もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Korvaさんの多重共鳴管の真似です。

Korvaさんの多重共鳴管はこちらです。

共鳴管が2つ並んだ形で、それぞれの共鳴管の、3倍音を潰す位置にユニットが配置されています。

今年は家庭の事情でちょっと工作を控えてますから、作れないんだけど、一応図面にしてみました。

とりあえず、FE83EN用です。

FE83ENはF0が165Hz、周波数特性図からは、200Hz以下から下がっていく低域です。

ということで、100Hzくらいのところで1回持ち上げたいものだ。ということで、短管の長さは80cmとしてみました。開口端補正を無視すれば、共鳴管の公式で強調周波数は、約106Hzです。
自動的に、長管の3倍音を潰す位置までの長さが決まってしまいますから、図面はこうなりました。ちなみに板厚はt12です。
Korvaさんの多重共鳴管の真似です。
嫌いなデッドスペースができてしまいましたが仕方ありません。
ちなみに長管の長さはおおよそ120cmとなりました。強調周波数は、約71Hzとなります。

けっこう強調周波数の分散は良さげに思えるのですが、FF85WK(FE83ENよりF0が低い)の方で、もう少し大型に作れば、50Hzまで狙えるかな?

今回は簡単に図面にするために、共鳴管の太さは変えていませんが、太さを変えても、図面だけは同様の考えで作れるのではないかと思います。

音は、どうなんだろう?
スポンサーサイト

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計_3

今回は、電動丸ノコを使って斜め切りし、制作できないか、頭のなかで構想を進めてみました。

結構有名なようですが、電動丸ノコの直線切りジグにこのようなものがあります。
私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計_3
画像は、丸鋸定規を自作しよう!という記事から拝借しました。詳しい作り方もその記事の中にあります。

大抵の丸ノコは、実は角度切りができます。
私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計_3
これは、アマゾンの丸ノコを紹介しているところから拝借しました。丸ノコによって、何度までの角度切りが出来るのか変わってくると思いますが、垂直からあまりズレない角度なら簡単に、少なくとも垂直から45°くらいまでは確実にできるはずです。

※ちなみに、私がリンクさせてもらっているkenbeさんの斜めカットは丸鋸を使って行っているそうです。丸ノコの角度ぎめについては、そのうちkenbeさんのブログで紹介してくれるに違いない。CADを使える人なら、実寸または拡大で打ち出して定規を作ればいいと思います。

直線切りジグで、丸ノコの角度を変えてセッテングすれば、理屈の上では斜め切りのジグが作れることになります。

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計
以前、五角形を作るために、何°でカットすればいいか検討するために作った図です。

この図から、最も普通に考えると、板を横から見て、2つの角度を126°にすれば、五角形を作ることができます。

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計_3
126°にカットするためには、丸ノコの角度を36°傾けなければなりません。

ただ、注意しなければならないのは、カットする位置は赤い矢印で示したところに合わせなければならないということです。真上から見ると、肝心な合わせる位置が隠れてしまいます。ついでにいうと、横から光を当てないと、影の下になって基準線が見えにくい場合もあると思います。

ですから、このジグで斜め切りをするためには、できるだけ垂直に近い角度で行ったほうがいい。

ということで、角材も使用する場合での斜めカットだったら可能性があるのではないかと考えます。

その場合は81°にすればいい。

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計_3
このように、9°だけ、丸ノコの刃を傾けると、81°の角度でカットできます。

このくらいの角度なら、位置合わせも可能でしょう。




電動丸ノコは、アルミベースのほうが、歪みにくいため、後々いいらしいです。

電動丸ノコの事故も多いそうなので、正しい使い方で使用しましょう。
参考になるかわかりませんが、丸ノコ関係を纏めた記事もリンクしておきます。

丸ノコの選び方

私はまだまだ、頭の中だけで検討している段階なので、真似する人はくれぐれも正しい使用法で安全に使用してください。

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計_2

5角形エンクロージャーを作るためには斜めカットが必要になります。

そのために私が購入したのものが、ソーガイド。

直角と45°カットができるソーガイドと、垂直を基準に±45°までの任意の角度のカットが出来るソーガイドFがあります。

使い方はこの動画を見るとわかりやすいと思います。



ノコギリの厚み1mmも考えに入れてカットする必要がありますが、その前に板に墨付けをするのが私は下手なので、その腕も必要ですね。

あと、ネジ穴に少し余裕があり、ちょっとだけ動きます。その動きのために1°ずれることもあるので、組み立てるときにもズレがないか確認しながら組み立てる必要があります。

利点は、電動工具ではないので、あまり騒音を出さないこと。

欠点は、作業に時間がかかること。特に斜めカットは、(私の場合は、)ノコギリに力を入れにくい感じになって、けっこう疲れます。





もしかしたら、トリマーで削って仕上げることも可能かもしれません。ただし、私の持っているリョービのトリマーでは不可能なことがわかりました。ボッシュ製トリマーなら、アクセサリを購入することで可能かもしれません。



