もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

パソコン計測 その後

パソコン計測は難しいの記事の続きです。

誰かはわかりませんが、こんなコメントが付きました。
>ためしにWSの設定でFFTのサンプルデータ数を32768くらいに上げてみてください。
サンプルデータ数が低いと低域の解像度が悪くなります。

なるほど、確かにサンプル数が少なければ誤差が大きくなりますね。

共鳴管実験機初音出し

まずは、PAA3のピンクノイズでの測定。測定したのは、内部に共鳴管を仕込んでいない最初に作った実験機です。マイクが微妙に外向きになったのでその影響もでているかも。
パソコン計測 その後

ということで、WSのサンプルデータ数を最大値にして、開管共鳴管実験機の共鳴管の出口の周波数特性を測ってみました。

70Hzが強調されているように見えます。音道長から計算上の強調周波数を出すと65Hzですからちょっと誤差はありますが、前よりは良い観測結果になったと思います。共鳴管の2倍音は、計算上はほぼ130Hz。測定図では100Hzと200Hzのちょうど真ん中くらいにピークがありますが、対数グラフですので、130Hzにピークがあると考えてもいいでしょう。

次はスイープ音源での測定。
パソコン計測 その後
PAA3のスイープ音源は、開始と終了の合図に1kHzの音が入ります。ですから1kHzに鋭いピークがありますが、それは無視しましょう。

周波数特性の形はほとんど同じですが、ギザギサが少なくなります。共鳴管のピークは65Hzとなり、計算とほぼ同じになりました。スイープ音源のほうが測定にはいいのかな?

パソコン計測は難しい
PAA3では今回は測定していないので、前回の測定を再掲します。ほぼ同じような山の形に見えますね。

一応、パソコンフリーソフトでの周波数特性は出来たことにします。

名前がわかりませんが、教えてくださった人、ありがとうございました。



おまけの動画。



この曲の初心者でも弾けるバージョンがあります。
スポンサーサイト

まだ謎の実験機作成

Under the Willow(アンダー・ザ・ウィロウ)、構想だけではできているのですが、実験しないとわからないことがあり、なかなか制作できないでいますが、流石にもう締め切り(9/27)に間に合わなくなりそうになってきました。そのため、2日ほど前に板のカットを地元のコメリ・パワー店に頼んできましたが、担当の人が忙しく、本日ようやく板材の確保(赤松集成材残り僅かになったため確保してもらいました)のみが行えました。

設計を詰めていないのに、カットを頼んで大丈夫かと思う人もいるかもしれません。でも仕方がありません。地元のクロネコヤマトがスピーカーを受け取ってくれませんから、郵パックで送ろうと思ってます。となると、大きさが自ずと制限されますから、骨格の設計は変わりません。細かいところだけ微妙に変わるという感じですから、とりあえず板のカットをお願いしてきたんですが、まだカットできてなかったから大丈夫かな?

Under the Willowは、共鳴管のクセを共鳴管で消そうというコンセプトのスピーカーです。でも、実際にうまくいくかどうかはまだ確かめていないのでその検証機をようやく作りました。
まだ謎の実験機作成
まだ中身は非公開です。おそらく応募書類の一番の肝となる部分でしょうから。でも誰でも思いつきそうで、秘密にしている意味があるかわからないけど、自己満足のため、まだ非公開とさせてもらいます。

共鳴管実験機ようやく製作へ
大きさはこの実験機(内部に共鳴管のないタイプ)とまったく同じです。

共鳴管で共鳴管のクセが取ることが出来るかの実験は、本番機を制作しながら、クランプ掛けの時間にちょこちょこと行うことになりそうです。

それと、共鳴管の開口部を絞ることも行いますが、バックロードバスレフが(インピーダンス的には)ダブルバスレフの動作であることから類推すると、空気室のない共鳴管につけたバスレフはシングルバスレフの動作になると想像していますが、たしかにそうなのかの実験も合わせてちょこちょこと行うことになりそうです。

うーん。なんというか、毎回泥縄になってしまうな。



24時間テレビの秋田県法曹部分で、ウクレレワークショップでお世話になっている鈴木さんが出てましたね。

8月22日のウクレレワークショップ in 大館市民文化会館

ちょっと更新が遅れましたが、8月22日は夜7:45から1時間、市民文化会館でウクレレワークショップに参加していました。

ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
実はこの日は、あちこちで颱風9号が悪さをしていた日です。文化会館のホームページに中止の連絡がなかったんですが、やりますの連絡もなく、少し不安を感じながら会場に向かいました。

