もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

音工房ZのZ701-FE103Solの注文しました。

私の自作スピーカーは、最初は今はなきMAKIZOUさんの8cmユニット用のバックロードから始まりました。そして、その後音工房Zのいくつかのキットに進みました。音工房Zのキットは、試作を繰り返し、練り込んだものが製品になっているため、ほぼ間違いがないことと、サービスとして木工講座も行っていることがとてもありがたい。私の木工技術は大したことはないんですが、音工房Zの木工講座がなければ、もっとレベルの低いものになっていると思います。

音工房Zからメールが届くようにしているため、新製品が出るとホームページで公開前に新製品の注文受付のメールが届きます。おそらくモニターとしてブログ等で宣伝してほしいためでしょう。最近は作ったスピーカーの置き場所に困っている状態なので、しばらく注文しないでいたのですが、今回は注文してしまいました。

いずれ、公開されると思われる音工房Zのホームページから、画像をちょっと拝借します。音工房Zから文句(ちょっときつい言葉遣いだったので修正)何か要望が来たら、画像は速攻で消しますけど。
音工房ZのZ701-FE103Solの注文しました。
FE-103Solのバックロードバスレフです。以前は完成品Z1000として製品化されていましたが、今度はミニバックロードバスレフとなっているようです。このくらいの大きさなら何とか置き場所が作れるかも。
繰り返しますが、音工房Zから文句(修正理由は同上)なにか要望が来たらこの画像は速攻削除させていただきます。
12月中旬から下旬ころにこのキットが届く予定と先ほどメールが来ました。年末年始にゆるゆると作ることになると思います。



Stereo誌10cmユニット使用の開管共鳴管ですが、ダクト調整のためにダクト用の穴を広げようとしたんですが、難しいですね。
音工房ZのZ701-FE103Solの注文しました。
両面テープで板を貼り付け、ホールソーを使ってみましたが、両面テープ程度では板もホールソーもズレます。さてどうしよう。

この調子では、書類審査をくぐり抜けたとしても、傷だらけになってもう辞退することになるかも。

もっとも、こんなの書類審査くぐり抜けるわけはないか。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
788位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始