もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

これもバックロードバスレフなのか

kenbe邸を訪問したときに雑談で話したことですが、バックロードの空気室にバスレフダクトが付いていて、その後バックロードの音道になるスピーカーでバックロードバスレフを名乗っているのがあると言う話をちょっとしていました。

でも、自分自身では探せなくなっていたんですが、今日見つけてしまいました。
サウンドプラザ 井田さんのホームページの中にありました。

http://spida.art.coocan.jp/pag9-0-08.htm

本当はフレームのあるホームページなのですが、その中のページのリンクを書いておきます。

2008年のオーディオショーで発表しているようです。
http://spida.art.coocan.jp/pag9-0-09.htm

では、石田式BHBSはいつからか。
kenbe氏のブログで最初に書かれているのはよくわからないけど、ここいらへんでしょうか。

バックロード・バスレスその4 調整編

2006年の記事です。

私はBHBSはkenbe氏が最初でないかと思ってますが、バックロードホーンとバスレフを組み合わせた名称なのであちこちで命名されている可能性があるようですね。

kenbe氏が石田式BHBSと名乗るのも仕方ないのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
No title
ブログの開始が2006年5月だと思います。
PCは仕事で使うくらいで、殆ど使用していない時期が長かったです。
2000年より前だったように記憶していますが、音が纏まり世に出したのがステレオ誌のSPコンテスト2回目辺りリバーシー?だったような気がします。
2016/12/29(木) 21:34 | URL | kenbe #-[ コメントの編集]
No title
なるほど、ユニットが前後についているスピーカーですね。

やっぱり元祖はkenbeさんと考えてもいいみたいですね。

でも元祖がわざわざ他との区別を明確にしなければならないなんて。
2016/12/29(木) 21:55 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
725位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始