もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

BTLアンプでMX-2風スピーカーの可能性?

200円ユニット使用バックロードバスレフ制作 15
前回のブログの画像の使い回しをしてますが、今とりかかっている200円ユニット使用バックロードバスレフですが、3回めの塗装を終えたところです。水研ぎというのを行うとピカピカになるらしいですが、方法もわからないし、その前にサンダーがけを手抜きしているので、塗装はムラがいっぱい見えますがこれで終わりにしましょう。

今日は別の話題です。

MX-2配線覚書6(試行錯誤4)
手軽にパソコンから音楽を楽しむために作ったものですが、最初はMX-2の配線を行い、BTLアンプであるStereo誌付録アンプで駆動しました。ところが、センターがどうもズレてしまったので、配線を変えて使用しているものです。

私の配線はこれです。
MX-2配線覚書5(試行錯誤3)
中心はモノラル出力です。

MX-2配線覚書5(試行錯誤3)
左ユニットには、このように信号が届くと考えました。右ユニットは省略しますが、左右のユニットは通常のステレオ信号と考えたのですが、間違っているような気がしてきました。

というのは、私が、中央ユニットからは音が出ないと考えて無視していた回路でマトリックス回路として発表している人がいるからです。

3Dスピーカーの中央スピーカーに対するBTLアンプ動作の検討

BTLアンプでMX-2風スピーカーの可能性?
画像は上記ブログから。

この回路で実際に確認しているそうです。
この回路は、私は中央ユニットからは音がでないだろうと考えて無視していた回路です。
わたしの考え方では、アンプのL+の信号と、ユニットLを通りすぎてくるアンプのL-の信号が合体し、(L+の信号とL-の信号は逆相なので)出力0となり、ユニットCに届くと考えたからです。でも実践者によると、中央はモノラルで出力が一番大きく、左右のユニットからは差信号なので小さな音が出るとのこと。

私は信号のみを考えたけれど、回路の重ねあわせと、電流・電圧の分配も考えて見ようと思う。



おまけの動画。


---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
700位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始