もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

オカリナ音楽祭の追加動画

私の所属しているウクレレサークルには、指導者はいません。なので、発表会を録画したりなんかはしないんですが、参加した一部のサークルでは、きちんと録画してアップしていました。

ついでですから、紹介することにします。

フルート演奏です。

なんか、低音が減ってしまって、あの場所で聞いた演奏とはちょっと違って聞こえてしまいますけど、録音技師が記録したのではないでしょうから、その点は仕方ないかな。


続けてオカリナに持ち替えての演奏です。

この人の前に演奏したグループです。


なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか?
スポンサーサイト

本日は大館少年自然の家で、オカリナ音楽祭

本日22日は、オカリナ音楽祭でした。

とはいっても、デジカメ持っていかなかったので、オカリナ音楽祭のチラシのリンクを。

文化会館でのウクレレ講習会の後、熱心な(ある意味強引な)おばちゃんに負けて入ったウクレレサークルの発表会の一環ということです。ちなみに、ヒット・オーシャンズというのが誘われたサークルです。

今回はタイトルで分かる通り、メインはウクレレではなく、オカリナです。

ちなみに、オカリナという楽器は、バスレフダクトの開口面積を変えることによって音階を出している楽器だそうです。一応ここはスピーカーブログなので、無理やりスピーカーの話題に結びつけてます。

ただ、楽器の方は、息を吹き込むのを止めると音が止まりますし、柔らかい唇の加減である程度吸音しているのではないかと思います。そう、楽器の方は演奏者のテクニック次第ですが、演奏者が制振の量を変えることが出来るんです。しかし、スピーカーの方は、完成させたら、後はユニットの制動力に期待するしかありません。

振動板を軽くし、磁気回路を強力なものにすると、ユニットの制動力を上げることが可能だそうですが、そのようなユニットは低音不足になってしまうことが多いです。本当にこの世は、あちら立てればこちら立たずです。

話をオカリナ祭に戻します。

口から息を吹き込む楽器って、音量が大きくていいですね。ウクレレなんて、比べると音量は小さいですね。音量が大きい方がいい感じに聴こえることもあるので、ウクレレはなんとなく不利。マイクで持ち上げることもある程度は必要でしょうね。そんなことを感じました。逆に言うと、結構ミスしたので、音量低くてラッキーという面もありますが。

それから、普段聞くことのできない二胡という楽器の音を聞けたのも良かった。フレットレスで、弓を使って演奏しますから、ある意味、弦楽器らしい音と感じました。フレットで区切られた音階ではなくなめらかにつながる旋律が弦楽器らしい響きと私は感じました。

それと、最後の方に出た、フルートとオカリナの演奏をした人がもうほとんどプロでないかというくらい上手な人だった。その演奏を聞いただけでも参加した甲斐があった。

なんか、秋にもウクレレオカリナ祭があるようなので、大館市に住んでいる人は、お墓参りの時間をちょっとずらしたりして(確か彼岸の中日にあたりそうでした)見学するのもいいかもしれません。



おまけの動画。

過去のオカリナ祭のユーチューブ動画です。

だれか、サイレントダクトを使用した人います?

しばらくの間、バスレフについて考えていました。

私の立場は、プア・オーディオなのでフルレンジ1発にならざるをえないので、箱の工夫で、低音を持ち上げてやらないと音楽がつまらなくなってしまいます。ですから、共鳴を使う方式については一部のマニアは嫌いますが、私にとっては必要悪どころか、絶対必要です。

多少、kenbe氏のバックロードバスレフもどきに手を出したりしてますが、どうもバックロードホーンのように広がっていく音道は低音強調効果が大きい感じがします。それもある程度広い帯域で。ですから、今のところ、共鳴を利用する箱で一番好きなのは、石田式バックロードバスレフです。これは、バックロードの箱としては、部品数が少ないことも好きな理由です。なんといっても私の追求は、プア・オーディオ。ダクトを絞ることによって低音の質を調整できることもいい点ですね。

ただ、どうしても、バックロードバスレフは箱が大きくなりがち。ですから、箱をあまり大きくできないときには、単純なバスレフ箱にしたりします。

・・・・・・

話を戻して、と。

バスレフについて、色々検索していたら、こういうバスレフダクトが見つかりました。わかっている人はとっくに知っているでしょうが。

サイレントダクト 製品紹介


ダクトの管共鳴を、共鳴管で取ろうとしたら、他のメーカーに特許を取られたので、管共鳴をヘルムホルツ共鳴器で取ることにした製品だそうです。

ダクトの入口と出口にテーパーを付けることもバスレフダクトのクセの軽減に関係するそうなのでその効果もありそうですね。

このダクト使ったことのある人いますか。効果はどの程度なのか知りたいものだ。



おまけの動画。


ジェイクのウクレレは、ハイG。4本弦を全部引いたとしても、ハイGなので、3音しか重なっていなかったりします。それでも、かなりクィーンのボヘミアン・ラプソディを表現しているのはさすがというしかない。

