もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

阿部さん宅訪問

以前に私の自作スピーカーを貰ってくれた阿部さんがFE103solのスピーカーを作ったとの連絡を受け、早速訪問しました。

ついでに私の200円ユニットバックロードバスレフも音出しさせてもらいました。

阿部さん宅訪問
逆光でわかりずらいと思いますが、ベッドの奥にセットしている2発使いのスピーカーです。
このスピーカーは実はバックロードバスレフで、kenbe氏のsol2発使いのバックロードバスレフに触発されて作ったものだそうです。

安倍さん宅訪問でのkenbe氏の図の訂正

この図面はkenbe氏のブログから拝借しました。阿部さんの方の音道は鉛筆書きの物は見せてもらいましたが撮影はしなかったので、言葉のみでの説明に留めます。
※kenbe氏の要請を受け、図を一部修正しました。(5/7)

ごく簡単に言うと、kenbe氏の箱を上から60cmくらいのところでカットし、下の部分をひっくり返して奥に配置した形です。
漫画図を作るのが面倒だったので、文字ではわからないでしょうが、説明してみました。

ダクトは空気室の後ろにセットされています。ダクトはまだ調整中のようです。

肝心の音ですが、私は高音部(つまり箱の工夫での低音ではなく、素のユニットの音)に注目していました。ネット上では高域が良いという評判が結構あったのでまずは高音と思ったからです。 

評判通りまったく癖を感じさせない高音でした。高域に嫌な響きがあると気になって音楽を長く聞くことはできなくなりますがsolはいくらでも音楽を聞くことができますね。solは一応私も1セット確保しているので、何時かは箱を作ってあげないといけないと感じました。ただ、試聴用に持っていった上々颱風の女性ボーカルに期待していたのですが、ボーカルにかかっているエコーが強く聞こえ、録音の良い音源を探す必要も感じました。

私の200円ユニットの方は、予め200円のユニットだからね、と強く念を押しておいたので、意外と聞ける音を出してけっこう健闘していると判断してくれたみたいです。今回の私の箱は、低音が出にくそうな200円ユニットとしては健闘していると考えて良さそうです。うまくいったらスピーカー再生技術研究会に参考出品(鈴木さんやマイルスTKさんの音場型との比較として)出してみようかなと思ってます。

阿部さん、色々と気を使わせたみたいですみませんでした。いいユニットの音、ありがとうございました。



スポンサーサイト
コメント
本日(昨日)はわざわざ遠いところをお越しいただきありがとうございました。
ダブルsolのダクトはkaneyaさんにお聴かせしたものは15㎝だったのですが、やっぱり7.5㎝の方が自然に低音がつながる気がして今は戻しております。明日辺り15㎝を切ってもう少し調整しようかと思います。

200円ユニットは高音にユニット独特のものがありましたが箱の音がそれをカバーしていたと思いました。とても200円の出す音とは思えませんでした。
今度はkaneyaさんの作った箱のsolが聴いてみたいです。
楽しみにしております。
2015/05/06(水) 01:28 | URL | あべ #-[ コメントの編集]
re:本日(昨日)はわざわざ遠いところをお越しいただきありがとうございました。
いえいえ、こちらこそありがとうございました。色々と気を使わせてしまいましたね。

箱に入れたいユニットもまだけっこう残っているのでいつになるかわかりませんが、いずれはsolの箱と思っています。

まずは今の箱、次は共鳴管の実験の箱です。
2015/05/06(水) 10:51 | URL | kaneya #-[ コメントの編集]
No title
漫画図の件で訂正をお願いします。

ダクト径のサイズが138mmφとなっていますが、市販品の100mmφを取り付けるための寸法です。ですから実質の内径は100mmより少し大きい程度です。
筒臭い音になったら、ダクトを短くするのが良いと思います。
最低域を狙わずに、質とバランスを取るつもりで調整すると良い結果が出ていました。
2015/05/07(木) 12:33 | URL | kenbe #IYwvpPnU[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
827位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始