もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値

実際に箱作りをすると、案外とこういう形になりがちです。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
こういう形になってしまうとほんとうに困ります。

広い範囲を削らなければならなくなります。自作スピーカーでは無垢材から作ることはまずありません。MDF、ベニヤのような合板、集成材が使われます。集成材であれば、サンダーでガンガン削ることで修正できますが、ベニヤのような合板では、薄い突板を削ってしまい内部の見栄えの悪い板が表れたりします。MDFは紙をボンドで固めたような板ですから、サクサク削れますが毛羽立ってしまいます。ですからこの形はできれば敬遠したい。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
このように側板がはみ出した形ならば、トリマーにコロ付きビットを付けてはみ出しを削ることができます。

たまにはこういう形になりますが、めったにこういう形になることはありません。

理由はこのページに書かれていました。

本来は板の厚みを正確に把握してからホームセンターにカットをお願いしたほうがいいのですが、なかなかそうはいかない。ですから、実際はどうかわからないけれど、木工ボンドの厚みを0.5mmと考えて、一部の板の長さを変える作戦でいきます。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 12回目 寸法線(水平・垂直距離)
前回はここまで完成しています。
ですから、背面の板の長さを261から260に、前面バッフルの板を231から230に変えることにします。
※もちろん側板の板を余裕を持って大きく設定し、トリマーではみ出しを削る作戦でもOKです。そこは好みで。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
左のボタンから要素選択を選びクリックします。寸法値261の寸法線をクリックします。選択されるとハンドルと呼ばれる小さい□や小さい◯が表示されます。
マウスカーソルを動かさないで、マウスの右クリックで右クリックメニューを出します。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
右クリックメニューの中から、プロパティ(R)をクリックします。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
表示されているのが、寸法線の属性(プロパティ)です。このプロパティを変更することで、例えば寸法線の矢印の形をかえたり、矢印の向きを反転したり、寸法値のフォントサイズを変えたり、いろいろな修正ができます。

今回はこの機能を使って、強制的に寸法値を変える作戦です。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
スクロールして下の方の任意の寸法値の欄を選びます。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
変更した寸法値であることがわかるように先頭に*をつけて260と記入します。*は後で修正した数値であることがわかるように付けているもので、その他の意味はありません。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
すぐに下のOKをクリックしても修正が反映されない場合が結構あったので、おまじないで、隣の欄をマウスでクリックします。
その後でOKをクリックします。

勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値
寸法値が261から*260に変わりました。

もう一つの寸法値も変えておきましょう。
勝手にAR_CAD(自己満)講座 13回目 任意の寸法値



ピーター・アースキンの新作が発売されています。

ピーター・アースキンはドクター・アムです。と書かれたアルバムです。よく見ると、ドクター・アムって何なのかわかりますね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
643位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始