もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

モルゴーア・クァルテットの新作が出てた



モルゴーア・クァルテットの新作は、EL&Pの作品を中心に構成されています。昨年の3月に亡くなったキーボード奏者のキース・エマーソンの追悼盤として計画されたものだそうですが、ベース・ボーカル担当のグレッグ・レイクも亡くなってしまったので、彼らの追悼盤になってしまいました。

曲目

1.アフター・オール・オブ・ディス
この曲は、キース・エマーソンの追悼曲としてモルゴーア・クァルテットが編曲したもので、キース・エマーソン作曲。

2.タルカス
EL&P2作目のタルカスにはいっている曲。個人的にEL&Pで一番好きな曲です。この曲のオーケストラ曲のほんの一部分が、NHK大河ドラマ・平清盛の次回予告のところで使用されていました。

3.スティル...ユー・ターン・ミー・オン
EL&Pスタジオ録音4作目(ライブ盤・展覧会の絵が3作目なので通算5作目。)、恐怖の頭脳改革にはいっている曲。

4.トリロジー
本作のアルバムタイトル、トリビュートロジーはこの曲が入っているトリロジー(通算4作目)から。アルバムジャケットもこのアルバムから。

5.ザ・シェリフ
この曲はトリロジーに入っている曲。

6.悪の経典#9 第1印象パート1
7.悪の経典#9 第1印象パート2
恐怖の頭脳改革(通算5作目)の代表曲。

8.《悪の経典#9 第3印象》への間奏曲 ~《石をとれ》より抜粋
石を取れという曲は、1作目のエマーソン・レイク・アンド・パーマー(1作め)に入っている曲。

9.悪の経典#9 第3印象
恐怖の頭脳改革に入っている曲。

実は6曲目の悪の教典#9 第一印象パート1は、モルゴーア・クァルテットのプログレ挑戦作1作目の、21世紀の精神正常者に入っている曲と同じです。キング・クリムゾン、EL&P、イエスに挑戦したアルバムです。個人的には、EL&Pの代表曲は、タルカスだと感じるんですが、一般的には、組曲悪の教典#9となっているようです。ですから、もうCD化されていても不思議ではありません。

モルゴーア・クァルテットのファンなら買って損はないと思います。



ちなみに、キース・エマーソンの死因は、自殺のようです。キース自身どうやら指に障害が出ていたようで、サポートメンバーのキーボード奏者を引き連れてライブを行ったところ、キースの演奏でなく他の人の演奏を聞かされたと誹謗中傷されたのを気にして自殺したのではと一部では言われていました。実際のところは私にはさっぱりわかりません。ただ、もし自殺しなければ、日本でもライブを行ったはず。残念です。最近は多重録音でCD作品を作りますから、サポートメンバーを引き連れての演奏って、もはや普通だと思うんですけどね。



おまけの動画。
スポンサーサイト

2016年版ウェザー・リポート?

本日憲法記念日は、私の地元でも日中は晴れ間が出ました。
それで、今日は、最近購入したこのCDを、FE103Solミニバックロードバスレフ(音工房Z製)で聞くことにしました。
Z701FE103Solの初音出し


アマゾンの宣伝文句によると、2016年度版ウェザー・リポートとのこと。

ジャコが抜けた後のウェザー・リポートを酷評していたので、割と信頼しているジャズブログでこのCDの紹介していました。

ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ・ウェザー・リポートの2016年版

うーん、たしかにかなりウェザー・リポートなんだけど、黄金期とは微妙に違う感じがするな。

キーボードはかなりザビヌルしてます。サックスはショーターよりもマイケル・ブレッカーっぽく私には聞こえます。

肝心のベースですけど、一部で注目されているベーシストのようですけど、ちょっとジャコではないなー。柔らかい音色でメロディアスなベースでとっても好感が持てるんですけど、微妙にジャコではないなー。

