もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニットの紹介

今使っているユニットは、秋月電子で200円で販売しているユニットです。
200円ユニットの紹介
画像は秋月電子ホームページから

秋月電子では、在庫グレードアイコンや取り扱い種別アイコンも提示されています。

在庫アイコンは
200円ユニットの紹介
が表示されています。よくある質問 秋月電子通商によると、販売量の2ヶ月分を下回っているものだそうです。

取り扱いアイコンは
200円ユニットの紹介
が表示されていて、同上のページによると、特殊ルートで入荷している商品で、在庫限りの商品だそうです。

どこかの工場で製品を作ったのはいいけれど、納品先の会社が倒産でもして引き受けてのないユニットになったんでしょうか? とにかく訳ありユニットという感じがします。

このユニットは最初はコイズミ無線オリジナルユニットとして、500円くらいで販売されたものです。暫くの間売り切れ状態だったんですが、最近また販売しています。444円です。違いは、秋月電子はおそらくパソコンか、カーオーディオ用の細い配線がなされていますが、コイズミ無線では配線がありません。自作スピーカーではスピーカーの内部配線はもう少し太いコードを使うので、コイズミ無線が手間がかかりませんが、半値以下なので、秋月電子から購入したほうがいいと思います。

ユニットの性能ですが、コイズミ無線に周波数特性図が出ていました。
200円ユニットの紹介
200Hzからレベルが下がり始めているのがわかると思います。エンクロージャーに入れるとF0が上昇しますから、密閉箱に入れると、まず200Hzあたりからストンと落ちると思われます。小口径ユニットですから、低音は最初から出ないと考えるべきユニットかもしれません。

このユニットを、15cm四方程度の小さい後面開放箱に入れて音を聞いたことがありますが、当然ながら50Hzは殆ど出ません。ピンクフロイドの超有名なアルバム、『狂気』の心音は50Hzと言われていますが、ものすごく小さくカンカンという感じに聞こえました。

でも、エレキベースの音はそれなりにそれっぽく聞こえるのです。エレキベースは100Hzくらいがメイン周波数らしいので、レベルは下がっても100Hzが出ているのかもしれませんが、個人的にはこのユニットの音色が効いているのだと思ってます。なんというか、太い感じの中音が出ているように感じます。
※もう一つの可能性は、エレキベースの倍音成分からエレキベースの音を感じている可能性もあります。

私の耳は10kHz以上の高音は聞こえないので、高い方の音はコメントしないことにします。

まあ、ボーカルものならそれなりに実力を出せているのかなと思ったりしてます。



このユニットは、鈴木さんも注目しているユニットみたいです。
音場再生UP4D型(1)
この前後の記事も併せて見て下さいね。面白そうなシステムです。

ついでに、近距離で音量を上げないという使い方で、このユニットから低音が出るようにユニット自体を改造している人もいるようです。
自作7cm密閉形スピーカー(モルタル2.5ℓ-50~20kHz-2w-8Ω)特性

ダンパーをカットすることにより、コーンを動きやすくし、更にコーンに重りを貼ることによって低音がでるようにしているみたいです。わたしは怖くてそこまではやれない。

ですから、なんとか箱の工夫で50Hzが出せないかと試行錯誤しているわけです。



---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1205位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始