もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

スピーカー再生技術研究会 私的雑感

スピーカー再生技術研究会 私的雑感
kenbeさん効果で昨日は訪問者134人、そのおかげで、趣味・実用ジャンルのその他で、今まで最高順位だと思われる296位。一応記念に残しておこう。

Stereo誌スピーカーコンテストの次の日は、スピーカー再生技術研究会オフ会でした。詳細は、kenbeさんのブログ鈴木会長のブログケイさんのブログ、等結構紹介されています。カノン5Dさんも来ていましたので、いずれ、趣味の小部屋でも紹介されるのかなと思います。ですから、私はごく私的な感想を書かせてもらいます。

鈴木会長は工学を勉強してきた人のようです。その経験が多自由度バスレフ型スピーカーにつながっていると思います。そして、オーディオ業界にはびこっているオカルト(スピーカーコードに細工をすると音が良くなる、とか)を嫌っている人です。
最近は値段の高いユニットではなく、値段の安いユニットを工夫して使って効果的なスピーカーにしようとしているように感じます。

ですから、この人の、このユニットの工夫も、値段の低いユニットに対する工夫なのかな?
スピーカー再生技術研究会 私的雑感
振動対策でしょうか。モルタルみたいなもので覆っています。ユニットは秋月電子のスピーカーのようです。

ただなんとなく、樹脂製ユニット(現在制作が止まってますがA7風のスピーカーに使用しているアルテック製のミニユニットは樹脂製)を使うとかでは駄目なのかなとか、アールefuさんのユニットの空力対策でも似たような効果が期待できる上に凸凹したモルタルよりなめらかなパテの方が個人的には良さそうに思える。
でも私はこのタイプは実験してないので、戯言としてスルーしてほしい。

この人は、エンクロージャーにも制振を施しているのですが、私は木の響きが好きだな。
スピーカーは、技術的な面から考えていくと、このような制振ということは突き詰めてもいいのだろうが、そうすると密閉箱が正解となってしまう。そうすると箱の工夫の余地がなくなってしまう。

そう、スピーカーには、好みの問題が切り離せず、これがマニア同志の喧嘩の元にもなっている。高級会席料理が好きな人もいるし、B級グルメが好きな人もいる。
私は箱については、何らかの工夫で低音が強調でき、さらに木の響きがある箱が好みです。以前kenbeさんに喝破されたことがありましたが、低音がこのくらい狙えるからこれをやるというよりは、とりあえず工作が好きというレベルに私は近いので、木で箱を作りたい。いい悪い別にして、私の好みです。技術的な問題を追求しているわけではなく好みの問題ですので、スルーしてほしい。

スピーカー再生技術研究会 私的雑感
この小ささでこの音はすごいと思いました。方式はダブルバスレフで、ダクトはファンネルダクトです。そう、こういう箱の工夫が私の好みです。低音もきちんと調整されているので、違和感は感じません。この低音に、ファンネルダクトが貢献しているんだろうなと感じました。ファンネルダクト、そのうち研究してみようかな。

スピーカー再生技術研究会 私的雑感
鈴木会長の音場型スピーカーです。
今回の会場は斜めの壁がまったくなく、階段のところも90度の角度できっちり切り取られている部屋でした。勿論天井にも斜め板は設置されていません。そのため定在波が強く出る会場でした。適度に高域を散らばしてくれる、ホール的な会場だったらもう少し真価が発揮できたのかなと感じました。それと、制作上のことで仕方がないんですが、前作の細い共鳴管の方がもしかしたら音場型の真価が発揮できるのではないかとも(前作を聞いていない私は)妄想してしまう。ユニットの高さの違いも大きいですから、その違いも出てくるはずだし。

スピーカー再生技術研究会 私的雑感
個人的に注目していたスピーカーがこれです。ユニットは昨年度のStereo誌の付録ユニットP1000。根暗なユニットと思っていたのに時々ハッとする高音が出てびっくりしたという人もいましたが私もそうです。おそらく高音は箱鳴りの音から発しているのかな? やっぱり制振し過ぎはつまらない感じがしてきた。繰り返しますが、私の個人的な好みです。
箱の方式はトリプルバスレフだそうです。多自由度バスレフ型の特別な形がトリプルバスレフとなるでしょうから、シミュレートするとダクトの決定が短時間でできないかなとか思ってしまいました。



