もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

音道長の考え方いろいろ 1

前回の記事に、ありがたいコメントがつきました。らいらいけんさん、ありがとうございます。

それによると、

>バックロードホーンや共鳴管の音道長さは通常、最長部分(折れ曲がりのいちばん外側)を測ります。実際に計測してみればそれに近い数値が出ます。

とのこと。

私は、いままでは、ちょっと古いページですが、コエフさんのホームページにまとめられていた音道長の考え方でやっていました。

図があったほうがわかりやすいので、超短い180°折り返しタイプで説明します。
板厚は、12mmです。図の寸法数値はmmです。
音道長の考え方いろいろ 1

コエフさんのひとつめの測り方はこれです。
音道長の考え方いろいろ 1
音道長は、300 + 300 = 600 となります。

コエフさんのふたつめの測り方がこれです。
音道長の考え方いろいろ 1
私の音道長の求め方はこれにしています。理由は、図示した時に、個人的に一番しっくりくるからです。

でも、最初の方法と板厚分しか数値のズレがありませんから、ひとつめとふたつめはどちらを使ってもほぼ同じです。

コエフさんのみっつめの測り方がこれです。
音道長の考え方いろいろ 1
現実的には、なめらかに折れ曲がっているのかもしれませんので、これが現実に近いのかと考えた時もあります。

おそらく、整流板をつけたときに近づいているのかなと思ったりします。

今までは、音道長はこれらのいずれかだろうと考えていたのですが、ここを覗いたときに、こんな方法もあるのかとびっくり。でもFostexさんの方法ですから。
そのページから、fostexさんの方法の図も再度載せておきましょう。
音道長は何処を測るの?
180°折り返しの場合、折り返し部分の片方の長さは音道長に入りません。

ですから、説明用の超短い180°折り返しの図の場合、Fostexさんの測り方ではこうなります。
音道長の考え方いろいろ 1
数値が最も短く出る測り方ですね。

らいらいけんさんに教えてもらった測り方は
>バックロードホーンや共鳴管の音道長さは通常、最長部分(折れ曲がりのいちばん外側)を測ります。実際に計測してみればそれに近い数値が出ます。
とのことなので、こういうことでしょうか?
音道長の考え方いろいろ 1
正確には、直管部分は音道中心、折り返し部分では外側の部分ということになりそうですが、この図の場合は違いが出ないのでこれで良いことにしましょう。

この測り方だと最も長くなります。

そして整流板をつけると、微妙に音道長が短くなることになりますね。

らいらいけんさん、この考えでいいでしょうか?

90°折り返しの場合もあるのですが、まだ図ができてないので、やる気が失せてなかったらそのうちアップします。


おまけの動画。

ジョジョのレンタルを見てたら、エンドテーマ曲でこんなお遊びをしてたとは。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
827位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始