もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニットのバックロードバスレフは可能か?

寒い。・・・・こちらは朝起きたら4~5cmくらいの積雪でした。我が家のオーディオ部屋はこんな時はもう氷の世界で、音楽なんかを聞いている場合ではありません。

鈴木さんの共鳴管の(改悪)追試開始1
今試しているこれですが、やっぱりマトリクスよりもふつうに聞いたほうがいい感じでした。リスニングポイントが変わっても音がそれほど変わらない感じで、イージーリスニングとして聞くのだったらこのタイプの音を散らばすタイプはとてもあってます。

この格安ユニットですが、とても値段が安いので、こんなふうに気楽に使ったりしてました。
200円ユニットのバックロードバスレフは可能か?
こんな発泡スチロールの箱でも、結構まともな音を出します。低音は全く出ませんが。

古いジャバアプレットを使っているので、最初設定が必要な場所ですが、ただで使えるシミュレーションなので使っている
スピーカー設計プログラム アプレット版
でバックロードシミュレートしてみました。有志がパラメータを登録してくれているので、シミュレート出来ます。

音響迷路ならば、ベース音の帯域である100Hzは約180cm必要です。ですからホーン長を180cm、
200円ユニットのバックロードバスレフは可能か?
他の要素は適当に入れると、こんなシミュレート結果になります。
200円ユニットのバックロードバスレフは可能か?
うーん、100Hzは出たけど、その上の帯域が落ち込んでます。

音道長が180cmはこのユニットでは無理のようですね。

次は音道を短くしてどんな感じになるか確かめてから、バックロードバスレフの設計に挑戦してみようと思います。



おまけの動画。気分を悪くしたら、ごめんなさい。

クレージーケンバンド内のユニットのようです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
700位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始