もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式に行ってきました。

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式行ってきました。
私は1次審査通過できなかったのですが、思い立って授賞式に行ってきました。
最も、東京は不案内なので、kenbeさん・鈴木さん・マイルスTK(加藤)さん達の待ち合わせに合流させてもらいました。大変助かりました。ありがとうございます。
横浜での感電事故の影響もあったりして新幹線が遅れたのには参りましたが、感電した人は一体どうして新幹線の屋根に登ったんだろう? この頃は不思議なことが起こりますね。

会場でアールefuさんとも合流出来ました。

私は個人的にバックロードを作るのが好きなので、まずはkenbeさんとアールefuさんの作品を紹介します。

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式行ってきました。
kenbeさんの『トロフィー』です。この造形美は真似できません。ランダムサンダーの方がオービタルサンダーよりも削る力が強いそうなので、手に入れたほうがいいのかな。ちょっと迷います。

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式行ってきました。
アールefuさんの『RF303 アーバンビュー』です。スッキリした外観です。置き場所を選ばない感じですね。

私の耳はあまり良くありません。人より老化が早く始まっているみたいで10kHz位から上は聞こえません。その上、夜行バスで眠れなかった影響なのか、静かになるとおそらく耳の血流由来と思われる、シーというような音を感じてました。ですから、音が好みかどうかは自信を持って言えます(他人は関係ないので)が、いい音かどうかについては私個人のフィルターを通してのいい音と捉えて下さい。

バックロードにつきがちな、ぼーぼーした音、反響音のような音はどちらも全く感じられません。さすがです。また低音の伸びもどちらも素晴らしいと思います。片方はバックロードバスレフという短めで急激に広がる音道をバスレフポートで絞る方式、もう片方は2連空気室と平行面の全くない長めの音道というかなり考え方の違う方式なんですが、どちらも癖のない音を出しているのはすごいです。どちらもすごいいい音なんですが個人的にはほんの少しkenbeさんの音のほうがややくっきり感があるんですが、おそらく他の人が聞くと逆転するというような僅差だと思います。

どちらも受賞しなかったのは不思議です。何か大人の事情があるのかな?

その他の人たちで気に入ったもの。もう他の人のブログで写真が出てますから私が重ねて出してもStereo誌の営業妨害にはならないでしょう。全部紹介するわけでもないですから。

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式行ってきました。
審査員が並んでいるところも写っていることから受賞作だとわかるでしょう。賞の名称はStereo誌発表にまかせます。
佐藤愛弥さんの『tiimalasi』です。砂時計という意味だそうです。

この形には私は機能美を感じます。半球部分全体がデフューザーとなっています。実際に音も素晴らしかったです。

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式行ってきました。
見かけと音の違いにびっくりしたのがこれです。前川宗賢さんの『ウッドチップ・ボール』です。
大きな球は花火の玉皮だそうです。しかしこれだけおおきなものとなると・・・。かなり高いんだろうなと思います。ツィーターが2個隣接してますが、平面上にはないので干渉は起きないでしょう。内部にも秘密があるそうですが、私が公開することではないですね。前川さんはこの後の懇親会にも参加してくれました。

懇親会の様子の写真はkenbeさんのブログででています。私も紛れ込ませてもらいました。急に押しかけたのにいろいろ教えて下さり皆さん有難う御座いました。アールefuさん、リーフの資料有難う御座いました。鈴木さん、次の日例の安いユニットを追加購入したので、音場型のスピーカーいずれ試してみます。塩ビ管スピーカーにもいずれ挑戦しないと。いろいろな刺激有難うございました。

スポンサーサイト
コメント
No title
kaneyaさん
土曜はお疲れ様でした。
当日は新幹線の遅れがスケジュールに影響してしまいましたね。
どうやら自殺未遂だったようです。詳細は不明ですが。
kaneyaさんの作品が聴けなかったのは残念です。
受賞作を聴いて、小型2ウェイの限界を感じた表彰式でした。
2014/11/18(火) 06:42 | URL | 鈴木 #fbagzNnk[ コメントの編集]
No title
鈴木さん、こちらこそありがとうございました。
私の作品ですが、帰ってから聞いてますがちょっと音の豊かさが足りないですね。恥かかないでよかったのかも。

コンテスト後に自作を作り替えてましたが、どうしたら良いか案が浮かびません。高域の干渉を避けるためにツゥイーターに角度をどうつけるか・・。
2014/11/18(火) 09:27 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
911位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始