懇親会では、多重共鳴管の大沢さんやカノン5Dさんと親交を深めさせてもらいました。今後共何処か出会ったらよろしくお願いします。
ただなぜか、私の田舎のこととか、大沢さんの最近のブログで刺し身を作ったこととか、大山さんの話題とか、せっかく共鳴管を作ったことのある3人が揃ったのに共鳴管の話題が盛り上がらなかったのは何故だろう。それぞれ共鳴管に特徴があって情報をそれぞれが共有していないからかな。まあ、私自身まだ実験しなければならないことが多すぎてしっかり説明できない点が大きすぎるためでしょうね。

12/29 追記
懇親会では、うわさ話ばっかりしていてひんしゅくを買ってしまったようですね。すみませんでした。やっぱり、まだ研究不足で自分の開管共鳴管の説明ができないからでしょうね。すみません。
スポンサーサイト

Stereo誌コンテストでのあれこれ

いやー、kenbe氏効果はものすごいですね。
Stereo誌コンテストでのあれこれ
最近1日あたり20人前後程度しか閲覧者が来ないんですが、昨日は60人超え、今日は夜7:20くらいで100人超え。そう言えばkenbeさんとこは1日あたり何百人という単位だったな。そこで宣伝してもらえれば、100人超えはすぐか。やっぱりすごいな、kenbeさんは。

時系列が逆になってますが、kenbe氏邸に行く前に行われたStereo誌コンテストについて書こうと思います。
とはいっても、もう他の人達が中身を結構紹介してますし、詳細はStereo誌でも紹介されるでしょうから、私はごく私的な内容を書こうと思います。

今回は遅刻した前回と違い、ちょっとばかり早く行き過ぎました。
Stereo誌コンテストでのあれこれ
速すぎて、まだ看板も建物の中で入口の外に出されていません。鍵はかかってなかったので勝手に入って撮影しました。

入口近くのソファで休んでいたら、後からやってきた人達から話しかけられちょっとばかり話をしてきましたが、その中の人は賞を取りました。
私は撮影しなかったので、たてちゅうさんのページから、1枚画像を借りましょう。この人です。
Stereo誌コンテストでのあれこれ
神村さんのようですね。曲面型ダブルバスレフスピーカーです。

あとで聞いたんですが、曲面は3mm厚合板を1枚ずつ曲げながら貼り付けていったようなことを言っていたような気がする。曲面部分は9mm厚くらいだったかな。うーん。そうすると箱を作ってからユニット開口部分を開けたのかな? もっと詳しく聞けばよかった。

今回は、スピーカーコンテストを行うのにはスポンサーが必要になるんだなということが、開催者の挨拶等ににじみ出ていて、今年も来年度スピーカーコンテストできるのかなと思わされてしまいました。まあ、これは、ちょっと悲観主義者の面もある私個人の考えにすぎず、昨年度も来年はあるのかなと思ったんですが1ヶ月くらいズレたんだけど行われました。私が心配しているだけで来年も行われるんじゃないかとも思います。



終わってから、懇親会です。
懇親会の写真は、アールefuさんのページにあります。
河野技研さんの隣が私で、kenbe氏とたてちゅうさんも映っていますね。いやーすごい人達ばかりだ。

この懇親会中になぜかkenbe氏邸訪問が決定しました。
確か、鈴木さんだったと思いますが、明日のSP再生技術研オフ会の後すぐ帰るのかと質問がありました。昨年は、次の日東京観光(と言ってもはとバス)とコンサート(タル・ウィルケンフェルド。しかしあのように方向転換するとは思わなかった。)を見に行きましたから、そのような質問があったんでしょう。

それに対する私の答えは、
『今回は消えゆく昭和を体験しに。』

当然みんなはなんだろうと思いますよね。それで、実はS◯リップ観戦(18禁です。たぶんオリンピックで今後減らされると思うしそれがなくても減りつつある。)を言った所、鈴木さんだったと思うけど、それよりはkenbe氏邸に行って部屋やスピーカーを見てきたほうがいいと言ってくれて、kenbe氏も別に来るなら来てもいいと言ってくれたので、急遽予定変更して訪問することになったわけです。

