もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

F0の問題点は、もしかしたら波形(音色)なのかな

一部の人のブログでは、F0や、シングルバスレフから出る低音の問題点として、音色を上げている人もいたような気がします。

音色の違いは実は波形の違いのようです。

楽器の音の波形で検索したら、このページが見つかりました。

2-4 楽器の音を解析してみよう

ピアノの波形、マリンバの波形、トーンチャイムの音、バイオリンの音の波形を見ることができます。

楽器として最も単純な作りの音叉を楽器にしたトーンチャイムはほぼサイン波となっていますが、他の楽器では倍音成分が含まれるので、1周期分の波形の中に細かいぎざぎざが見えています。

・・・・・

ユニットのF0共振にしても、(シングル)バスレフにしても、1質点の共振です。バネに吊るした重りの振動と同じで、サイン波の振動です。ですから、F0や(シングル)バスレフ強調周波数では単純なサイン波になってしまう可能性があります。

・・・・

幾つかの種類の楽器が同時に鳴っていてもフルレンジ1つで表現できるのは、楽器の音波の重ね合わせした波形を表現するからで、あちこちギザギサした波形になっているはず。それから楽器を聞き分ける耳と人間の脳は大したもんです。

でも、F0共振や(シングル)バスレフの共振が強すぎると、その共振部分が単純なサイン波になってしまい、楽器そのものがわからなくなる可能性があるんじゃないかな。よくわからないけど。

バスレフの欠点でベースの音階がわからないということを書いている人もいましたが、個人的にはそれはありえないと考えています。バスレフで強調される周波数は1つで、その周辺を含めても音階で3つ程度でしょう。3つの音階だけわからなくなる可能性は否定しませんが、もしベースの音階がわからないのなら、制動が効いていないボーボーした低音が原因で、バスレフの設計に失敗したということではないかと個人的には考えます。

F0を潰すということの意味は、こちらのほうが可能性が高いのかな。どうなのかな。



おまけの動画。



スポンサーサイト
コメント
No title
アンプから見た場合、ユニットのf0(またはf0c)での共振とダクトの共振周波数fdでの共振は動作が違います。
f0(またはf0c)では、アンプが駆動しなくても共振してしまうので、負荷インピーダンスが高く、アンプから見た負荷が小さくなります。
これに対して、fdでは、逆の動きになるので、駆動用の電流が多く必要になって、負荷インピーダンスが下がります。
下の記事での、ばねの強さS0は、下記を参考にしてみて下さい。
http://mcap.webcrow.jp/documents/MCAP003J_single-bass-reflex-simulation.pdf
上記は、高校の物理で教わった固有振動の式を使って書いています。
2017/04/11(火) 17:58 | URL | Suzuki #fbagzNnk[ コメントの編集]
No title
高校で物理を選ばなかったため、数式の意味は理解できませんが、コメントありがとうございます。

そういえば長岡鉄男の解説でもバスレフの強調周波数Fdはインピーダンス曲線の2つの山の間の谷になっていました。
2017/04/11(火) 20:33 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
No title
最近皆さん難しい話で盛り上がって私はついて行かれんのですが~・・
この動画、サイコーっす!
2017/04/15(土) 01:34 | URL | おおたん #-[ コメントの編集]
No title
おおたんさん、動画を褒めてくださりありがとうございます。別に私が作った動画ではないんですが。

この動画のどこが気に入っているかわからないんですが、アンプを通したウクレレの音も、チャカチャカチャカチャカというところなんかが強調されて、個人的には私は大好きです。
2017/04/15(土) 09:13 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1205位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始