もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

MX-2配線覚書6(試行錯誤4)

配線は、後もう一つのパターンが残っています。アンプから出た後2方向にわかれた部分のスピーカー端子を逆に繋ぐ方法です。
MX-2配線覚書6(試行錯誤4)

確かめたところ、中央ユニットには信号が来ません。

後図は省略しますが、左側ユニットからは『2L』、右側ユニットからは『2R』の信号になります。全く中央ユニットの意味がありません。全くつまらない結果となっています。

以上、BTLアンプ用MX-2配線を考えましたが、可能性は無しとなりました。

後、わずかな可能性としては、密閉箱にユニットを3個入れ、左右ユニットを(スピーカー4個使用したマトリクス配線の差信号用ユニットのように)配線で差信号を出すようにし、中央ユニットはパッシブラジエーターとして使う方法があるかもしれません。ただ能率がさらに減ると思うので、実用性は全くないと思います。

まあ、失敗の記録となりましたが、こんな記録もなにかの役に立つかもと思い、一応出すことにします。

MX-2配線覚書6(試行錯誤4)
現在の様子です。箱は余っていた柿渋で塗装しました。そしてユニットはFF85WKに付け替えました。

最初は箱が湿っていたためか、ユニットのエージング不足のためか、ちょっときつい音でしたが、だんだん落ち着いてきました。

とりあえずは今のところ、アンプが故障するようなことは起きていませんが、真似する人は自己責任でお願いします。

写真は、iTunesで、ブライアン・ブロンバーグを聞いているところです。正直この箱では、低音は不足気味です。

おまけ
ユーチューブにはブライアン・ブロンバーグはあまりアップされていませんがこんな音楽をやっている人です。


スポンサーサイト
コメント
No title
新ブログ移行おめでとうございます。
これからも楽しみにしています^^
2014/04/09(水) 09:46 | URL | Korva #m7jHhVPs[ コメントの編集]
No title
ありがとうございます。まだ工作環境が整いませんが、部相応にプアなオーディオを追求していきたいと思ってます。
2014/04/10(木) 07:50 | URL | kaneya #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1205位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始