もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

日陰に浮かぶ花

「人間というやつ、遊びながらはたらく生きものさ。
善事をおこないつつ、知らぬうちに悪事をやってのける。
悪事をはたらきつつ、知らず識らず善事をたのしむ。これが人間だわさ」

鬼平犯科帳で、長谷川平蔵が述べる言葉です。

この言葉、どこか人間の本質をついている気がします。なんてことを言い訳にしながら、今年最後のブログを描きます。

ちなみに、今回は微妙に18禁ですから、子供はみないようにね。それから、FC2から削除要請が来るといけないから、内容的にはまったく過激なところはありませんから、大人の方は、見てから文句つけないでね。

Stereo誌スピーカーコンテスト懇親会で、急遽kenbe氏邸訪問を決めるまで、S◯リップに行こうとしていたことは書きました。

それで、kenbe氏邸で有意義な時間を過ごしてから、池袋に帰ったわけですが、・・・・・・・、

S◯リップって、午後からでないと会場に入れないじゃないですか。ということは帰ってきてからでも十分間に合う。

どうしようかな。・・・・・、やっぱり行ってみよう。

・・・・・、

仕方ないでしょ。日本神話? の日本書紀古事記でも、アメノウズメが裸で(日本書紀では裸にはなってないようですね。1/1訂正。)陽気に踊ったところ、天照大神が天の岩戸をちょっと開け、手力男命が天照大神を引っ張り出し、世の中に明かりが戻ったという神話もあります。日本男児は多分こういうのには弱いんだと思います。私だけかもしれないが・・・・。

それに、予約していたのは高速夜行路線バスですから出発は夜10時。お酒を飲んでてもいいんですが、あまりトイレ(バスの中にある。)に繰り返し行っては乗っている人に迷惑。今日はお酒は飲みたくないな。ということで、決行してきました。

・・・・・・・、

私が行ったときは、PP祭り。御開帳したら、斎藤さんだぞ状態。みんな怪我なく良かったね。

と、戯言はこれくらいにしときますが、踊り子さんたちは、毎日のように踊っているためか、太っている人はいません。どちらかと言うとアスリートに近い体です。

大体の劇場では6人位踊り子さんが出るみたいですが、今回もそうでした。その中で一番ビックリしたのは、◯◯アゲハさん。

天井のリングに布がついていて、その布に手や足を絡めてポージングしていました。

サーカスの演目に、エアリアル・ティシューとか、エアリアル・シルクとか呼ばれる演目がありますが、それをやっているのです。びっくりです。

エアリアル・ティシューはこんな感じです。


今回のタイトルは、○○アゲハさんをイメージしたら出てきた言葉です。
彼女はどちらかと言うと美人ではありませんでしたが、表現力は一番に感じました。どちらかと言うと、世間に誇れる職業とはいえない踊り子さんなんですが、ものすごい工夫や努力をしているのが感じられました。

万人にはおすすめできませんが、もし機会があったら1回位は見てもいいかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
788位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始