もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌2ウェイダクト調整3

角形ダクトを作ったのですが今回あまり納得の行く形にならなかったので、アップをやめようかとも思ったんですが一応アップします。

Stereo誌2ウェイダクト調整3
角形ダクトにしてより絞った形にしていますが、まずはダクト長約4cm。

Stereo誌2ウェイダクト調整3
100Hzに落ち込みがあり、さらに低音部分の出力が小さい感じです。

Stereo誌2ウェイダクト調整3
ダクト長約7cm。

Stereo誌2ウェイダクト調整3
あまり変わりません。

Stereo誌2ウェイダクト調整3
ダクト長約10cm。

Stereo誌2ウェイダクト調整3
100Hzの落ち込みはやや改善してますが、低域の出力は弱い感じです。

200Hzの盛り上がりは、改善できなかったので、ユニット前面の出力による盛り上がりのような気がしてきました。

とりあえず、前回の円形ダクトの10cmで行こうと思います。

あとは空気室に入れる吸音材の量くらいかな。私が手を出せる調整部分は。

Stereo誌2ウェイダクト調整2
ちなみに円形ダクトでの最後の調整でのPAA3簡易測定はこれです。

もう好みの問題ですね。ここいら辺の違いは。

円形ダクトのほうが見かけが良さそうなので、そちらを使おうと思います。とりあえずこんなところで終わりにしましょう。


おまけの動画。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
911位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始