もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

音道長は何処を測るの?

まだ開管共鳴管にこだわっています。

実験機構想ですが、吸音材を使わず、共鳴管の癖を押さえることが出来るかどうかの実験です。

実験というものは、基準となるものがあって、1つだけ変更して、その変更でどんな変化が起きるかを調べることが実験です。

板取の都合もあり、90cm折り返しの共鳴管で実験するつもりです。2回折り返しの開管共鳴管なので、全長はおおよそ270cm(正確には板厚のためこれより少なくなる)と考えていたのですが、このページを見てから音道長はどこを測るのかわからなくなりました。

“FE108-Sol純正BH箱”の「ホーン長」について~フォステクス社から回答がありました(^^)

このページからキャプチャーした画像の載せておきます。
音道長は何処を測るの?

ホーン折り曲げ部はホーン長に加えないのか。今までホーン長に加えて作っていたぞ。うーん。ということは、

音道長は何処を測るの?
こんなふうに考えていたのだけれど、これより短くなるのかな。ちなみにこの考えで音道長を求めると、267.6cmとなります。

音道長は何処を測るの?
こうなるのかな? ちなみにこう考えると、音道長は229,2cmとなります。

このページを見ている人はそれほど多くないのは判りますが、折り返し共鳴管の音道長の求め方を教えてくださると私の方としては大いに助かります。なにせ、共鳴管では音道長は強調周波数に関連していますから。



おまけの動画。


この曲が入っているCDはこれ。


タブ譜が乗っている書籍はこれ。


このタブ譜を見つける前にネット上でアップされていたタブ譜でも練習していたため、私のボヘミアン・ラプソディはそれらの混合したものになってますが、1周間に3回位、2年以上練習してます。難しいですね。この曲。
ちなみに日本では『I ♡ UKULELE(アイ・ラブ・ウクレレ)』という名前でCDが出ましたが、アメリカでは一部曲を変えて『WE ♡ UKULELE(ウィ・ラブ・ウクレレ)』として販売されたようです。そのアメリカ版CDのタブ譜のようです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
805位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始