もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

妄想スピーカー タンデムバックロードバスレフと(仮)リバーシバックロードバスレフ

今日(15日)は大館市では冷え込みが厳しく、今日は外に出る気が出ませんでした。それにしても、今日(もしかしたら昨日?)は広島でも19cmの積雪があったとのこと。今日の冷え込みは全国的なものだったようですね。
大館市は盆地なので、冷え込みが厳しいと、大館盆地に来る前に雪として降ってしまいますから、かえって降雪量は少なくなるみたいです。でも、寒ければ寒いほどパウダースノーとなりますから、場所によっては風で運ばれて吹き溜まりが出来るので油断はできませんが。でも今日は日中にかなり降って積もってしまった。夜よりは冷え込みが厳しくない分蒸気が大館盆地にまで届くんでしょうね。明日の朝は雪寄せかな。

ということで、妄想スピーカーの構想です。死蔵している138ESRを何とか利用して、低域を目指そうという妄想です。まずはこれです。
妄想スピーカー タンデムバックロードバスレフと(仮)リバーシバックロードバスレフ
内部にFE138ESRを仕込み、低音はFE138ESRのバックロードバスレフで、中高音はFE103SOLから出そうという作戦です。
SOLとESRの振動板は同じ向きに動くような極性で、並列繋ぎします。

ちなみに、空気室の容量とかはまだ詰めていないので、概念を表した図として捉えてほしい。

ただ、低音は最終的には空気を押し出す量にも関係します。この方式では、低音に関わるユニットはFE138ESRだけです。FE103SOLの背面の押し出しは、FE138ESRの振動板の動きで吸収されます。多分誰もが一度は考えるだろう、タンデムバックロードをバックロードバスレフ化してみました。
※これも誰もが一度は考えるだろうなと思う。作成例はまだネット上では私は見つけてないけど。

ということで考えたのが、こちら。
妄想スピーカー タンデムバックロードバスレフと(仮)リバーシバックロードバスレフ
仮名称は、リバーシバックロードバスレフ。kenbeさんごめんなさい。いい名称が浮かびませんでした。ですから、仮名称です。

アコーステックスーパーウーファーの箱をバックロードバスレフ化したものに、フルレンジを組み合わせてみました。

ユニットの振動板の動きはお互いに逆に動くように並列繋ぎします。ですから、ユニット2つ分の押し出しができます。ですから、こちらの箱のほうが低音が狙えるのかもしれないと考えています。

結果として、kenbeさんのリバーシという作品の片方のフルレンジを箱で塞いだ形になりました。

それで、リバーシバックロードバスレフと今のところは命名させてもらってますが、なにかいい名称はないかなあ。

ちなみにこちらの図も、空気室容量等は詰めておりません。ダクトの径も小さすぎる感じがするし、そもそもFE138ESRを使う意味がないかもしれない。



おまけの動画。
スポンサーサイト
コメント
No title
リバーシーの次に作った木彫Ⅱの時に、同じような実験をしたことがありました。
2017/01/16(月) 12:13 | URL | kenbe #-[ コメントの編集]
No title
やっぱり先人が実験していたようですね。

まあ、私の場合はネットワークが苦手なので、ネットワークを使わないで2種のユニットを使おうという工夫から出た箱でもあるわけですが。

結果がどうだったのか気になります。
2017/01/16(月) 14:09 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
No title
木彫Ⅱの内部の構造は、88ESRを分離した箱のでバスレフ、108Σを内部に仕込みフロントホーン(BHBS)バックキャビ?はバスレフとして各ユニットの動作をスムーズにしました。

個人的な感想ですが、タンデム、2本使いは、2つのユニットを同じように動かすことが肝で、片方が違う動きをすると違和感を感じました。
2017/01/17(火) 22:33 | URL | kenbe #IYwvpPnU[ コメントの編集]
No title
うーん、この異種類ユニットでは何処か違う動きをしそうだ。

これは妄想のまま終るか。
2017/01/18(水) 21:23 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
No title
BHBSとタンデムドライブの融合型式ですか?
いいアイデアと思います。
どんなアイデアでも完成には、調整点や課題の
解決はついて回ります。
欠点は気にせず、解決できるものとして、全体の
構想を考えることも良い方法です。
2017/03/05(日) 09:09 | URL | ツトム #LkZag.iM[ コメントの編集]
No title
ツトムさん、コメントありがとうございます。

タンデムバックロードホーンは誰かが発想していていたような気がしたので、一つ目も、もう誰かが発想しているとは思うんですが。

低音はおそらく2つ目のほうが狙えそうなんですが(なにせサブウーファーを組み込んでいる感じになってますから)、デッドスペースを大きくしないと癖も増えそうで、妄想段階から先に進めないでいます。
2017/03/05(日) 21:57 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
827位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始