もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

オカリナ音楽祭の追加動画

私の所属しているウクレレサークルには、指導者はいません。なので、発表会を録画したりなんかはしないんですが、参加した一部のサークルでは、きちんと録画してアップしていました。

ついでですから、紹介することにします。

フルート演奏です。

なんか、低音が減ってしまって、あの場所で聞いた演奏とはちょっと違って聞こえてしまいますけど、録音技師が記録したのではないでしょうから、その点は仕方ないかな。


続けてオカリナに持ち替えての演奏です。

この人の前に演奏したグループです。


なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか?
スポンサーサイト

本日は大館少年自然の家で、オカリナ音楽祭

本日22日は、オカリナ音楽祭でした。

とはいっても、デジカメ持っていかなかったので、オカリナ音楽祭のチラシのリンクを。

文化会館でのウクレレ講習会の後、熱心な(ある意味強引な)おばちゃんに負けて入ったウクレレサークルの発表会の一環ということです。ちなみに、ヒット・オーシャンズというのが誘われたサークルです。

今回はタイトルで分かる通り、メインはウクレレではなく、オカリナです。

ちなみに、オカリナという楽器は、バスレフダクトの開口面積を変えることによって音階を出している楽器だそうです。一応ここはスピーカーブログなので、無理やりスピーカーの話題に結びつけてます。

ただ、楽器の方は、息を吹き込むのを止めると音が止まりますし、柔らかい唇の加減である程度吸音しているのではないかと思います。そう、楽器の方は演奏者のテクニック次第ですが、演奏者が制振の量を変えることが出来るんです。しかし、スピーカーの方は、完成させたら、後はユニットの制動力に期待するしかありません。

振動板を軽くし、磁気回路を強力なものにすると、ユニットの制動力を上げることが可能だそうですが、そのようなユニットは低音不足になってしまうことが多いです。本当にこの世は、あちら立てればこちら立たずです。

話をオカリナ祭に戻します。

口から息を吹き込む楽器って、音量が大きくていいですね。ウクレレなんて、比べると音量は小さいですね。音量が大きい方がいい感じに聴こえることもあるので、ウクレレはなんとなく不利。マイクで持ち上げることもある程度は必要でしょうね。そんなことを感じました。逆に言うと、結構ミスしたので、音量低くてラッキーという面もありますが。

それから、普段聞くことのできない二胡という楽器の音を聞けたのも良かった。フレットレスで、弓を使って演奏しますから、ある意味、弦楽器らしい音と感じました。フレットで区切られた音階ではなくなめらかにつながる旋律が弦楽器らしい響きと私は感じました。

それと、最後の方に出た、フルートとオカリナの演奏をした人がもうほとんどプロでないかというくらい上手な人だった。その演奏を聞いただけでも参加した甲斐があった。

なんか、秋にもウクレレオカリナ祭があるようなので、大館市に住んでいる人は、お墓参りの時間をちょっとずらしたりして(確か彼岸の中日にあたりそうでした)見学するのもいいかもしれません。



おまけの動画。

過去のオカリナ祭のユーチューブ動画です。

ウクレレ・スウィート・ジャズの、ワルツ・フォー・デビー



アマゾンに発注していた、ウクレレタブ譜の書籍が届きました。
おそらく、ローGのタブ譜なんだろうなと思いながら注文したのですが、ハイGのタブ譜でした。ラッキー。

これを注文したのは、この曲を練習したかったから。

ポール・ヘミングスという人はジャズ・ウクレレ奏者のようです。

私の買った書籍は初心者用なので、かなり簡略化されていて、この演奏になるはずはありません。でも、ワルツ・フォー・デビーだと思って聞けば、そう聴こえるという感じにはなっているように思います。(有名な曲は足りない音を頭のなかで足してくれるので。ジェイクのボヘミアン・ラプソディもウクレレのたった4本の弦で表現できるのもその点が大きい。)
※ある程度弾けるようになるまでそれでも数日かかりました。さすがはジャズです。簡略化されていても、ポップスなんかに比べると、使用コードが多い。ですから、とても暗譜までは出来ません。それに、簡略化した楽譜では、弾く人のセンスが試されそうですね。

何故かウクレレでウルトラセブンを弾きたくなった

何故かわかりませんが、ウルトラセブンのテーマをウクレレで弾きたくなってしまいました。それで、記憶を頼りに、こんな感じの音の高さだったかなと音を探しながら作った、ウクレレタブ譜です。

