もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌コンテストでのあれこれ

いやー、kenbe氏効果はものすごいですね。
Stereo誌コンテストでのあれこれ
最近1日あたり20人前後程度しか閲覧者が来ないんですが、昨日は60人超え、今日は夜7:20くらいで100人超え。そう言えばkenbeさんとこは1日あたり何百人という単位だったな。そこで宣伝してもらえれば、100人超えはすぐか。やっぱりすごいな、kenbeさんは。

時系列が逆になってますが、kenbe氏邸に行く前に行われたStereo誌コンテストについて書こうと思います。
とはいっても、もう他の人達が中身を結構紹介してますし、詳細はStereo誌でも紹介されるでしょうから、私はごく私的な内容を書こうと思います。

今回は遅刻した前回と違い、ちょっとばかり早く行き過ぎました。
Stereo誌コンテストでのあれこれ
速すぎて、まだ看板も建物の中で入口の外に出されていません。鍵はかかってなかったので勝手に入って撮影しました。

入口近くのソファで休んでいたら、後からやってきた人達から話しかけられちょっとばかり話をしてきましたが、その中の人は賞を取りました。
私は撮影しなかったので、たてちゅうさんのページから、1枚画像を借りましょう。この人です。
Stereo誌コンテストでのあれこれ
神村さんのようですね。曲面型ダブルバスレフスピーカーです。

あとで聞いたんですが、曲面は3mm厚合板を1枚ずつ曲げながら貼り付けていったようなことを言っていたような気がする。曲面部分は9mm厚くらいだったかな。うーん。そうすると箱を作ってからユニット開口部分を開けたのかな? もっと詳しく聞けばよかった。

今回は、スピーカーコンテストを行うのにはスポンサーが必要になるんだなということが、開催者の挨拶等ににじみ出ていて、今年も来年度スピーカーコンテストできるのかなと思わされてしまいました。まあ、これは、ちょっと悲観主義者の面もある私個人の考えにすぎず、昨年度も来年はあるのかなと思ったんですが1ヶ月くらいズレたんだけど行われました。私が心配しているだけで来年も行われるんじゃないかとも思います。



終わってから、懇親会です。
懇親会の写真は、アールefuさんのページにあります。
河野技研さんの隣が私で、kenbe氏とたてちゅうさんも映っていますね。いやーすごい人達ばかりだ。

この懇親会中になぜかkenbe氏邸訪問が決定しました。
確か、鈴木さんだったと思いますが、明日のSP再生技術研オフ会の後すぐ帰るのかと質問がありました。昨年は、次の日東京観光(と言ってもはとバス)とコンサート(タル・ウィルケンフェルド。しかしあのように方向転換するとは思わなかった。)を見に行きましたから、そのような質問があったんでしょう。

それに対する私の答えは、
『今回は消えゆく昭和を体験しに。』

当然みんなはなんだろうと思いますよね。それで、実はS◯リップ観戦(18禁です。たぶんオリンピックで今後減らされると思うしそれがなくても減りつつある。)を言った所、鈴木さんだったと思うけど、それよりはkenbe氏邸に行って部屋やスピーカーを見てきたほうがいいと言ってくれて、kenbe氏も別に来るなら来てもいいと言ってくれたので、急遽予定変更して訪問することになったわけです。

スピーカー仲間(勝手に仲間にしてしまいました。m(_ _)mペコリ)っていい人が多いなー。

まあ、kenbe氏が赤パークミニの試作箱をブログに公表したときに、それを元に、石田式BHBLの検討をブログネタにし、迷惑だったら記事削除しますと、たしかkenbe氏のブログにコメントをつけたりして名前を覚えてもらったことが大きかったのかなと個人的には思ってます。



最近、kenbe氏は自身のBHBLを石田式BHBLと呼ぶようになりました。
そのことも訪問したときに話題としたんですが、kenbe氏によると、長岡式バックロードの開口部にダクトを付けたものをBHBLとしているのをWeb上で発見したため、区別をつけようと考えたとのこと。長岡式バックロードでは出口を塞いでもいい効果は出ないと言っていました。長岡式バックロードはダクトを付けない方がいい音が出るように考えられて設計されているのが理由だそうです。

自分にコメントなりメールで知らせてくれれば、こちらに時間的余裕があればアドバイスをつけてあげることも可能なのに勝手に公表するんだから、その公表したものでいい音が出ないとkenbe氏の方に言われてもということのようです。(実際にそのようなことがあったかは私は聞いていないが。)

もしかしたら、こちらのページかな?
http://spc.jpn.org/DDBH-important-part.htm
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
700位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始