結局計画通り、ワークショップは行われたんですが、講師の鈴木さん、飛行機が止まって新幹線でやっと到着したということをしゃべっていました。本当にご苦労さまです。

8月22日のウクレレワークショップ in 大館市民文化会館
指の準備運動として、クロマチックスケールから練習を始めました。図は1フレットからですが、7フレットでもクロマチックスケールで指の練習を行いました。

8月22日のウクレレワークショップ in 大館市民文化会館
合わせて、アポヤンド奏法でクロマチックスケールを行うよう指示がありました。

アポヤンド奏法とは、単弦を弾いた後、隣の弦に指をぶつけるようにする奏法で、メロディ部分に使い、メロディを伴奏より目立たせることができるそうです。

前回渡された楽譜のWe wish you a merry christmassの練習でも、アポヤンド奏法を意識して練習となりました。

8月22日のウクレレワークショップ in 大館市民文化会館
途中で、7フレット、5フレット、3フレットと押さえる場所があるのですが、そこの押さえ方の説明も板書されました。
小指側は指の間隔が人差し指側よりも広げにくいので、このような感じで抑えると良いという説明でした。

練習が終わってから、セーハ(バレー)するコードが難しいという質問に対しての答えは、
(多少、勘違いが含まれているとは思いますが、)
最終的には、筋力を付けることが必要とのこと。ただ、筋力が大事というと、ずっと力を入れて固定した状態を長く続けることで筋力をつけようとする人がいるが、(ダンベルを上下する動作をした後)、力を入れる、脱力する、力を入れる、というのが大事。だからセーハするコードを押さえたり、指を離したりを繰り返したほうが筋力をつけやすいとのこと。

また、苦手なコードばかりを押さえる練習をするより、その周りのコードも練習した方がいいとのこと。コード進行の流れがあるのでこの話は納得しました。

颱風が迫ってなければ、少し講師の鈴木さんとおしゃべりをしてから帰ったんですが、天候を考えると居残りも出来ず、速攻で帰りました。

この日は予定通りであれば、姉を夜10時発の夜行バスに連れて行くはずであったのですが、結局姉は次の日の新幹線に変えたので、次の日は盛岡駅まで姉を送り届けました。それでちょっと疲れて更新をサボっていました。でも23日の東北自動車道は走りやすいいい天気で、姉の変更は多分正解でしょう。



おまけの動画。

スガシカオさんが、夜空ノムコウを封印したそうです。SMAPが解散した今、歌詞がなんとなく意味深ですね。

鬼のいぬ間に、SMAP解散か。

例によって、妄想記事ですので、眉に唾をつけてからご覧ください。準備出来ましたか?

8月14日に、SMAPの解散が報道されましたが、おそらくは、お盆期間中であること、世の中がオリンピックでおそらく大きな反響は出ないだろうことを考えて、この日に発表したんでしょうが、このような記事も見つけました。

キムタク ハワイ滞在中に解散正式決定…メリー&ジュリー両副社長と現地合流?

タイトルに鬼のいぬ間にと書きましたが、木村拓哉が鬼だと言うつもりはありません。私が考える鬼は別の人です。ご想像にお任せしますが、多分想像している人でしょう。

全員が揃う唯一の番組SMAP×SMAPでは、木村拓哉と香取慎吾が顔を合わせないとか、香取慎吾が表情が死んでいるだとか、メンバー間の亀裂がもう隠せない状態だったらしく、テレビ局関係者からは解散を歓迎する向きもあるとか。やっぱり、SMAPにはジャニーズを追い出された飯島マネージャーが必要不可欠だったということでしょう。

SMAPは解散が決まりましたが、12月いっぱいはジャニーズ事務所に所属とのこと。普通は解散したら事務所から出るのが自然に思えます。木村拓哉以外がジャニーズ事務所を出て、前マネージャーと一緒に独立したら、それぞれハッピーになれそうな感じもするのですが・・・・。
芸能事務所は、独立して個人事務所を立ち上げると、その個人事務所に所属する芸能人を使わないようにテレビなどに圧力をかけることが多いですから、もうこうなったらSMAPメンバーは独立したらいいのに、とは私はいえません。でも、おそらく飼い殺し状態になる可能性もあるので(あの副社長ですから)、残るも地獄、出るも地獄というところでしょうか。



FE83-sol予約受付中みたいです。どうしようかな?

