もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

冬は妄想スピーカーの季節 (発想編)

今年は雪のない正月で、雪かきしなくてもいいから助かると思っていたんですが、とうとう今シーズン最初の雪かきでした。

ということで、まったく作る予定はないが、悔しいから妄想だけでもしとこうという、根暗なカテゴリーです。

昨年は、kenbe邸での新作バックロードのすごい低音に心をとらわれてしまいました。そこで、やっぱり低音を狙うならある程度の口径のあるユニットが必要であることを聞きました。なるほど。小口径ユニットは振動板の振動幅が小さいですから、複数使いして振動板面積が大口径ユニットと同じになっても、押し出す空気量はまだまだ小さいんでしょうね。

ということで、私の持っている一番大きい口径のユニットでバックロードバスレフを作れば、少しは映画館の低音に近づけるのかもしれない。

・・・・・

私の持っている一番大きい口径のユニットは、

FE138ESR

です。

このユニット、久しぶりの限定ユニットの販売ということで、1回目の販売ではすぐに完売してしまい、FOSTEXで再販売したところ、自作した人たちの悪戦苦闘ぶりがわかったためなのか、高域に独特の癖があるためなのか(私はまだ音を聞いていない。噂です。)、再販売では結構売れなかったユニットです。コイズミ無線で結構売れずに残っていた状態のときについ買ってしまった私はちょっとバカかもしれません。

・・・・・・・

周波数特性と、ユニットの大きさ等は、ネット上のPDFからキャプチャーしてみました。
冬は妄想スピーカーの季節 (発想編)
5kHzあたりの音が曲者なのかなと今妄想しています。

ではどうしたら良さそうか。

タンデム方式にして、FE138ESRは内部に閉じ込めてしまおう。

つまり、タンデムバックロードバスレフです。

表に出ているユニットは、音のつながりを考えると、FE103solあたりはどうだろう。このユニットは、結構澄んだ音が出ていたようなきがするので、表に出る中高域はsolから、バックロードバスレフでの低音は138ESRから狙ってみたらどうだろうか?

・・・・・・

多分、妄想しているだけで、作らない可能性大。だって妄想スピーカーだから。



とりあえずユニットのエージング
画像は以前の記事の使いまわしです。軽量粘土が乾いたら隙間はますます広がりました。箱は作り直しです。

でも、この500円ユニット結構音がきれいな感じがします。あまり音量を上げられないかもしれませんが。

もう少し、確保しておこうかな。

今日もらってくれる人にユニットの音を聞いてもらいましたが、高音は気に入ってもらえたようでした。さあ、こちらの箱は作り直しだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
805位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始