もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

上々颱風を聞きながら大館市のことを考える

最近、シャンシャンタイフーンをアマゾンから大人買いしてます。結構生産中止になっている物があるのですが、かえってそれらは1円で購入できたりするので、それほどの出費ではありませんでした。ただ、最新版がなんでこんなに高額なんだろう。
---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---

4/26現在で2万円超えてるとは! 高すぎるぞー。

まあ、最近ハマった理由は、彼らはワン・アンド・オンリー。後にも先にも彼ら彼女らのようなバンドはいるのかな? 個人的には、これこそ異文化との交流の結果、さすが港町横須賀のバンドだと思います。



ちなみに私の地元大館市では、文化で町おこししようとゼロダテというNPO法人が活動してますが、・・・、私にはぱっとしません。現代芸術(美術)の卵たちですから自己満足に見えるのかもしれませんが、どうも行政主体の文化は権威とか伝統とかに縛られているみたいで、庶民間隔からズレていると感じます。

上々颱風を聞きながら大館市のことを考える
国文祭のために作られた巨大な秋田犬のオブジェですが、これで町おこしできるわけ無いと思う。ちなみに私は未だにどこに設置されているか全くわかりません。看板とかもないんです。ゼロダテの実態はこんなものです。利益が出なくてもいいNPO法人とはいえ、これでいいのかなと個人的には思います。

大館市は秋田県の中でも交通網が訳の分からない状態になってます。大館駅前はヘタすると明治時代かというくらい寂れています。大館市役所の近くに、秋北バスターミナルがあり、バス交通網の中心でしたが、現在はバスターミナルはなくなり、交通網の中心はおそらく、いとくショッピングセンター(高速バスの発着所)なのかなと思います。市庁舎の位置は交通網の中心にあったほうがいろいろと便利なんですが、市庁舎の場所は今のままに決まってしまいました。ほんとうに不思議です。

交流軸から外れた都市は寂れるそうです。現代の交流軸はやはり交通網でしょう。大館市は、鉄道も変なところにあるし、高速道路網も中心地からかなり離れています。こんな状態で、中心市街地活性化しようというのは個人的に無理と思います。でも行政が進めようとするものは、地元だけで何とかしようとするものばかりと思えます。しかし・・・・、

自分たちだけで何とか出来るんだったら、大館市の現状がこんな状態になっていないと思います。

大館市の酒蔵で、北鹿酒造がありますが、元々は地元の人間もまずい酒と言う酒蔵でした。それが金賞取れるくらいの酒蔵になったのは南部杜氏を入れてからでした。交流しないと発展がないんです。

最近は、飽きられてきてますが、北秋田市の名物にバター餅があります。元々秋田県にはバターはなかったんですが、おそらく熊の胆を北海道に売りに行ったマタギがバターを仕入れて北秋田市でバター餅ができたわけです。交流しないとこういうものもできないわけです。タラがとれない九州の方では辛子明太子というタラコを使った名物があります。これも交流のお陰です。

シャンシャンタイフーンを聞きながらやっぱり交流は大事だなと感じる今日このごろです。

大館市では、新市長が誕生したみたいです。新しい風が起こって欲しいと期待半分で見守ることにしましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
643位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始