削除記事

安いクランプ発見かと思ったのですが、百均でも同じ大きさのクランプがあり、そちらが安いことがわかったので削除。



でも、奇特な人がクリックして買い物してくれるかもしれないから、アフェリエイトはこのまま晒しておきます。

4/20削除。

バスレフのFdでグライコを使うのはちょっと怖い

バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかなの記事に、suzukiさんからコメントが付きました。そのコメントも参考にしながら、バスレフのFdの動作を考えていたら、思い違いをしていたことに気が付きました。

バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかな
前回の記事でも使わせてもらった、Korvaさんの記事からの画像をもう一度見てください。

バスレフの強調周波数Fdではインピーダンス(交流での抵抗と考えることが出来る)が下がっています。ですから、電流は流れやすくなります。そうだったら、ユニットの出力が増えても良さそうなのに、ユニット出力を表す緑の線は下がっています。
なんで電流がいっぱい流れるのに、ユニットは動きづらくなるのだろうと考えていたんですが、Fdではユニットに電流による電磁力以外にも力が働いていたからだったんですね。

「DIY-Sound 自作スピーカー 手作りの音を楽しみましょう」という、わりと有名なスピーカーホームページがありますが、そこの、
スピーカーエンクロージャ:バスレフ型スピーカーのところに、バスレフの動作を説明するGIF画像がありました。ちょっと利用させてもらいましょう。

バスレフのFdでグライコを使うのはちょっと怖い
ピストンがユニットの動き、おもりの動きがバスレフダクトの中の空気塊の動きを表しています。ユニットとは逆相の動きをしているので、バス・レフレックス(バスはベースつまり低音、レフレックスは位相反転のことらしい。)、略してバスレフと呼ばれているわけです。
このモデルは、長岡鉄男氏も使っているモデルですので、おそらくかなり広まっています。でも、いろいろなことを考えると、現実は違う部分もあります。

もし、空気ばねがこのバネモデルと同じ動きをするのなら、ユニット出力が減るはずがありません。空気ばねに押されてユニットもFdでの出力が上がるはずです。でも実際は逆になっています。

モデルというのは、現象のある1面をわかりやすく説明するために使うものです。ユニットの振動とは逆位相でバスレフ内部の空気塊が動くという1面をわかりやすくするために使用しているもので、その他の部分まで説明できるものではないようです。ですから、このモデルでユニットの振動板に働く作用を考えてはどうやら良くないらしいということが感じられてきました。

・・・・・・

ユニットの振動板に働く力は、単純に空気室内の圧力です。Fdでは、ダクト内の空気塊が飛び出したとき、飛び出した空気の体積分、空気室内の圧力が下がります。ですからユニットの振動板が外に飛び出たいのに、空気圧が下がるので、ユニットの振動板は逆に引っ張られます。つまり、バスレフのFdでは、ユニットの振動板は、アンプから送られてくる信号とは逆に動く向きの力を空気室内の空気から受けるということです。

・・・・

電動ドリルの刃が引っかかって止められてしまうと、モーター内の磁界の変化が止められてしまいます。すると、コイルは単なる導線と同じになり、一気に電流が流れて、最悪の場合、コイルが焼けてしまいます。

同様のことがバスレフのFdのときに起こります。その結果が、Fdでのユニット出力の減少になり、ユニット出力が減った事によって、インピーダンスは下がります。

・・・・・

ですから、バスレフスピーカーで、Fdの周波数をイコライザで強調することは、ユニットにとってとても危険なことだということが理解できました。

勿論、バスレフではFd以下の周波数はばっさりカットされてでなくなりますから、その帯域をイコライザで強調するのがいけないのは当たり前です。でも、バスレフのFdも、イコライザで強調するのは危なそうです。

