もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

今日の収穫物

今日は小雨の降る中、親父と一緒にワラビ採りをしていました。

ついでに収穫したものはこれです。
今日の収穫物
右の方は、時期外れのゼンマイです。ゼンマイというのは、実は湿り気のある土を好むようで、ここ最近は雨続きでしたから、時期外れの割には生えてくれたのかなと思います。これは茹でたあと干して乾燥するんですが、雨続きなので腐らせないようにしないと。

左の方は山のアスパラとも呼ばれる、シオデです。地元ではソデコと呼ばれています。こんなに取れるのは久しぶりですね。これは芽を食べる山菜なので、これから先は、伸びすぎになるはずなので、先端部分の柔らかそうなところを収穫するしか無いんだろうなと感じます。



おまけの動画。

民謡のひでこ節は、若い男女のシオデ採りの様子を歌っているそうです。
スポンサーサイト

里山資本主義はうまくいっているんだろうか? その2

今日は、親父に付き合ってワラビ採りです。これから、大体4日ごとにワラビ採りです。ニオウサク採りはやっぱり満足したみたいです。

ワラビの他に手に入れてきた収穫物はこれです。

里山資本主義はうまくいっているんだろうか? その2
右はゼンマイです。茹でて乾燥させて保存します。乾燥させるときに、固くならないように揉みながら乾燥しないといけません。結構手間のかかる山菜です。親父はもう面倒だといっていたので、茹でることころまでは私が行いました。
でも、乾燥すると、びっくりするくらい量が減ります。今後のワラビ採りで、ちょくちょくゼンマイも取れるといいんだけどどうなんだろうな。

左はタラの芽。天ぷらにするならこのくらい葉が広がったものでも大丈夫だと親父が言うので、本当かなと思いながら採集してきたんですが、天ぷらという調理法はすごい調理法ですね。たしかに大丈夫です。美味しく食べられます。ただ素人の料理の悲しさ。粉がぼったりと付いたものを、あまり高温ではない温度で揚げるもので、おそらく揚げ油もたっぷりの天ぷらになっていそう。でも素人の料理、多くを望んではいけない。しかし、山に行って歩き回ってきても、天ぷらでかえって体重が増えたりしそう。

・・・・・・・・



里山資本主義は、見捨てられていたものから宝物を見つけようという活動でもあります。成功例として、葉っぱビジネスというのがよく紹介されるみたいです。

秋田県では、小坂町で山菜採りビジネスが行われています。山菜採り名人が採集した山菜を宅急便で都会の人たちに発送するというビジネスです。ただ、もしかしたら、このビジネスが熊の被害につながっている可能性もあります。小坂町は鹿角地方です。そして、鹿角地方の何処かはわからないけど、今年もう鹿角地方で熊の被害が出ています。

山菜採りは里山資本主義の大事な要因です。しかし、・・・・・。山菜採りビジネスは、その地元に住んでいる年寄りたちの小遣い稼ぎという面があるので、もしかしたら、このビジネスモデルがクマ被害を増やしている可能性はないのかな? 最も山菜好きは、山菜採りが好きなので金にならなくても山に入るんで、このビジネスがなくてもクマ被害は出るんですが、助長している可能性はあるんじゃないかなと思ったりします。

自然の中から有益なものを手に入れるのは、それなりに大変なんです。その大変さをあまりにも過小評価している人が里山資本主義と言っているような気がしてます。



おまけの動画

里山資本主義はうまくいっているんだろうか?

昨日は、親父に付き合ってニオウサク採りにいっていました。

里山資本主義はうまくいっているんだろうか?
適当な濃さの塩水につけた後、皮を向いて、塩漬けにします。以前の記事でも書きましたが、冬場など、青物がない時期に食べるための山菜です。

親父は今年分は収穫できたと言ってますが、昨年度はそういった後また採りに行ったりしてますから、もしかしたら後1回位は行くかもしれないです。

・・・・・・・

ちょっと前に、里山資本主義ということが話題になったりしました。でも最近はさっぱりそういうことは聞かれなくなりました。もしかして里山資本主義は失敗したんでしょうか?


2017年5月16日現在で、中古で1円となっています。まったく見抜き見向きもされていないようですね。やっぱり里山資本主義は夢物語だったのかな?

里山資本主義のいくつかあるポイントのうちのひとつとして、放置されているものを有効利用し、その価値を利用しようというものがありました。具体的には、枝打ちした枝など捨てられていた木質燃料を有効利用しようというものでした。

そのための秘密兵器としてロケットストーブというものが取り上げられていました。

ただ、ロケットストーブの話題も、最近はあまり聞かれなくなりました。

ロケットストーブを被災地に送ろうという活動を頑張っていた島根の人は、活動をやめた感じがします。
焚き火後夜の忘備録
しまね自然の学校の焚き火小屋の管理人のブログですが、自然の学校の建物を解体してますから、後引退ということなのかなと感じます。

南三陸 焚き火小屋プロジェクト
トラックハウスを作って、南三陸でロケットストーブ普及をしようとしていた人のブログなんですが、移住したという内容は出ていませんね。

・・・・・・・・

どうやら、木質バイオマスはまったく広まっていない感じがします。

個人的には、完全燃焼させるロケットストーブは、煙突も詰まりにくそうだし、屋内ストーブとしての発展もあって良さそうな気がするんですが、・・・・・・・・、

高温で燃焼させる方式なので、火事が怖いため、ロケットストーブは屋内ストーブとしては許可されないんでしょうか?

