声が合わさったほうがそれぞれのソロよりいいですね。再結成してライブしてくれないかなー。






おまけ動画は、今のところ唯一のライブDVDの映像。


ジョニ・ミッチェルが病院に搬送

私は、ジャコ・パストリアスのファンなんですが、ジャコのベスト演奏は、実はジョニ・ミッチェルのバックを務めた演奏かもしれないと思ったりしてます。

今日は実はエイプリル・フールなんですが、日付もそろそろ変わろうとする夜9時過ぎにネットでこのニュースを発見しました。エイプリル・フール発祥の地では、エイプリル・フールのネタは午前中という決まりがあるらしいので、このニュースはエイプリル・フールではなさそうです。

ジョニ・ミッチェルが病院に搬送、カナダ出身の伝説的ロック歌手





ジョニ・ミッチェルがジャズメンと交流していたのは3年ほどらしいですが、私が関心あるのはその期間のみです。ですからあまりジョニ・ミッチェルに詳しいわけではないんですが、ジョニの演奏の特徴としては、ギターの変則チューニングがあげられると思います。独特のチューニングによる独特のギターの響きが、演奏技術の高いジャズメンとがっちり噛み合った奇跡の時代なのかなと思ったりします。

---ジョニ関係アフェリエイト特集---

ジャズメンとのコラボ第1作だったと思う。


ジャコとのコラボ1作目。


ジャコとのコラボ2作目。


ジャコとのコラボ3作目。偉大なジャズメン、チャーリー・ミンガスの追悼盤でもあるらしい。


とにかくメンバーにびっくりのライブDVD。
---ジョニ関係アフェリエイトここまで---
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
878位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始