もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱改 製作中 2

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱改 製作中 2
片方の箱は、枠を作ってから側板に貼りました。ただ、カット後工作を後回しにしたため、板が反ってます。前面の角を固定してから板の位置を微妙に動かしながら固定していきましたが、直角が出ていない気がします。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱改 製作中 2
片方の箱は、外枠の板は3枚固定した後、側板に貼ってみました。やっぱり直角が出ていないので、貼り付けた後、端材の板の直角を利用して補正を狙ってみました。ほんの少しは解消できたみたいです。
こちらは第1スロートも貼り付けてみました。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱改 製作中 2
斜め板を貼り付けました。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱改 製作中 2
まだ木工パテで板の隙間を産めていませんが、明日ワラビ採りの後、ゆっくり行おうと思ってます。

1mm未満の段差が出ているところもありますが、木工ボンドの厚塗りで残りの側板は貼り付けることにしましょう。もう一つの箱も待っているから。

一応狙いを簡単に説明すると、

第1スロートは、音工房Zの技術VW(バリアブル・ウィドス)方式(音道の幅を変える方式)を使い、音道があまり潰れないようにします。今までの箱では低音がもう少し欲しかったから、スロートで減衰させたくなかったからです。効果はまだわかりませんが。
本気箱では斜めカットも取り入れるので、そのカットで穴があかない効果もあるかな。

空気室は斜めに板を貼ることにより、定在波の対策と同時に、コニカル音道を実現しました。でも広がり方は多分変な広がり方だと思います。側板からの定在波は残っているので、吸音材はやっぱり必要だと思います。私は使います。



おまけの動画。

---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1003位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始