先ほどコイズミ無線を見ていたら、FE83-solなるユニットが予約受付を開始したみたいです。

FE83-sol予約中みたいです。どうしようかな?
コイズミ無線・FE83-Sol

FE-103solはなかなかいい音のユニットでしたから、予約しようか、どうしようか。



おまけの動画。シラミ騒動

埋め込みコードが無効になっていたので、リンクしておきます。

予約受付中のこのベスト盤に、シラミ騒動が入っているそうです。



コイズミ無線では、小型特殊スピーカーの処分価格販売も行われています。
秋月電子で200円で販売された例の銀色コーンユニットがコイズミ無線では500円くらいで販売されてましたが、8/13現在で230円となっていました。もしかしたら、こちらも手に入れるチャンスかも知れません。

本年度の田舎館村の田んぼアート

10日の日は、弘前大学病院へ通院したのですが、帰省している姉が、病院についていくから、その後田舎館村へ連れて行けと要望がありました。

ということで、昨年に続いて田舎館村の田んぼアートを見てきました。

ただ、うっかりして、デジカメを持っていくのを忘れてしまったので、ネット上の記事をリンクしておくので、そちらの写真をご覧ください。

青森・田舎館村の田んぼアート、人気沸騰の裏に悩み 企業が絵柄、村民「蚊帳の外」・日本経済新聞

南津軽郡田舎館村役場(第1会場)ではNHKの大河ドラマの真田丸でした。草刈正雄と並んでいるので、もう一人は主役の真田昌幸と思って見てしまい、似てないなと感じてたんですが、よくよく見たら、大一大万大吉の旗印。目立つ人物は石田三成でした。

昨年度と違い、4階から役場の3階屋上のテラスに出ることが出来るようになっていました。そして、そこまでの値段が300円。昨年度まではそこがなかったので屋上までが300円。今年は屋上へ行くためにはさらに200円。4階テラスの工事などでお金がかかっているででしょうから値上げもやむなしですが、できたら4階テラス200円、屋上へは追加100円で実質値上げ無しだったらもっと良かったと感じる。

田舎館村道の駅(第2会場)はシン・ゴジラです。こちらは値上げはなく昨年度と同じ300円でした。

・・・・・

それにしても、リンクした新聞記事、ちょっと考えさせられます。小さな集団ほど、自分たちが楽しんで祭りをしないと後に続かなくなってしまいそう。今まで、第2会場はコマーシャルな題材でしたので、第1会場は、芸術的な感じのものに戻してもいいかもしれないと、見ている立場としても感じる。



おまけの動画。

東京に住んでいる人が羨ましいな

シン・ゴジラ、実際はヒットしているんでしょうか? 8/1に弘前のイオンシネマで鑑賞してきた時は、月曜日で200円引きだというのに、座席の半分以上が開いていて、どうなんだろうと思っていました。これは田舎だからかな? でも、パンフレットは売り切れ状態でしたから、土日は沢山のお客さんが来ていたのは確かなのかなとも思います。

今日、ネットを覗いていたら、こんな記事を見つけました。

「庵野やめろ~!! わああああ庵野ォォォォ!」って叫んでもいいシン・ゴジラ上映会の実施が決定

アオイホノオは、秋田県では放送されなかったんですが(BS放送除く)、ネットで後から確認したり、DVDをレンタルしたりして庵野秀明と島本和彦の青春時代(を再構成したものか?)は、知識として頭に入っています。「庵野やめろ~!!」・・・・・・。目に浮かびそう。

しかも、島本先生、覚悟を決めて発声可能上映会に挑む決意をしたみたいです。

いやー、見たい。シン・ゴジラをネタに、島本先生ご本人によるアオイホノオごっこ。

誰か、実況を何分割かして、ユーチューブ等にアップしてくれないかなー。行けない私のような人のために。



おまけの動画。


『Under the Willow』、板のカットをそろそろ頼まなければいけないが

Stereo誌8月号届きました。目指せ、『Under the Willow』で、コンテスト用の構想ができていることは明かしましたが、のんびりしているうちに、あれ、締め切りに間に合わなくなりそうだぞ、という状態になってきました。

地元のホームセンター、コメリ・パワー店で板のカットを頼んでいますが、どうも夏休み期間中はホームセンターも忙しいようで、毎回1回はちょっと忙しいからと言われてしまいます。カット完了に最低1周間は見たほうがいいでしょう。

