もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌2ウェイダクト調整2

前回のアップから結構時間が立ってしまいましたが、まだ調整を続けています。

カノン5Dさんはひとつの要素を変えながら測定し、どこを変えたらどういう影響が出るか科学的にバックロードバスレフに迫っています。
バックロードバスレフについて

でも私の方は、ある程度の音に持って行って、貰ってくれる人がいないかなという考えのもと(でないとまた解体になるので)、あくまで調整として取り組んでいます。ただ元の音がまともでないと結局は何をやっても駄目かも。
Stereo誌2ウェイダクト調整2
前回のダクトの長さを3cm延長しました。
Stereo誌2ウェイダクト調整2
測定結果はこうです。相変わらず200Hzが盛り上がったままです。100Hzくらいも同じくらい出ているなら好みの音になるんですが。

Stereo誌2ウェイダクト調整2
ガムテープで更にリングを固定し、3cm伸ばします。
Stereo誌2ウェイダクト調整2
ほとんど変化なしです。

やっぱりダクト開口を小さくする必要を感じます。

Stereo誌2ウェイダクト調整2
しかし、自由錐ではあと数mm小さくすることが出来るだけです。

ですから、こんなことをやっては見たのですが、あまりに面倒で挫折しました。

まだ角形ダクトのほうが作るのが楽そうですね。そちらの方でやってみたいと思ってます。

kenbe氏からは塩ビ管というコメントを頂きましたが、小さくしたダクトの塩ビ管をどうセットするかに悩みます。私のように前面にダクトをつけると必ずダクトに指を入れて持ち上げることになります。ですからフェルトで固定はちょっと不安です。私の技能では。それからちょうど塩ビ管が入るように穴を開ける方法がわからない。ホールソーを使ったらいいのかな?



おまけの動画。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
788位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始