さて、この考えは正解なのかな。

バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかな

F0の問題点は、もしかしたら波形(音色)なのかなの記事にSuzukiさんからコメントが付きました。

アンプ側から見ると、バスレフのFdではインピーダンスが下がり、ダクトを駆動するために電流をたくさん流さなければならなくなるという内容でした。

・・・・

ということは、Fdではユニットの振幅は大きくなるんだろうか? なんとなく、(シングル)バスレフの音は、制動が効きにくそうな感じがしてきた。

関連情報を探して、検索してみたら、Korvaさんのホームページのメモのページが出ました。

バスレフポートの負荷のかかる範囲と音色、付帯音ついての研究

FE103ENのシミュレーションで検討しています。そこから画像を借りましょう。

バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかな
今はなくなってしまった、アプレット版のスピーカーシミュレーションで検討しています。ということは、けっこう過去の記事です。
青い線がバスレフダクトの出力、緑の線がユニットの出力、赤い線がインピーダンスです。Fdはインピーダンスの2つの山の間の谷の底になっています。確かにインピーダンスは下がるので、ユニットにはたくさん電流が流れることになりそうですね。でも、ユニットの出力は下がっていますね。ということは、ユニットはあまり振動しないということになるのかな? かわりに、ダクト内の空気の塊が振動するということになりますね。

やっぱりバスレフは制動を効かせにくいのかな?

そういえば、あんまり深く考えずに作ったこのバスレフ箱、そこそこ聞ける音だったようなきがする。
バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかな
前面と側面をA4用紙と同じサイズにして作ったFF85WKのスリットバスレフの箱です。

メーカー推奨箱より、ちょっとだけ容量が大きくなっているので、より低音が出るようになっていたはずです。もう設計図もないので、何HzをFdにしたかも覚えてないけど、容量を大きくした分制動の効かない低音になりがちなので、スリットダクトにしたのは正解だったかもしれないと今更ながら感じたりする。バスレフはやっぱり何らかの方法で、制動をかけてあげる必要があるのかもしれない。

浅田真央引退で思うこと

昨日4/11、浅田真央の引退が報道されました。

私はテレビ朝日系を見ていたんですが、夕方のニュースがそれ1色。おかしい。トランプ関係も、北朝鮮関係も、森友学園関係も、まったく無視して、浅田真央の生い立ちやら、過去の大会の映像だとか、ニュースの時間に延々と紹介されていました。

・・・・・・

テレビ朝日。報道機関として、それでいいのか? 私は後でネットニュースで、アメリカの空母が北上していったというニュースを見つけたけど、本来ニュースの時間では、そういうニュースを報道するべきではないの? やめた人に厳しいことは言いたくないけど、大会であまりいい成績が出せなくなった後、休養して、現役を続けるかどうかの質問に「ハーフ・ハーフです」と言っていた、もうモチベーションの無くなった選手をそんなに持ち上げる必要はあるのか? 復帰後も、やっぱり休養が響いて、予想通りの結果だったわけで、フリーで挽回したからすごいというのは、真面目に規程もフリーもいい成績が出るように、休まずに取り組んでいる他の選手に対しておかしいのではないかと思ったりする。

さらに、ニュースの時間に延々と浅田真央の過去の大会映像なんかをけっこう紹介したのに、さらに緊急特番で「ありがとう!真央ちゃん」を放送すると言う。

・・・・・

ちょっと待て、だったらニュースの時間にあんなに時間をかけて過去の大会の映像なんかを流す必要ないだろ。もう緊急特番を見た後みたいな感じに、なっちゃんだけど


・・・・・・

なんというか、個人的には、あまり成果を出せなかったけど、現役を長く続けた村主章枝選手が引退したときの扱いとあまりに違いすぎて、テレビ朝日の放送の過熱ぶり、力の入れすぎに違和感しか感じない。

・・・・・・

やっぱりというか、緊急特番の視聴率は恐ろしく低かったようです。

テレ朝の緊急特番「ありがとう!真央ちゃん」視聴率は5・7%

やっぱり、そんなものか。

でも、テレ朝ではないけど、今日も浅田真央引退特番があるみたいです。

・・・・・・・

うーん。北朝鮮あたりで紛争がいつ起きてもおかしくないのに、テレビ放送は平和だなー。

でも、一部ではテレ朝の報道ステーションの曜日替わりのコメンテーターにとの噂もあるようですが、浅田真央のコメンテーターとかスケート解説者のイメージはわかないな。

浅田真央が出てから、スケート協会の黒字が大幅に増えたそうで、スケート協会にはおおいに貢献しているのは確かなので、スケート協会での仕事をすればいいのではないかと個人的には考えたりします。

