もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

実験機の音道長は果たしていくらになるか?

共鳴管は、音道長で強調周波数が決定します。ですから、音道長の考え方いろいろ 1音道長の考え方いろいろ 2 で考えたどの音道長が正しいのかが決定できるはずです。

ただ、Fostex式の曲がっている部分を無いものとする方式は、個人的にはしっくりきません。ですから、おそらく、中心線を通る考え方と、折れ曲がり部分では遠回りする考え方のどちらかになるのではないかと予想しています。

実験機の音道長は果たしていくらになるか?
まずは、中心線を通る方法です。0.1mm単位になるよう半端を四捨五入しています。
数値を足し合わせると、音道長は261.4cmとなりました。音道は9cm×9cmの正方形の断面積とするので、開口端補正はおおよそ4.2cmで両方に開口端がありますから、それも含めた音道長は、269.8cmとなります。
開管共鳴管は、閉管共鳴管の2倍の長さになってしまいます。ですから閉管共鳴管に置き換えると、半分の長さ、134.9cmであり、閉管共鳴管の公式に入れると、強調周波数は、

 8500 ÷ 134.9 ≒ 63.0 (Hz)

となります。

実験機の音道長は果たしていくらになるか?
曲がり角で、遠回りすると考えると、音道長は291.18cm、開口端補正も含めると、299.58cm。

同様に、公式に当てはめると、強調周波数は、おおよそ 56.7Hz となります。

ただこの測定を行うためには、簡易測定器のPAA3では無理そうですね。関係しそうなところの周波数は、50Hz、63Hz、80Hzの棒グラフとなりますから。判定はできない。パソコンを使った計測も考えないといけないようですね。




指使いと音を考えると、ローGのウクレレ演奏のようですね。ハイG用のタブ譜どこかにないかなー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
788位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始