もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

丸亀製麺大館撤退とか、ダッシュ村ラーメンバッシングとか

大館市のことを紹介してくれている、デイリーオオダテの記事から、讃岐うどんのチェーン店、丸亀製麺が今月27日で撤退することが判り、今日24日に名残を惜しみに出かけてみました。

丸亀製麺大館撤退とか、ダッシュ村ラーメンバッシングとか
デイリーオオダテの記事とコメントによると、平日はガラガラだったとのこと。撤退は、人口減少の著しい秋田県ではやむを得ないのかもしれませんが、ちょっと残念です。それで平日の今日の昼に行ってみたんですが、私のように名残を惜しみにでかけている人が結構いるみたいで、今日の昼は結構駐車場が埋まっていました。

食べたのは温かいうどんにしました。個人的には冷水で締めたぎゅっとした腰のある麺が好みですが、最近また雪が降ったりして気温がちょっと下がっていたので温かい麺にしてみました。結構ふんわり柔らかい麺でした。暖かくするとこんなに柔らかくなるのかな? それとも、超高齢化の秋田県に合わせて、段々と麺を柔らかくしているのかな? やっぱり冷たい麺のギュッとした腰を確かめるべきだったと後で思う。

デイリーオオダテでのコメントでは、こんなコスパのいい店を撤退させるなんて大館市民はどうかしている、という意見もありましたが、客はわがままでもいい、お店を維持するためにお店に必ず食いに来いというのもおかしいという意見もありました。ただ共通することはどちらの立場も残念ということは共通でした。

実は私、以前に丸亀製麺うどん店3日コースというのに参加したことがあります。初日午後からは店舗経営のための知識。お店のコンセプトが一番大事だとか、商圏分析の基礎とか、もう綺麗サッパリ忘れてますが勉強しました。それで、私の田舎では過疎が進んでいるから繁盛店は難しいということが判り、私は飲食店は綺麗サッパリ忘れることにしました。だから、逆に丸亀製麺が大館に出店した時は驚きました。
・・・・・・
大館は町の中心街がどんどん寂れていってます。市役所近くのバスターミナルも無くなったため、市役所周辺も人が集まる場所ではない。大館駅も中心からはかなり離れています。駅周辺の開発というものも行政でまったく進めなかったため、駅前も人が集まりません。人口が多い場所の近くに丸亀製麺があれば、撤退しなくても良かったんでしょうが、かなり中途半端な場所に開店したものだから、・・・・・・・、個人的には経営者の判断ミスというのが一番可能性が高いのではないかと思います。
ただ、撤退は本当に残念です。

さて、お次は、ダッシュ村の究極のラーメン絡みでバッシングが起きたという話。

TOKIOのラーメンに「福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」 作家がツイートし炎上

まずはこの件に対しての私の立場。
私は福島産農産物はやっぱりまだ怖い。いくら大丈夫と言われても、現在まだ立ち入り禁止区域が残っている福島県です。それに時々汚染水のニュースが忘れたころに出てくる。怖いです。除染の方も、山の方の除染は早々に諦め、現在は汚染土壌の上に落ち葉が重なり、そのおかげで線量が減ったことをいいことにして完全に山の方の除染はやめているはずです。(←今回は妄想話の記事なので、証拠はありません。事実を知っている人コメントで教えて下さいませ。)

おそらく私のように、福島産を敬遠してしまう人は結構いるのではないかと思います。でも、それを風評被害(単なる被害でいいでしょ。)だとか、日本人の絆はないのかとか、そんなことは言われたくはありません。そんなことを言う人は、大館の丸亀製麺が無くならないようになんで丸亀製麺に食べに行かなかったのかと責める人と同じです。外食は、その日の気分と予算の兼ね合いで決定するもので個人の自由でしょう。
※個人的には絆も嫌いな漢字です。その理由は機会があればいずれ書きます。

どんなものを食べるのかは、個人の自由です。予算と安全性との絡みでそれぞれが判断すればいいことです。

ですから、TOKIOの作った究極のラーメンで一番の疑問点は、何故素直に北海道の小麦を使って麺を作らなかったのか? ということです。

丸亀製麺うどん学校で原料の小麦に付いても少し勉強させてもらいました。何とか記憶を辿ってみると、腰のある麺のために人気のある小麦粉は外国産ならオーストラリア産、国産なら北海道産だったはず。ついでにTOKIOの番組の麺決定の回を、ネット上で何とか探して少し眺めてみたところ、小麦粉の品種は北海道産を選んでいました。それをわざわざ福島県で育て、それで麺を作ったから、『福島産かよ。人殺し』というツィートが出てしまったんです。まあ、ツィートした人の考えが足りないということについてはまったく同感です。でもここまで強く反応するかどうかは別として、やっぱり福島産は敬遠したいという人は、実は多いのではないかと思います。

TOKIOの究極のラーメンはお店で出すものではありませんから、どうでもいいのかもしれませんが、もしお店でこのラーメンを出したいと計画している人がいるのなら、小麦粉は北海道産で作った方がお客から敬遠されることがないと感じます。



おまけの動画。

とはいっても、福島も復興してもらいたい。食べ物はまだまだ敬遠してしまう人が結構いると思うから、花とかで協力できないかなとか思ったりする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
755位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始