F0の問題点は、もしかしたら波形(音色)なのかな

一部の人のブログでは、F0や、シングルバスレフから出る低音の問題点として、音色を上げている人もいたような気がします。

音色の違いは実は波形の違いのようです。

楽器の音の波形で検索したら、このページが見つかりました。

2-4 楽器の音を解析してみよう

ピアノの波形、マリンバの波形、トーンチャイムの音、バイオリンの音の波形を見ることができます。

楽器として最も単純な作りの音叉を楽器にしたトーンチャイムはほぼサイン波となっていますが、他の楽器では倍音成分が含まれるので、1周期分の波形の中に細かいぎざぎざが見えています。

・・・・・

ユニットのF0共振にしても、(シングル)バスレフにしても、1質点の共振です。バネに吊るした重りの振動と同じで、サイン波の振動です。ですから、F0や(シングル)バスレフ強調周波数では単純なサイン波になってしまう可能性があります。

・・・・

幾つかの種類の楽器が同時に鳴っていてもフルレンジ1つで表現できるのは、楽器の音波の重ね合わせした波形を表現するからで、あちこちギザギサした波形になっているはず。それから楽器を聞き分ける耳と人間の脳は大したもんです。

でも、F0共振や(シングル)バスレフの共振が強すぎると、その共振部分が単純なサイン波になってしまい、楽器そのものがわからなくなる可能性があるんじゃないかな。よくわからないけど。

バスレフの欠点でベースの音階がわからないということを書いている人もいましたが、個人的にはそれはありえないと考えています。バスレフで強調される周波数は1つで、その周辺を含めても音階で3つ程度でしょう。3つの音階だけわからなくなる可能性は否定しませんが、もしベースの音階がわからないのなら、制動が効いていないボーボーした低音が原因で、バスレフの設計に失敗したということではないかと個人的には考えます。

F0を潰すということの意味は、こちらのほうが可能性が高いのかな。どうなのかな。



おまけの動画。



今更ながら、F0のお勉強

kenbeさんのブログで、「F0を潰す」という表現があり、それについてコメントで質問したところ、29日にでもお話しましょうという返事でした。塩ビ管スピーカーオフ会、ついで、次の日の訪問よろしくお願いします。

でも、こちらの方として、まったく調べないわけでは良くないだろうと、ちょっとだけF0のお勉強といきますか。

音工房Zの大山さんの以前からあるホームページ、スピーカー追求道に、
F0、Fゼロ、エフゼロとは
という解説ページがありました。

>この値はユニットの口径の大きさ・振動板の重さ(M0)・ばねの強さ(S0)で決まります。ここでは磁気・電気回路は一切関係しません。

一応公式があって、

F0 = 0.16√(S0/m0)

という式になるそうです。ただ、m0は公表されていることが多いんですが、S0はほとんど公表はありませんね。公式を暗記する必要はなさそうです。それにもともと、F0の方は公表されますから。

どうやら、ダンパーとかエッジとかがバネに当たり、振動板がおもりということになり、バネにつながれた振動板の共振する周波数ということのようですね。

ユニットにF0の周波数の信号が流れると、共振が起こりますから、信号以上の大きさで振動板が震えるということになります。大袈裟に言うと、F0では野放図にユニット振動板が動くということです。

・・・・・

kenbeさんが言う、「F0を潰す」ということは、もしかすると、ここが関係しているのかな? 野放図に振動するのでは、質の悪い音が出そうな気もする。

ただ、フルレンジなら、多少は制動が効いているのではないかとも思われるのですが・・・・・。
※ちなみに、少々の意味なのに、多い少ないと書くのは何故なんでしょう? Why~。日本人なのにわからないよ~。

とと、話を戻して、フルレンジなら多少は制動が効いているのではと書いたのは、

・・・・・

磁界の中でコイルが動くと、起電力が働くからです。その起電力は、コイルの運動を妨げる向きに働きます。これは作用・反作用の一種です。
逆起電力が働くということは、F0付近での振動を妨げる向きに制動が働くということになると思います。

逆起電力が働いたことは、インピーダンス測定で、F0に山が出ることでも理解できると思います。

・・・・・・

ということは、F0のインピーダンスの山が高いほうが、F0での制動が効いているユニットということがいえるのかな?
それとも逆かな?