使用したことのある人いたら、情報欲しいな。

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計

スピーカー再生技術研究会を主催しているsuzukiさんの記事を見ていたら、自分でも5角形のエンクロージャーに挑戦したくなりました。

ただ、しばらくは工作はできないので、頭の中でだけ、妄想している段階から進めないと思うので、カテゴリは『妄想スピーカー』です。

まずは、斜めカットするとしたら、何°でカットしたらいいか、CADを使って作図してみました。

私的5角形エンクロージャーの(妄想)設計
正五角形の一つの角は、108°になります。

横から見て、板の断面が台形になるように斜めカットして接着して五角形を作るわけですが、一番組み立てやすい板は、2つの角を126°にしたものです。

しかし、斜めカットでも、垂直に近いカットのほうが、(何の道具を使ってカットしたとしても)切断が楽になります。ですから、2つの角が108°にカットして、組み立てる方法をおそらく採用すると思います。


斜めカットは、ソーガイドフリーというノコギリのガイドを使って行います。

ただ、ソーガイドというのは、長い直線カットが苦手です。(できないことはないが。)ですから、大きな板の端を斜めカットするのではなく、10cmくらいの幅の板をカットして、積み重ねる形になると思います。

問題は私の腕では1mmの誤差はどうしても出てしまうので、隙間をシールすることも必要になりそうですけど。

suzukiさんは最近はピラー工法で制作しています。斜めカットしていない板でピラー工法を行うとすると、ピラーを72°に加工しなければなりません。でも、ソーガイドではその加工は無理です。板の両端を81°に加工すれば、90°角の柱を接着することが出来るので、ピラー工法が可能になると思います。

・・・・・・・

丸鋸でも斜めカットが出来るそうなので、そちらでも少し考えてみたいと思います。

妄想スピーカー 多重共鳴管?

現在、親父につきあって、ワラビ採りを行っています。おそらく明日も行くと思います。今年はなんとなくあまり量を採れていないので、今月いっぱいくらいは週2回くらいワラビ探しです。

量が採れなくなったのは、景気が良くなったとは秋田県ではまったく思えないため、食費を節約しようと山に入る人が増えていることも関係あると思うし、そろそろネマガリタケの時期なんですが、ネマガリタケはクマの大好物のため、人間しか食べないワラビ採りの方に山菜採りの人が流れている可能性もあるかもしれません。塩干しワラビ、最近は物産館でも売られていて、ゼンマイの半値くらいで売られています。

そんなこんなで、おそらく今月中はワラビ採りは続くと思います。



ということで、最近の私のブログは、八切止夫紹介ブログと化している可能性があるので、そろそろスピーカー製作をと思うんですが、なかなか時間が生み出せません。火曜日午後には、ウクレレ同好会もありますし。

こんな時は、例のアレですね。頭の中だけで制作する妄想スピーカー。

昨年度のStereo誌付録ユニットM800が、失敗作開管共鳴管から外したので余ってます。ですからそれを利用した共鳴管を考えてみました。

共鳴管は、Fdは共鳴管の長さだけで決まります。そして、Fdを低くしすぎると、周波数特性で低域にくぼみが出来てしまいます。ですから、シングルバスレフのように、ユニットの周波数特性図を見て、くぼみが出来なさそうなFdを狙うことになります。

カノン5Dさんの趣味の小部屋のこの記事が参考になるかもしれません。

しかし、ピンポイントで1つだけのFdを強調するのは、低域の拡大ではちょっとマイナスな気がします。

ですから、長岡スピーカーのカテドラルのように、長さの違う共鳴管を組み合わせて共鳴管の癖を分散し目立たなくさせることと、幾つかのFdをあわせて、ある程度の帯域で低音を持ち上げようという作戦です。

妄想スピーカー 多重共鳴管?

ユニットを付けるところは省略してますが、100mm×100mmの開口部分にユニットを付けたバッフルを貼り付けます。スピーカー端子は背面の適当なところにつけます。ちなみに実験機なので、私の地元のDIY店で買えるおそらく一番安い板、パーチクルボード(11mm厚)で設計しています。

一応細くなっているところが多重共鳴管として働いてくれることを期待していますが、この状態ではおそらく、細い共鳴管は開管共鳴管の動作をする可能性が高いので、大沢さんの多重共鳴管のように空気室をはっきり分けて、ダクトを通して共鳴管に音を出す必要があるかもしれません。

一応、細い共鳴管が閉管共鳴管の動作をしてくれたら、約105cm、約113cm、約120cm、約128cmですから、Fdはそれぞれ約81Hz、約75Hz、約71Hz、約約67Hzとなります。

まあ、今の段階では妄想段階なので、狙ったとおりには行かない可能性が高いんですが。



おまけの動画。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
784位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始