もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱の簡易測定

ステレオ誌付録ユニットの音をそろそろ聞かないと。

とりあえず、このユニットを入れることができる箱は、と見回してみたら、
解体試作箱の処理

200円バックロードバスレフの試作箱が目につきました。

バッフルはネジ止めですから、バッフルを取り替えれば、(あと、配線をちょっといじれば)音出しできることに気が付きました。

本気箱を設計した段階で、試作箱の役割は終えてますから、いじっても大丈夫でしょう。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱の簡易測定
端材から、バッフルを制作しました。久しぶりの自由錐は緊張します。これで音出しができますが、・・・

でも、その前に、200円バックロードバスレフの特性を測ってみました。

200円ユニットバックロードバスレフ試作箱の簡易測定
測定した結果です。PAA3のダイヤルを回しながらのメモですから、50Hz以下の低音はあまり信用しないこと。ちょっと風が来ると、ものすごく変動しますし、ダイヤルを回す段階で、多少目盛が増えているみたいでしたから。

それにスピーカーからの音量がちょっと低かったみたいですね。そのせいで変動が小さく見えているかもしれません。

125Hzが凹んでいるのが気にかかるところです。



おまけの動画。

いずれはウクレレで弾いてみたい、ビートルズ、『サージェント・ペパーズロンリーハートクラブバンド』のラストを飾る曲、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』。


再掲になりますが、こんなふうに弾きたいものだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
827位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始