私の地元のクロネコヤマトは自作スピーカーでも取り扱ってもらえません。(でも、音工房Zのキットにユニットも着けて注文した場合、クロネコヤマトは我が家まで配送してくれました。企業が使う場合はいいのかな?) 佐川は我が家から結構遠い場所に店舗がありますから、できれば避けたい。となると郵パックしかありません。

郵パックでは極端に大きい物は扱えませんから、大きさもあまり極端に大きくならないようにしなければなりません。ということは、共鳴管は折り曲げて音響迷路よりに作成しなければなりません。となると、バックロードよりは部材も少ないけれどそれなりに部材も多くなり、組立にも時間がかかります。その時間も考えに入れるとそろそろカットを頼んでおかないといけないようです。それにお盆期間中は、製作はできなくなりますから、その分を考慮にいれるのも忘れてましたし。

とりあえず、設計をしなければ。ああ、実験もっと早くやっとけばよかったな。

・・・・・・・

じつは、もう一つ、見かけだけの小さなスピーカーも作ってみたくなっていて、最初はスピーカー再生研究会にはそれを出そうかと考えてたんですが、それはいつになるかな。



おまけの動画。
先日行った、ウクレレワークショップの先生のすずきあきとしさんの動画です。


ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目

8/6は、市民文化会館でウクレレワークショップが行われる日です。ちょっと風邪気味だったんですが、参加してきました。

ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
文化会館に入ると案内板がありました。

ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
私が選んだのは中級コース。その前に行われていた講座の名残がホワイトボードに残ってます。どうやら初級はコードストローク中心のようですね。

中級コースは、弾き語りコースとのこと。

ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
コードは伴奏なので、長く響かせるために抑えたままということを説明しています。

ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
バドキン奏法(コードの3連符)についても説明がありました。ウクレレではよく出てくる奏法だそうで、近い奏法としてはフラメンコギターだそうです。

1時間ほどで終了です。
ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
講師の鈴木先生です。ちょっとピンぼけ気味になってしまい、ごめんなさい。

ウクレレワークショップ in 大館市民文化会館1回目
一緒に記念撮影も行ってきました。



おまけの動画。

M800の初音出し (8/3タイトルの変換ミス修正)

M800エージング用仮エンクロージャー
ようやく音出し用の仮箱ができました。

M800の発音出し
幅の少ない板に、自由錐(自在錐)で穴を開けたため、縁に近いところは板がむしり取られた感じになりました。ほぼ5mmの幅ですから、むしれてしまうんでしょうね。できれば1cmは幅がほしいところです。でも端材利用ですから贅沢はいえません。こちら側は箱の内部にすることにします。

M800の発音出し
木工ボンドがやたらはみ出しています。どうも最近木工ボンドの貼り付け技能が落ちています。

箱がまだ完全に乾いていないと思うんですが、早速音出ししてみました。

・・・・

普通に音楽が聞けますね。まあ、F0が105Hzですから、エレキベースの音域100Hz周辺は密閉箱に入れても出てくるはずなので、普通に聞けるんでしょうね。でも、うまく説明できないんだけど、面白みはあまり感じられないのは、私の駄耳のせいだろうか?

やっぱり、もっと大きい箱に入れて、もう少し低い音域まで出したい感じがする。


最近、コンビニコミックのこれをまた読み始めています。

その中(現在5巻目ですが何巻に載っているのかは忘れました。)に、日本料理を修行した料理人が薄味のラーメンを作って失敗する話がでています。和食のコースでは、コース全体で満足感を与えなければならないので、味付けは控えめにするのが基本です。でもラーメン店はラーメン1品で満足させなければならないので、薄味では駄目、という結論でした。
スピーカーに置き換えると、ずっと音楽を聞かなければならない人なら、あまり特徴の無い音を出すスピーカーのほうがいいでしょう。でも短時間だけ音楽を聞くのなら、少しクセのあるバックロードなんかが効果的に働いたりするのかな、なんて考えたりします。
※あくまでも少しのクセです。クセだらけではどんなに短時間でも聞けたもんじゃないですから。

私自身は、高級スピーカーの音を聞く環境ではないので、多分少々クセのあるスピーカーが好みになっているような気がします。
でも、澄んだ高音を出してくれる103solは、クセがないけど好きなユニットです。



おまけの動画。

ラーメンの歌があることは、ネットでググッて初めて知りました。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3405位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
753位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始