もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

端材の処理

端材の処理
自由錐の繰り抜いた後の板を寸断したものや、後使わない木製ダクトを寸断したもの、自由錐の作業の際に捨板として使った穴だらけになった板を寸断したものが、コンビニのレジ袋いっぱいになったので、燃やすことにしました。

端材の処理
自作のウッドガスストーブで燃やします。最初は着火剤で盛大に燃やします。この時はかなりくすぶります。着火剤はこのウッドガスストーブでは空気不足なんでしょうね。

端材の処理
着火剤が全部燃えると、蒸し焼きにされた木から出る燃焼ガスが燃えます。こうなるとあまり燻らなくなります。

最も端材の処理で燃やしているので、後から木片を突っ込んでいるので、木片を追加した時はちょっとくすぶります。でもここは田舎なので、あまり気にしないで燃やしてます。

何をしているかとお隣さんが覗きにきましたが、あまり煙が出ない焚き火に感心してました。普通の焚き火よりは煙は少ないと断言できます。

まあ、薪ストーブの家もちらほら残っている田舎ですから、許される処理なのかもしれません。

最終的には、熾火が残ります。そうなったら、ミニ煙突にしている缶詰缶を外して、コンクリートブロックで蓋をして火が消えるまで放置です。後で家庭菜園(のようなもの)に撒き散らしておしまい。

コンビニレジ袋にはまだ半分残ってます。明日も遊べます。


おまけの動画。ジェイク・シマブクロのコードストロークは速いですね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
725位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始