もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニット使用バックロードバスレフ再設計 5 調整

200円ユニット使用バックロードバスレフ再設計 5 調整

どうもSA/F80AMGの音は高音が出ていないので、200円ユニットと違いすぎます。金属コーン(?)なので似ているかと思ったのですが、マグネシウム合金と比べるのは無理があったみたいです。

今度は音工房Z製のモデナダブルバスレフと聴き比べをしてみたところ、高音はこちらのほうが近いことがわかりました。ただし、200円ユニットの方はやっぱり野放図に荒れた感じで出ている感じです。

200円ユニット使用バックロードバスレフ再設計 5 調整
吸音材は値段の安い水槽ろ過材(おそらくポリエステル)を、表と裏にはさみでカットを入れたものを使いました。

ハサミのカットは気休め程度にしかなっていないと思いますが、より定在波を抑えてくれればと考えてやっているものです。

200円ユニット使用バックロードバスレフ再設計 5 調整
あまり大きくない空気室がさらに小さくなった感じです。これ以上は入れないほうが良さそうに思えてくる。

200円ユニット使用バックロードバスレフ再設計 5 調整
高音の野放図に出ている感じが治まってきて、荒れた感じが少しおさまったような気がしますが、モデナのダブルバスレフと比べるとまだ高音が荒れていることがわかりました。

更に空気室に吸音材を入れたほうがいいのかな? 悩みます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
780位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始