もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

miniA7風の次作スピーカー製作 1

もう寒くて寒くて、長く作業をすることができません。ですから、休み休み作業をしています。

今回のスピーカーはA7風のスピーカーになる予定です。

共鳴管音道長の実験機、ゆるゆると製作中
何と言ってもALTECのミニユニットですから、A7風のスピーカーを作りたくなるのは仕方のないことでしょう。

このユニット、内部から取り付けますから、吸音材処理が結構難しそうです。ですから、隙間ができそうですが、箱を2分割して吸音材の作業をしやすいようにと考えています。

箱の後ろ側から作っています。

miniA7風の次作スピーカー製作 1
分断している側板・天板・底板で枠を作ります。

miniA7風の次作スピーカー製作 1
背面の板をラップでくるみ、枠を手近にあったマスキングテープで固定しました。

miniA7風の次作スピーカー製作 1
音道の板を木工ボンドで貼ります。勿論底板になっている背面の板には貼っていません。

でも背面の板に接している部分は、ほとんど平らになっているはず。それをひっくり返して背面の板にはり、隙間は木工ボンドを塗りつけてシールしたいと考えています。

まずは今日はここまで。側板にしか固定されていないので、ひっくり返すときにばらばらになりそうなのが怖い。なにせ、圧着できてませんからね。



何日か前に12月22日大館発池袋行、12月25日池袋発大館行の夜行高速路線バスの切符を手配しました。何と言ってもクリスマスが絡みますから、ギリギリに買いに行くと買えなくなります。以前の秋北バスターミナルがあったときは、臨時便が10台くらいでたりしていましたが、現在は臨時便はほとんど増発しないようになったため、切符だけでも早めに確保しておこうと思ったからです。1ヶ月前に購入可能です。ちなみにいとくショッピングセンター近くの事務所から購入したのですが、キャンセル料は100円だそうですから、往復キャンセルで200円しかキャンセル料がかかりません。ただし出発前に手続きしなければならないので、事務所が開いている日中に手続きをする必要がありますけど。
ステレオ誌スピーカーコンテスト表彰式、スピーカー再生技術研究会発表会見に行けるといいな。



おまけの動画。

ちょっと不思議な響きのホテルカルフォルニア。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5553位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1175位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始