もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

まだ謎の実験機作成

Under the Willow(アンダー・ザ・ウィロウ)、構想だけではできているのですが、実験しないとわからないことがあり、なかなか制作できないでいますが、流石にもう締め切り(9/27)に間に合わなくなりそうになってきました。そのため、2日ほど前に板のカットを地元のコメリ・パワー店に頼んできましたが、担当の人が忙しく、本日ようやく板材の確保(赤松集成材残り僅かになったため確保してもらいました)のみが行えました。

設計を詰めていないのに、カットを頼んで大丈夫かと思う人もいるかもしれません。でも仕方がありません。地元のクロネコヤマトがスピーカーを受け取ってくれませんから、郵パックで送ろうと思ってます。となると、大きさが自ずと制限されますから、骨格の設計は変わりません。細かいところだけ微妙に変わるという感じですから、とりあえず板のカットをお願いしてきたんですが、まだカットできてなかったから大丈夫かな?

Under the Willowは、共鳴管のクセを共鳴管で消そうというコンセプトのスピーカーです。でも、実際にうまくいくかどうかはまだ確かめていないのでその検証機をようやく作りました。
まだ謎の実験機作成
まだ中身は非公開です。おそらく応募書類の一番の肝となる部分でしょうから。でも誰でも思いつきそうで、秘密にしている意味があるかわからないけど、自己満足のため、まだ非公開とさせてもらいます。

共鳴管実験機ようやく製作へ
大きさはこの実験機(内部に共鳴管のないタイプ)とまったく同じです。

共鳴管で共鳴管のクセが取ることが出来るかの実験は、本番機を制作しながら、クランプ掛けの時間にちょこちょこと行うことになりそうです。

それと、共鳴管の開口部を絞ることも行いますが、バックロードバスレフが(インピーダンス的には)ダブルバスレフの動作であることから類推すると、空気室のない共鳴管につけたバスレフはシングルバスレフの動作になると想像していますが、たしかにそうなのかの実験も合わせてちょこちょこと行うことになりそうです。

うーん。なんというか、毎回泥縄になってしまうな。



24時間テレビの秋田県法曹部分で、ウクレレワークショップでお世話になっている鈴木さんが出てましたね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
780位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始