もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

『信長殺し、光秀ではない』 2

八切止夫はペンネームです。その前は耶止説夫名義で小説を出したことがあるそうですが、私は作品名までは知りません。
ペンネームの八切止夫は、腹切を止めた男という意味で、自殺未遂者であることを表しているそうです。





覚書の続きです。

てきは、本能寺・マカオ(13~22ページ)

マカオでの調査の様子の紹介。
ポルトガル領であったマカオに中国の進出が進んでおり、19日前に暴動が起きたことなどが書かれているが光秀関係の事実は特にない。

てきは、本能寺・想念(22~32ページ)

八切止夫の過去の回想。芝居小屋で初めて光秀を見て泣いてしまったこととか、自殺未遂の顛末などが書かれている。そして生きている証として信長殺しが光秀ではないことを追求しようと決めたことなどが書かれている。まだ光秀関係の事実は書かれていない。
(2/2追記と修正)
おっと! 斜め読みはいけない。光秀関係がちょっとあった。
---引用ここから---
 その頃、私は「作家群」という同人雑誌のグループに、最年少者として入っていた。まだ学生だった。昔は、今のようにアルバイトの口はなかった。だから、日本の四国で死んだモラエスを飯の種にして、その翻訳にあたっていたT・Hという先生の助手をしていた。その先生が、いつか酔払って、
「お前は光秀の真似をして謀叛をしようとするアナーキストのグループに、近頃は入っとるそうじゃがいかんぞ。だいたいモラエスも『信長殺しは光秀ではない。ちゃんとした目撃者がいる』と書いとる。なんでもそれはポルトガル人の坊主(バートレ)で、マカオで死んだそうだが、ちゃんと記録まである、といっとるぞ」
 と怒鳴りつけられた事がある。…(以下にアナーキストのグループとのほんのちょっとした関わりが書かれているが略)…
 だから軽率な私は、先生の口にした信長殺しの話を、もっとよく確かめておけばよかったのに、それより自己弁護に周章(あわ)てふためき、(一部略)、そんな詰らんことばかりを同情をひこうと、多弁になって喋舌ったものである。
---引用ここまで---
参考までに、モラエスのWiki

てきは、本能寺・虚実(32~39ページ)
光秀の実態は誤解されているということを書いている。が疲れたのでここは次回に。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
805位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始