もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニットバックロードバスレフ化粧箱の制作 6

今回の構想は、こんな感じでした。
200円ユニットバックロードバスレフ化粧箱の設計

組み立てをする前に、2枚重ねのバッフルの片方を着色する必要があります。

オットその前にターミナルの穴を空けとかないと。塗装前にホコリの出る作業はある程度終えておかないと。

200円ユニットバックロードバスレフ化粧箱の制作 6
ターミナルの穴を開けるために板を固定したところです。

200円ユニットバックロードバスレフ化粧箱の制作 6
穴を開けました。

200円ユニットバックロードバスレフ化粧箱の制作 6
私は個人的に柿渋の茶色が好きなので、一番小さな容器の柿渋を購入してきました。

一回フタを開けると、一夏過ぎると柿渋は容器の中で固まってしまいます。ですから、一番小さい容器が無難です。冷蔵庫に入れるといくらか固まるのを防げるらしいですが、間違ってなめたりする人が出ないとも限らない。

200円ユニットバックロードバスレフ化粧箱の制作 6

ボロ布に染みこませてこすりつけるようにして塗っています。3回塗りました。
板に黒い斑点ができてしまいました(おそらく木ねじからドリルドライバーが削った鉄粉が原因)が、今更どうにもならないのでそのままにして作業を続けることにしてます。

乾くと少し色が薄くなりますが、時間が経つとどんどん色が濃くなってくるはずです。

私的バックロードバスレフ考4
Stereo誌の書類審査を通過できなかったこのスピーカーも着色部分は柿渋です。このくらいには濃い色になるはずです。

板厚18mmなのでおそらく柿渋で濡らしても板が反ったりはしないと思いますが、念のため3日くらい放置しようと思ってます。





この動画も、2CELLOSの新作からです。
---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---

タイトルはおそらくCELLO + LOVERSE なのかなと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
788位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始