ただ、なんとなくウーファーユニットのほうがインピーダンスの山が低いような気がするし、ウーファーのバスレフのほうがボーボーした音が出るのかなと(まだあまりウーファーバスレフを作っていない私は)妄想したりしてます。



おまけの動画。

最近購入した、タイマネのアルバムに着いていたDVDにはいっている映像です。


現在入荷がないようで、しばらく待たないと購入できないかもしれません。

同じ津軽文化圏だけど・・・・

4/5の水曜日は、2ヶ月に1回程度になった弘前大学病院通院日でした。大館市には診察してくれる医者のいない形成外科(整形外科ではない)なので、経過観察と少々の薬を出してもらうために、片道1時間ほどのドライブでした。これが秋田市の日赤病院に行くなら、私の運転では3時間は考えないといけないだろうな。

時々、弘前に来るので、大館市も同じ津軽文化圏だと思うんですが、けっこう違いも目につきます。まあ、大体が行政関係の違いですが。

秋田県発祥で、弘前にも出店しているイトクというスーパーマーケットや、大館市ではビッグに店舗が変えられてしまったんですが、弘前ではまだ名前が残っているマックスバリューというスーパーマーケットで買い物したときにびっくりしたことは、弘前の方ではレジ袋も有料で、買い物したときに何も袋を持っていかないと、レジ袋の値段も会計に強制的に入れられます。大館市ではレジ袋は無料で、ビッグでは買い物袋を持っていくと2円安くなりますし、イトクではポイントが(何ポイントつくかは忘れた)つきます。

私の姉は東京のとある場所に住んでいますが、ゴミの分別がかなり厳しいらしく、スーパーで買い物すると、トレイから自由に使えるポリ袋にどんどん移して、トレイはスーパーのトレイを入れるゴミ箱と言っていいかわからないんだけど、スーパーのトレイ入れに捨ててくるそうです。青森県はそこまで厳しくないとは思いますが、ごみ減量のためにレジ袋が有料(と言っても2円とか3円とかのようですが)なんでしょう。

後びっくりしたことは、弘前大学病院の駐車場は、通院患者でも駐車料金は無料になりません。安くはなります。帰る前に駐車券に判を押してもらうと、100円になります。でも、大館市立病院での駐車料金のようにタダにはなりません。
・・・・・
大館市立病院は、地方の病院はほとんどなんでしょうが、行政から補助を受けているのに赤字です。大館市立病院いつまで駐車料がタダなのかなー。(ちなみにお見舞では駐車券に判は貰えないので、正規の駐車料金を払う必要があります。通院と、入院患者の家族のみです。)
そういえば、大館能代空港の駐車場も無料だった。それは他の都市では珍しいらしいですね。大館とか、秋田県だからなのかな。

それとちょっと頭にきたこと。
弘前大学病院の近くのガソリンスタンドの看板の料金を見たら、

・・・・

大館市では、弘前でのハイオクの値段で、レギュラーガソリンを売っていた! なんてこった!

ガソリンスタンド関係者はこのブログを見ているはずないんだけど、反省して、早くガソリン代を下げてくれい!

秋田県もけっこう広いな

ようやく玄関前の雪は消えてくれましたが、家の裏にはまだたっぷり雪が残っています。

先日、私用にブログを使い、事務連絡をしたところ、メールで横浜に直行しているのでオフ会で待ち合わせかと思っていたとのこと。

夜行高速路線バスの降りる場所を変更しましょうかとメールできましたが、私の方から、オフ会で待ち合わせしましょうと連絡しました。

なんでこんなことになったかというと、大館市発の高速路線バスと、秋田市発の高速路線バスは完全に路線が違うため。

私が乗る夜行高速路線バスは、能代市始発、大館、花輪経由で、降りることが出来る停留所は大宮と池袋です。

Aさんが乗る高速夜行路線バスは、殆どの高速路線バスが停まるバスタ経由なので、おそらくそこに来るのかなと思っていたためです。いやー、秋田市の夜行高速バス、大館と違って複数あるから停留所が調べきれないこともあるし、もしかしたらメールの確認し忘れもあったかもしれない。

・・・・・

秋田県は、けっこう移動に時間がかかってしまう、困った道路事象の県です。
私の住んでいる場所は、大館市でも北の外れに近い、青森県との県境から10kmあるかないかの場所です。
秋田市までは、移動時間は2時間はみないといけません。秋田市に行くより、弘前に行くほうが近いという場所柄、はっきりいって津軽文化圏だと思います。

秋田県民歌で、「秀麗無比なる 鳥海山よ」という歌詞がありますが、大館市からは鳥海山なんてまったく見えません。だから津軽文化圏なのも仕方がありません。

そんな感じなので、メールで連絡を取ってますが、Aさん、仕事が忙しすぎるのか、慎重の上にも慎重なタイプなのか、メールの返事がなかなか返ってきません。

まあ、まだ日時がありますからなんとかなるとは思ってますが。

・・・・・

ご近所だったら顔を合わせて連絡も出来るんだが、秋田県もけっこう広いな。
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
765位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始