もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

同じ津軽文化圏だけど・・・・

4/5の水曜日は、2ヶ月に1回程度になった弘前大学病院通院日でした。大館市には診察してくれる医者のいない形成外科(整形外科ではない)なので、経過観察と少々の薬を出してもらうために、片道1時間ほどのドライブでした。これが秋田市の日赤病院に行くなら、私の運転では3時間は考えないといけないだろうな。

時々、弘前に来るので、大館市も同じ津軽文化圏だと思うんですが、けっこう違いも目につきます。まあ、大体が行政関係の違いですが。

秋田県発祥で、弘前にも出店しているイトクというスーパーマーケットや、大館市ではビッグに店舗が変えられてしまったんですが、弘前ではまだ名前が残っているマックスバリューというスーパーマーケットで買い物したときにびっくりしたことは、弘前の方ではレジ袋も有料で、買い物したときに何も袋を持っていかないと、レジ袋の値段も会計に強制的に入れられます。大館市ではレジ袋は無料で、ビッグでは買い物袋を持っていくと2円安くなりますし、イトクではポイントが(何ポイントつくかは忘れた)つきます。

私の姉は東京のとある場所に住んでいますが、ゴミの分別がかなり厳しいらしく、スーパーで買い物すると、トレイから自由に使えるポリ袋にどんどん移して、トレイはスーパーのトレイを入れるゴミ箱と言っていいかわからないんだけど、スーパーのトレイ入れに捨ててくるそうです。青森県はそこまで厳しくないとは思いますが、ごみ減量のためにレジ袋が有料(と言っても2円とか3円とかのようですが)なんでしょう。

後びっくりしたことは、弘前大学病院の駐車場は、通院患者でも駐車料金は無料になりません。安くはなります。帰る前に駐車券に判を押してもらうと、100円になります。でも、大館市立病院での駐車料金のようにタダにはなりません。
・・・・・
大館市立病院は、地方の病院はほとんどなんでしょうが、行政から補助を受けているのに赤字です。大館市立病院いつまで駐車料がタダなのかなー。(ちなみにお見舞では駐車券に判は貰えないので、正規の駐車料金を払う必要があります。通院と、入院患者の家族のみです。)
そういえば、大館能代空港の駐車場も無料だった。それは他の都市では珍しいらしいですね。大館とか、秋田県だからなのかな。

それとちょっと頭にきたこと。
弘前大学病院の近くのガソリンスタンドの看板の料金を見たら、

・・・・

大館市では、弘前でのハイオクの値段で、レギュラーガソリンを売っていた! なんてこった!

ガソリンスタンド関係者はこのブログを見ているはずないんだけど、反省して、早くガソリン代を下げてくれい!
スポンサーサイト

秋田県もけっこう広いな

ようやく玄関前の雪は消えてくれましたが、家の裏にはまだたっぷり雪が残っています。

先日、私用にブログを使い、事務連絡をしたところ、メールで横浜に直行しているのでオフ会で待ち合わせかと思っていたとのこと。

夜行高速路線バスの降りる場所を変更しましょうかとメールできましたが、私の方から、オフ会で待ち合わせしましょうと連絡しました。

なんでこんなことになったかというと、大館市発の高速路線バスと、秋田市発の高速路線バスは完全に路線が違うため。

私が乗る夜行高速路線バスは、能代市始発、大館、花輪経由で、降りることが出来る停留所は大宮と池袋です。

Aさんが乗る高速夜行路線バスは、殆どの高速路線バスが停まるバスタ経由なので、おそらくそこに来るのかなと思っていたためです。いやー、秋田市の夜行高速バス、大館と違って複数あるから停留所が調べきれないこともあるし、もしかしたらメールの確認し忘れもあったかもしれない。

・・・・・

秋田県は、けっこう移動に時間がかかってしまう、困った道路事象の県です。
私の住んでいる場所は、大館市でも北の外れに近い、青森県との県境から10kmあるかないかの場所です。
秋田市までは、移動時間は2時間はみないといけません。秋田市に行くより、弘前に行くほうが近いという場所柄、はっきりいって津軽文化圏だと思います。

秋田県民歌で、「秀麗無比なる 鳥海山よ」という歌詞がありますが、大館市からは鳥海山なんてまったく見えません。だから津軽文化圏なのも仕方がありません。

そんな感じなので、メールで連絡を取ってますが、Aさん、仕事が忙しすぎるのか、慎重の上にも慎重なタイプなのか、メールの返事がなかなか返ってきません。

まあ、まだ日時がありますからなんとかなるとは思ってますが。

・・・・・

ご近所だったら顔を合わせて連絡も出来るんだが、秋田県もけっこう広いな。

ワラビ採りしながら、秋田県の熊について考えてみた

今日は朝方少し雨が降ったんですが、明日も天気が悪そうということで、ワラビ採りになりました。

最近は山に行っても撮影はしないので、過去の画像の使い回し。
Stereo誌8月号付録情報がネット上でも

田舎の山菜採りは、他人の所有の山に勝手に入っていって、そこに生えている山菜を採ってきます。勝手に生えてきているものだから、誰が採っても問題無いだろうという考えです。釣りなんかも、稚魚を放流している鮎はお金を払わないと釣ることはできませんが、放流していないヤマメやイワナは禁漁時期以外は無料で釣ることが出来るのと同じです。

自然に勝手に生えているものを探すのですから、基本的に山菜を取る場所は手入れがされていない場所です。ですから、雑草も生えてくるし、小灌木もだんだんと生えてきます。小潅木の枝の葉が大きくなってくると枝が垂れ下がってくるし、それにつる草も絡まってきます。そうなると、そこに潜り込むのは困難になり、そこにワラビが生えていてももう採ることはできなくなります。それにワラビは日光を欲しがる植物。日陰になるとワラビは生えることが不可能になります。