出たしの、『セブン~、セブン~、セブン~、セブン~、セブン・セブン・セブン、ギューン、セブン・セブン・セブン、ギューン』という感じのところです。

何故かウクレレでウルトラセブンを弾きたくなった
タブ譜は、パワータブエディタというフリーのタブ譜作成ソフトで作成しました。画像をクリックすると、ちょっとだけ画像が大きくなります。それでもタブ譜の数字は小さくて読みにくいですが。

ところで、ほんのちょっとだけしかタブ譜を出していないのは、著作権の関係がどうなのかよくわからないので、引用と見てもらえるかなと思って、ほんのちょっとだけ出してみました。
※勿論、ほんのちょっとだけしか音を拾えていないという現実も大きいのですが。

    ・・・・・

そう言えば最近JASRAC、音楽教室からも著作権料を集めようとしているみたいですね。

音楽教室から著作権料、他業態はすでに徴収

内容を読んでみましたが、JASRACは音楽を金儲けの手段としか考えていないのかなと、頭にきました。

一応学校法人からは音楽教育での使用で著作権は取らないようですが、個人で教えている音楽教室などで、興味を引くために歌謡曲やポップスを教材として使用した場合、楽譜を購入した段階で著作権料を払い、指導するために生徒に聞かせた段階で又著作権料を払う義務がある、とJASRACは主張しているのです。これって著作権料の二重取りではないですか。まあ、著作権が切れているクラシックを使えばいいという人もいると思いますが、例えば、フラメンコギターを習いたいという人に、スペイン音楽のクラシック曲のカルメンとかで練習しなさいというのは、まったく変でしょう?

・・・・・

このニュースを見たとき、JASRACはヤクザ集団か?と疑問を持ってしまいました。これが法制化されたりしたら、演奏を習おうとする人がどんどん減っていって、楽器を買おうという人も減っていって、音楽産業事態が衰退していきそうにも思える。義務教育の中での音楽の時間は微々たるもの。ヤマハとか楽器店とかの音楽教室がある意味音楽産業を支えているのに、そこから搾り取ろうとしているんですから。

作曲家の制作した楽譜は確かに著作物に成りますが、その楽譜を読んで頭のなかでその音楽を再現できる人は一部の天才だけでしょう。演奏家が演奏してくれて、初めて作品として完成するのです。そして、演奏者自身の解釈も含めて音楽を聴く楽しみがあるようなきがする。

ということで、JASRAC、余計なことをしてくれるな。素人でも楽器演奏を(出来たら無料で!)楽しませてくれ! 



おまけの動画。当然ウルトラセブンのテーマ曲。


おっと! イントロがしっかり有ったんですね。イントロの音取れるかな?

すずきあきとしのウクレレコンサート in 大館市民文化会館

本日12月3日は大館市民文化会館において、すずきあきとしのウクレレコンサートが行われました。

ウクレレワークショップに参加した私もほんのちょっとだけ演奏に参加してきました。

でも、デジカメを忘れてしまったので、会場の写真とかは無し。

仕方ないので、コンサートの後に手に入れてきた鈴木昭寿さんのサイン入りCDを、行ってきた証拠に出しておきましょう。

すずきあきとしのウクレレコンサート in 大館市民文化会館
デビューミニCDの『神と生きる村』。

すずきあきとしのウクレレコンサート in 大館市民文化会館
2枚めのミニCDの『チャペルのドア』。

すずきあきとしのウクレレコンサート in 大館市民文化会館
最新アルバムの『The Sounds of History~クラシック&民謡~』。

CDの概略は鈴木昭寿Official WebSite内のCDタブをクリックすると出てきます。

ご購入は、そこの、◆中古楽器専門店ジプシーワゴンのリンクから行えますが、ここにもリンクしておきましょう。
◆中古楽器専門店ジプシーワゴン
12月3日現在最新作はまだ登録されていませんが、おそらく数日後には表示されるのではと思います。
・・・それにしても、・・・・・
シャバ駄馬男のCDまであるとは! (←シャバ駄馬男が分かる人は秋田県人か、秋田県人の資格があります。)



Web4コマ 地方は活性化するか否か の 告知ページ でなんと、大館市民文化会館での「ちかすい」の舞台が告知されていました。
いやー、びっくり。
12月11日の日曜日夕方に行われるようです。大館市の地元密着型アイドルとAABの大館市出身アナウンサーが行う舞台のようです。

入場券は大館市民文化会館に行かないと買えないようなので、大館市民にツテのある人は買ってもらい、その日大館市に来てみたらどうでしょうか?



おまけの動画。
鈴木昭寿さんのOficial WebSite でも見ることができますが、鈴木昭寿さんの演奏動画をどうぞ。
本日のコンサートでも演奏されています。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
765位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始