もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニットバックロードバスレフ本気箱設計完了

スピーカー再生技術研究会で参考出品させて貰う予定の、200円ユニットバックロードバスレフの本気箱の設計終えました。

Q0値が約1.2という最近のユニットでは信じられないユニットなので、長岡式のバックロードでは絶対にうまくいかないと思いますが、試作箱のバックロードバスレフではまあ聞ける音にはなりました。それで、赤松集成材用に再設計しなおしました。と言っても、板厚を12mmから18mmに変えたことによる微調整と、ダクト長を15cmと決めてスリットダクトにしただけですが。

200円ユニットバックロードバスレフ本木箱設計完了

斜め板の隙間は見えないところなので、パテで処理します。

もっとも、・・・・、最近私はあまり自分の耳に自信をもてなくなってきているので、公開してから、なんだ思ったより低音が出ていないなとか、低音の質が悪いなとかあるかもしれません。なんといっても普通の箱に入れると、約200Hzから落ち込んでいくユニットです。

でもまあ、ここまで頑張ってしてみました、という感じで発表できればと思ってます。

明日、板のカットを頼みに行きますが、地元のホームセンター(コメリパワー店)は今、網戸の張替え、木工の作業代行(パワー店内で作業できるものに限ってますが)も行っているので、けっこう板のカット完成までは待たされることになると思います。

さて、Stereo誌付録ユニットのバックロードバスレフの設計はどうしたらいいかな。ワンパターンの斜めカットでもいいかなあ。




ホテル・カルフォルニア、ウクレレでもコードを分解して弾くとそれっぽくなるのかなと思わせてくれる演奏ですが、このタブ譜もどこかにないかな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
827位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始