スピーカー仲間(勝手に仲間にしてしまいました。m(_ _)mペコリ)っていい人が多いなー。

まあ、kenbe氏が赤パークミニの試作箱をブログに公表したときに、それを元に、石田式BHBLの検討をブログネタにし、迷惑だったら記事削除しますと、たしかkenbe氏のブログにコメントをつけたりして名前を覚えてもらったことが大きかったのかなと個人的には思ってます。



最近、kenbe氏は自身のBHBLを石田式BHBLと呼ぶようになりました。
そのことも訪問したときに話題としたんですが、kenbe氏によると、長岡式バックロードの開口部にダクトを付けたものをBHBLとしているのをWeb上で発見したため、区別をつけようと考えたとのこと。長岡式バックロードでは出口を塞いでもいい効果は出ないと言っていました。長岡式バックロードはダクトを付けない方がいい音が出るように考えられて設計されているのが理由だそうです。

自分にコメントなりメールで知らせてくれれば、こちらに時間的余裕があればアドバイスをつけてあげることも可能なのに勝手に公表するんだから、その公表したものでいい音が出ないとkenbe氏の方に言われてもということのようです。(実際にそのようなことがあったかは私は聞いていないが。)

もしかしたら、こちらのページかな?
http://spc.jpn.org/DDBH-important-part.htm

Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト その2

Stereo誌スピーカーコンテストの次の日(11月29日・日曜日)に行ったことは、前日ゲットしたFE107Eを郵パックで送ったことです。
日曜日なので、大きな郵便局に行って、ゆうゆうサービス(旧時間外受付)窓口を探します。ゆうゆう窓口のあるのは豊島郵便局で池袋駅東口から大体600~700m先にあります。

手に入れたユニットは残り物なので、コーンにしみは有るし、エッジが濡れた感じになってたので、触ってみたらその部分がネバネバしてるし、外れの感じがします。まあ、音に問題がなかったら、何かに使いましょう。

田舎暮らしをしていると、ほとんど歩くことがありません。ですから、600mも荷物を持って歩いたため、もう足が筋肉痛ぽくなってしまいました。それは置いといて、・・・。
豊島郵便局に行ったところ、先客がいて、延々と担当者に話しています。内容が嫌でも耳に入ってきます。どうやら、誤配されたため30日も荷物が届かず(どうやら誤配先が返却しないらしい)、郵パックのカスタマーサービスでは配送した郵便局に盥回しされ、その郵便局の対応が誤配は認めたもののなにかカチンと来る対応だったらしく、もっと上の人に話を聞いてもらいたい、と言っているようでした。
私はその人には、同情します、と言って自分の発送対応を行いましたが、被害にあったその人は、郵パックは外注にしているので無責任になっていると言っていました。もしかするとそういう面もあるかもしれません。スピーカー発送は今のところ郵パックと考えていますが、選択肢がもっとある人は別の会社が良いのかもとまた迷いが出てしまいました。

午後からはミューズの方舟です。こちらはカノン5Dさんが詳細を出してくれるはずですから、例によって個人的に気になったものを紹介します。

Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト その2
カノン5Dさんの『S054 83Diamond』です。詳細はカノン5Dさんのブログ趣味の小部屋 (カノン5Dの自作オーディオ)に本人の解説があります。
私のデジカメはレンズの内部にホコリが入ってしまっているので、逆光ぎみになるとハレーションを起こします。情けない写真ですみません。
音質賞、総合賞ダブル受賞おめでとうございます。ユニットの個性なのか、P1000の同形式共鳴管(スピーカー再生技術研究会出品作)よりこちらのほうがいい感じに聞こえました。

Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト その2
谷本裕昭さんの『スケルトンBSP-2015』です。独特のたたずまいです。音についてはあえて書きません。でも音も独特のたたずまいです。個人的にはこういうものも好きです。私のブログはプア・オーディオの標榜ですから。

Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト その2
倉橋岳彦さんの『フォーパッション』です。Stereo誌コンテストで、謎の方式と書いた共鳴管スピーカーと同じ方式です。今回近くで見てみて、あれ、ダクトの先がふさがっている、とその時ようやく気づきました。この突き出ているふさがっているダクトが共鳴管の癖を取るポイントでした。
ホントはここで解説を書きたいんですが、ミュースの方舟でもらった、作者の解説を閉じた冊子には、ブログ等で内容を書く場合は、作者に了承をとってからにしてくださいと書かれていました。そうですよね。苦労して考えたのは作者だから。残念ながら連絡先を聞くのを忘れたので、本人のブログがないか探さないと。
この方式は、おそらく特許を取れる方式だと思います。特許を取ればどこかのスピーカーメーカーが特許権を買うかも。それくらいこの方式は、共鳴管の癖を取る素晴らしい方式です。
ヒントくらいは書いてもいいかなと思ったりもしますが、ヒントを出すともうこの方式がわかってしまいます。というのは、スピーカーでは使われていないけど、騒音対策や部屋の定在波対策で使われている技術だそうですから。
今回は方式がわかるようにダクトを横出しして強調していますが、背面にダクトをセットし、カバーを掛けるとすっきりとしたスピーカーになると思います。

アールefuさん、なーおさん、高橋さんとお会いすることができました。特にアールefuさんが石田さんと会えたらと言っていたのが耳に残っています。直接対決して勝ちたかったのか、それとも直接お礼(石田亭での音出しに対して)をしたかったのかはわかりませんでしたが。

Stereo誌の小澤さんや炭山さんはこちらにもお見えになっていました。懇親会もちょっと気になったんですが、もう一つ気になるものがあったんでパスさせていただきました。

Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト その2
せっかく東京に来たんだからと、私の住んでいる田舎にはない寄せに行ってみようと考えたのです。

たまたまこの会があり、堪能させてもらいました。
三遊亭歌武蔵さんの弟子の二つ目さんですが、NHK新人落語大賞で2回ほど入賞しているようです。

Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト その1

ようやく昨日、東京見物から帰ってきました。たまにしか行けないので、ライブやはとバスなど結構いろいろ詰め込んだため、3泊もしてしまい、もうブログでコンテストの報告がいろいろとなされています。ですから、あまり他のブログで書かれていないことを。

あ、でもでも、これは他のブログと被っても、書いておかなきゃ。

『岩田さーん。テクニカルマスター賞おめでとうございます!』


1.デジファイ誌ユニットの音が思っていたよりもまともだった。
以前の記事DigiFiユニットどうしようかで、デジファイ付録ユニットのコーンがスカスカの隙間だらけというブログ記事に驚いたという記事を書いたのですが、コンテスト会場で聞いたこのユニットの音は結構まともでした。パソコンの隣に置けるくらいの小さなエンクロージャーに入れてましたが、元々フルレンジは分割振動があることを前提に音作りをしているので、塗装無しのほうがもしかしたら音がいいのかもしれません。

2.コンテスト通過作で個人的に欲しいと思った作品
Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト
左端にセットしている一番小さなスピーカーです。
八杉幸浩さん製作の『LEGO Speaker No.52』です。もう一組ユニットを使っていてパッシブ・ラジエーターとして使っているそうです。

こんなに小さいのに、不思議に低音も感じます。もっともユニットのF0が90Hzですから、おそらくF0c(エンクロージャーに入れたために上昇したF0)が100Hz付近。密閉でもわかりやすい低音感が出るのは当たり前かもしれませんけど。

3.木の響きがいいと思った作品。
Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト
細井隆臣さん製作の『赤松集成材採用フロントホーンスピーカー』です。アルテックを思わせる作りです。
私の地元では、綺麗な木目のスピーカーを作ろうとしたら、赤松集成材しか選択肢はありません。ですから私は仕方なく使ってますが、あえて使っている人もいるみたいです。なんたって、アメリカ製の往年の名機はほとんど赤松集成材製だったそうですから。
やっぱり、赤松集成材は音がなんとなく良く感じます。←あくまでも個人的な考えですから、気になった人は自分の耳で確かめて欲しい。