ということで、バイブなしのステップス・アヘッドかなー。でもやっぱりウェザー・リポートかなー。

103Solバックロードバスレフですけど、私のメインで聞く音楽(プログレ、フュージョン、ジャズ系統)では十分な性能を発揮してくれています。
ウェザー・リポートの楽曲の特徴として、キーボードも低音を担当することが上げられます。そのおかげで、ベース担当者は時々主旋律担当に移動できる。(その時の低音はハーモニーを重ねる感じでリズミカルな低音でないので聞き慣れると区別できます。)ピーター・アースキンの新CDでウェザー・リポートのカバーは1曲あります。ウェザー・リポート'81に収められている曲で、スピーチレスという曲です。この曲はジャコがメロディーを弾いているんですが、カバーの方も結構いい感じです。そして、この曲の一番低い音はおそらくキーボードシンセでしょう。その低い音もしっかり分離して聞こえますから、バックロードバスレフの低音はかなりのものです。
(実はギターも参加しているので、スピーチレスのメインのメロディーはもしかしたら、エレキギター? タル・ファーロウのギターの音色も低音でちょっと似た感じ(貸しレコードで昔聞いたことがある)だったので。)

ただまだこちらは寒い。ファンヒーターをつけてもCD1枚が限度です。



おまけ動画。
ピーター・アースキンの新作に参加しているベーシスト。

シャンシャンタイフーン30週年記念

詳細は、

上々颱風~30周年特別企画~にて。

シャンシャンタイフーンは、後半インディーズに移籍しましたから、後半の音源はありません。でも、前半のほうが売れていた時期なので、まだ音源を持っていない人は手に入れてもいいのかもしれません。

私はCDもDVDももう手に入れてしまったので、私は買いません。特にパンフレット欲しいわけでもないし。

ただ、シングル集がちょっと気になるな。どうしよう。ゴールデン・ベストとは選曲が違うのかな?



レンタルで『蟲音 前』発見

昨日ようやくカットした板をもらってきました。でも、ちょっと怖い自由錐の作業をまだ行っていないので組立はまだです。

自分はどうも誘惑に弱くて、今日は食い気でした。今日は、近くの物産館で、タケノコ祭りなるものが行われていて、タケノコ汁を食いにお昼近くにあちこちに行ってました。私の地元ではタケノコというとネマガリタケのことです。雪沢の物産館、田代の物産館でタケノコ汁を食べてきました。ただ自分だけ食べていては親父に悪いので、タケノコを買ってきて晩のおかずにもしました。そんなわけで今日日曜日なんですが全く作業していません。明日辺りから行おうと思います。

午前中は、なんとなく弘前のレンタル店に出かけてみました。地元大館よりもCDの量が多いからたまに覗いているのです。
そうしたら、いっとき話題になっていた『蟲音』(前のみ、後はありませんでした。)を発見。早速借りてきました。

レンタルで『蟲音 前』発見

レンタルであるというということは、もしかしたらアマゾンにもあるかもと検索してみたら、あるじゃないですか。割とお手頃な値段で。

つい、購入してしまいました。

『蟲音 全』(蟲音 前と蟲音 後が一緒になったもので、リマスター盤らしい。もしかしたら音は?)が送料別で3500円でした。特別耳が鋭いわけでもないから、合体盤にしてみました。でももしかしたら別々のほうが音がいいのかな?





---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---

上々颱風12~土民の歌~到着

ダクトの調整に入らなければならないんですが、今日はなんか疲れていて疲れていて調子が出ません。

数日前にあちこちネットでしらべたところ、楽天のネット販売でも上々颱風のオリジナル最終アルバムが買えることがわかり、注文したところ、今日届きました。早速聞いてみました。

届いた証拠として、ネット上ではなかなか見ることができないだろうと思われる、アルバムの裏側をアップしてみます。
上々颱風12~土民の歌~到着
メンバーが目をつぶって、皆さんお眠りになっています。現在無期限活動中止中ですが、上々颱風の現在を暗示しているようで考えてしまいます。

いやー、やっぱりこのアルバム、差別用語が出てくる。これじゃー再生産はたぶん無理だろうな。



この歌、ネット上で歌詞を出すことはできません。言葉狩りが実際に行われていることが想像できます。
でも、土に生きる民衆賛歌でもあるんだけど。多分白崎映美さんのとうほぐまづりオールスターズにつながっていそうですね。

もう1曲アルバムに入っている曲。

東北訛りとアフリカの出会い。なぜ組み合わせられるんだろう?
多分この後、土民の歌になだれ込んでいるんでしょうね。ベースのイントロが少し聞こえます。

上々颱風は日本より先にフランスで人気が出たらしいから、フランスに在庫が無いだろうかとちょっと考えてしまった。

プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
780位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始