現在、地元の山は、ほとんど手入れがされていません。杉の値段が上がっていない(でも赤松集成材のほうが安いけど)ので、伐採した後、ほとんど植林はされていません。伐採した場所が、過去に草刈り場(昭和初期あたりまでは馬が運送や農耕のメイン手段。ですから共同の草刈り場がつくられてました)だった場所はワラビの根が残っている可能性があり、そういう場所は伐採されると、一気にワラビが生えることが出来るようになります。現在ワラビ採りしている場所も、2年位前は、誰でも簡単にワラビ採りが出来る、自然のワラビ園状態だったのですが、現在は歩くことができなくなっている場所がどんどん増えてきています。



山賊ダイアリーによると、山菜採りなどの人が歩く山道は、実は獣道でもあるらしいです。確かに、小潅木の枝につる草が絡まるとたとえクマでも通れないそうです。クマは体がでかいから、つる草が絡まった場所はたしかに通れないだろうな。

現在、秋田県はクマに人が襲われたニュースで有名になってしまいました。専門家は、昨年度どんぐりが豊作だったのでクマが増えたのではないかと言っていますが、もしかすると、小坂町の山菜採り代行業が山菜採りを増やし、その結果襲われる人が増えたのかもしれませんし、手入れのされていない山なので、クマの入れない場所が増えているのかもしれません。だんだんヤブが増えて入れなくなっている場所が増えているワラビ採りをしながら、クマ被害について考えてみました。

ついでに今日は、大館能代空港にクマが現れたというニュースもあったようです。



おまけの動画。

在日ファンクのメンバーの名前(芸名?)がわかる動画です。

雪と風(?)による通信障害

土曜日朝から、ネットにつなげることができない状態になっていました。

本日火曜日(2/23)午後4時頃ようやく復旧しました。

原因は、これです。
雪と風(?)による通信障害
光回線は細いため、写真に撮ってもわかりづらいんですが、光ファイバーケーブルが断線してぶら下がっているのがわかるでしょうか。

原因はおそらく、水分の多い雪が光ファイバーケーブルに凍りつき、それにさらに強風が重なったため金曜日の晩から土曜日の朝にかけて切れてしまったものでしょう。

土曜日の朝からネットに繋がらないなー、変だなー、とは思っていたのですが、土日はプロバイダーの連絡先とか光回線の会社の連絡先とかを探したりするのに使っていました。

月曜日に光回線会社に連絡したところ、我が家のルーターからの信号を見つけることが出来ないとのこと。それでNTT東日本関連から今日工事の人が来ました。結構混み合っていて昨日中に工事の人が来られなかったということは、同様の事故がおそらく起きていたんでしょうね。
でも、・・・・、光回線の会社って、(私の場合)ルーターはNTTからだったし(自由化の後NTTから変えたから)、回線工事もNTTだし、楽な商売だなー。それで毎月接続料が取れるんだから。

雪と風(?)による通信障害
工事は意外と簡単なようで、カバーで包まれているところがケーブルを繋いだところです。

ということで、3日ぶりにネット環境復活。

いやー、悪質なウィルスとかではなくてよかった。なにせ、いくらかネット中毒っぽい生活ですから。おまけの動画を探すため、結構ネットサーフィンしてます。ついでに、つい、ムフフ♡な場所も見たりしちゃうので、ウィルスの危険性は無いわけではない。いやー、ほんとにウィルスでなくてよかった。

でも、・・・・・、これも雪国ならではの通信障害。雪のない地域が羨ましい。



おまけの動画。

分かる人はわかる王様。結構この訳詞は忠実に訳しているらしいですね。

今日はちょっと贅沢

本日7月5日は日曜日です。今日は知る人ぞ知るグルメ食材を求めて雪沢物産館に行ってきました。

今日はちょっと贅沢
画像は、http://www.dodasuka.com/01kau/6004%20yukisawa.htmlから転載。

グルメ食材は、じゅんさいです。

2年前に撮影された映像のようです。じゅんさいは秋田県では三種町の森岳が有名ですが、森岳では絶対に先端の芽は取りません。脇芽だけを摘み取って出荷しています。ですからお盆ころまで出荷が可能です。

雪沢では先端の芽も収穫します。脇芽よりも先端の芽は大きいし、ノリとよばれるヌルヌルも多くなります。その代わり、長期間の収穫は無理です。ですから、雪沢産のじゅんさいは秋田県の中でも知る人ぞ知るグルメ食材となっています。

今日はちょっと贅沢
購入してきたじゅんさい1kg、ちょうど1000円でした。

今日はちょっと贅沢
ざるに開けました。じゅんさいは一度お湯にくぐらせないときれいな緑色が出ません。それに熱湯をくぐらせたほうがノリもちょっと増えるような感じがします。

今日はちょっと贅沢
お湯をくぐらせた後、タッパに取りました。ちょうどタッパ一つに収まりました。これが1000円か。やっぱりグルメ食材だな。

大部分は、煮干し、鶏皮、ごぼう、人参、春雨を入れた醤油汁に入れ、一部は小皿にとってチューブのおろし生姜を載せて醤油(ポン酢が欲しい。)をかけていただきました。このブログは料理ブログではないので、料理したものはパス。でもやっぱり取り立ては美味しい。

汁物は、明日の朝もいただきます。



おまけの動画。

暑い時期はフラメンコもいいな。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
765位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始