・・・・・・・・・

捨てられている木質からエネルギーを(100%は無理としても、可能な限り多く)得るというのは、里山資本主義を成立させる大事な要因と思われます。それがうまくいっていないようなので、里山資本主義は、やっぱり夢物語なのかな。

今日は山菜採り

私の住んでいるところは、秋田県の北の外れですが、隣の青森県の弘前城の桜が咲いてから、その後にようやく桜が開いていきます。

塩ビ管スピーカーオフ会に行く前に、ようやく桜の花が咲きそうな感じになっていました。帰ってきたら、あちこち満開状態になっていました。
やっぱり、寒い分開花が遅れてしまうんだけど、北にある弘前城に開花時期が負けるのは、毎年のことながらどこか納得がいかないものも感じたりしてます。

今日も結構いろいろなことをやってました。

午前中は、山菜採り。
今日は山菜採り
タラの芽です。

山菜採りの人はもう少し大きくなって葉が少し広がったものを狙うんですが、私の場合、結構いろいろな人が知っている場所から採るもので、ちょっと小さいけど、採集させてもらいました。

ですから、スーパーなんかで販売されている、温室で水栽培されたタラの芽と同じくらいの大きさで採集しています。
大きさもほぼ同じですから、スーパーでの売値で1000円くらいの量はありそうです。

・・・・・・・

午後からは、火曜日午後に行われるウクレレの練習です。

タメー息の出るよーな、・・・・
という曲を今は練習しています。

さっそく、ウクレレ練習から帰ってから、タラの芽は天ぷらで食べました。あっという間に無くなりました。

・・・・・

他に取れそうな場所は知らないから、今年はタラの芽は後食べられなさそうな気がします。

同じ津軽文化圏だけど・・・・

4/5の水曜日は、2ヶ月に1回程度になった弘前大学病院通院日でした。大館市には診察してくれる医者のいない形成外科(整形外科ではない)なので、経過観察と少々の薬を出してもらうために、片道1時間ほどのドライブでした。これが秋田市の日赤病院に行くなら、私の運転では3時間は考えないといけないだろうな。

時々、弘前に来るので、大館市も同じ津軽文化圏だと思うんですが、けっこう違いも目につきます。まあ、大体が行政関係の違いですが。

秋田県発祥で、弘前にも出店しているイトクというスーパーマーケットや、大館市ではビッグに店舗が変えられてしまったんですが、弘前ではまだ名前が残っているマックスバリューというスーパーマーケットで買い物したときにびっくりしたことは、弘前の方ではレジ袋も有料で、買い物したときに何も袋を持っていかないと、レジ袋の値段も会計に強制的に入れられます。大館市ではレジ袋は無料で、ビッグでは買い物袋を持っていくと2円安くなりますし、イトクではポイントが(何ポイントつくかは忘れた)つきます。

私の姉は東京のとある場所に住んでいますが、ゴミの分別がかなり厳しいらしく、スーパーで買い物すると、トレイから自由に使えるポリ袋にどんどん移して、トレイはスーパーのトレイを入れるゴミ箱と言っていいかわからないんだけど、スーパーのトレイ入れに捨ててくるそうです。青森県はそこまで厳しくないとは思いますが、ごみ減量のためにレジ袋が有料(と言っても2円とか3円とかのようですが)なんでしょう。

後びっくりしたことは、弘前大学病院の駐車場は、通院患者でも駐車料金は無料になりません。安くはなります。帰る前に駐車券に判を押してもらうと、100円になります。でも、大館市立病院での駐車料金のようにタダにはなりません。
・・・・・
大館市立病院は、地方の病院はほとんどなんでしょうが、行政から補助を受けているのに赤字です。大館市立病院いつまで駐車料がタダなのかなー。(ちなみにお見舞では駐車券に判は貰えないので、正規の駐車料金を払う必要があります。通院と、入院患者の家族のみです。)
そういえば、大館能代空港の駐車場も無料だった。それは他の都市では珍しいらしいですね。大館とか、秋田県だからなのかな。

それとちょっと頭にきたこと。
弘前大学病院の近くのガソリンスタンドの看板の料金を見たら、

・・・・

大館市では、弘前でのハイオクの値段で、レギュラーガソリンを売っていた! なんてこった!

ガソリンスタンド関係者はこのブログを見ているはずないんだけど、反省して、早くガソリン代を下げてくれい!
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
878位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始