4.共鳴管の謎の方式。
Stereo誌&ミューズの方舟スピーカーコンテスト
脇から塩ビ管が突き出ているスピーカーです。
倉橋岳彦さん製作の『共鳴管Another World』です。
共鳴管は周波数特性をとると、共鳴管特有の鋭いピークが出るんですが、そのピークの音が過度特性の悪い音なので強調されるのが非常に都合が悪く、オーディオマニアと呼ばれる人たちが共鳴管に目を向けない大きな理由となっています。しかしこの共鳴管は周波数特性がフラットで、共鳴管特有のピークが出ていない。ちなみに吸音材は全く使っていないそうです。
音は全く癖がないため、長く音楽を聞きたい人にはおすすめのスピーカーだと思います。
Stereo誌選者の解説では何が何なのかわからなかったのですが、次の日のミューズの方舟にも同形式のスピーカーを出しており、そこでは作者自らの説明と解説書があったため、そちらで謎は解決しました。

ミューズの方舟については明日にします。

会場でスピーカー再生技術研究会の鈴木会長とマイルスTKさんに会えたので、終わってから飲み会しました。

鈴木会長は音楽ではクラシック至上主義で私はその人らしい個性が欲しい派ですから、オーケストラのコンサートホールをステレオで出したい鈴木会長はエレキギターなどアンプを通したり、マイクをつけたりしてコンサート会場のスピーカーから出る音については否定的なこと(というか、好みでないこと)を言ってたので、つい、こんなことを言ってしまいました。
『ジャコ・パストリアスは、ベースについている3つのピックアップのうち、一つは低音用、一つは高音用にセッテングして使っている。だから、ジャコはハーモニクスが綺麗に出せている。そういうのは認めてほしいな。』
間に入ったマイルスTKさんはおそらくヤキモキしたかも。

おそらく鈴木会長は生音をスピーカーから出したい派で加工音は認めたくない派。私は、コンサートのモニタースピーカーから出る音も生音であるという長岡鉄男派。・・・・、なのかな?

ステレオ誌コンテスト出発準備

昨日、Stereo誌コンテストに行くための夜行バスの切符を買いました。

能代発大館・花輪経由池袋行のジュピター号です。なぜこれを買うかというと、列車より安いからです。
ただ、1日に1本しかなく、行きも帰りも夜10時発です。バスは座席が狭いし、高速道路に入ると、何回かドライバー交換のために止まったりするので眠っていても時々起こされるというか目が冷めてしまいます。決して快適な旅ではないんですが、直通で安いために使っています。

平日発ならば、それほど混まないので比較的切符の確保ができるみたいですが、スピーカーコンテストはどうしても土日になってしまいます。ですから、土日に東京で遊ぼうという人が多いために少し早めに購入しないと買えない場合が出てきます。
昔は、夜行バスは結構増発して、年末年始は10台近く(もしかしたらもっとだったかな?)バスのりばに並んでましたが、現在は特別なことがない限り、トイレ付きの2台と増発(トイレ無しで旧型バス)1台が最大のようです。ですから、早めに確保が大事です。

せっかく行くのですから行った日の近くになにかないかなと探してみたら、こんなのがありました。
タル・ウィルケンフェルド、東阪Billboard Liveにて待望の来日公演が決定
ダメもとでチケット購入してみたら、購入できました。11/30の2回公演の2回めの方です。多分30日は池袋発の夜10時には間に合いそうにありません。30日も宿泊だ。

ということで、今回は3拍。到着日はStereo誌コンテスト。次の日はミューズの方舟コンテストにも行けそうですね。その次の日は、午後から池袋のウクレレ店に行って、夜にライブ。その次の日は、はとバスグルメツアーかな。はとバスはまだ予約はとってないけど。

宿泊場所は、3泊で1日1000円というホテルもありそうでしたが、なぜか申込日から1週間先までしか予約できず、その予約枠が最初から満杯というホテルにとってはありがたいが私にとってはありがたくない状態でしたので、昨年同様サウナのカプセルホテルを予約しました。今から予約なら、多分取れると思います。

しかし、・・・・、現在ぷーなので、時間はたっぷりありこんなことができますけど、予算的に来年度から先はどうなるか? 無理かもしれない。



タル・ウィルケンフェルドはジェフ・ベックのライブで有名になったベーシストです。おそらくベストの演奏も、ジェフ・ベックとの演奏でないかと個人的に思います。が、今回は個人で来るので、おそらくフュージョンぽい演奏になるのかなと思います。

もしかしたら、ライブ会場で新作が販売されないかな、と期待してます。録音そのものは終わってそうですから。

おまけの動画。

トランスフォーメーションのラストの曲です。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
784位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始