もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

バスレフのFdでグライコを使うのはちょっと怖い

バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかなの記事に、suzukiさんからコメントが付きました。そのコメントも参考にしながら、バスレフのFdの動作を考えていたら、思い違いをしていたことに気が付きました。

バスレフはやっぱり制動が効かなくなるのかな
前回の記事でも使わせてもらった、Korvaさんの記事からの画像をもう一度見てください。

バスレフの強調周波数Fdではインピーダンス(交流での抵抗と考えることが出来る)が下がっています。ですから、電流は流れやすくなります。そうだったら、ユニットの出力が増えても良さそうなのに、ユニット出力を表す緑の線は下がっています。
なんで電流がいっぱい流れるのに、ユニットは動きづらくなるのだろうと考えていたんですが、Fdではユニットに電流による電磁力以外にも力が働いていたからだったんですね。

「DIY-Sound 自作スピーカー 手作りの音を楽しみましょう」という、わりと有名なスピーカーホームページがありますが、そこの、
スピーカーエンクロージャ:バスレフ型スピーカーのところに、バスレフの動作を説明するGIF画像がありました。ちょっと利用させてもらいましょう。

バスレフのFdでグライコを使うのはちょっと怖い
ピストンがユニットの動き、おもりの動きがバスレフダクトの中の空気塊の動きを表しています。ユニットとは逆相の動きをしているので、バス・レフレックス(バスはベースつまり低音、レフレックスは位相反転のことらしい。)、略してバスレフと呼ばれているわけです。
このモデルは、長岡鉄男氏も使っているモデルですので、おそらくかなり広まっています。でも、いろいろなことを考えると、現実は違う部分もあります。

もし、空気ばねがこのバネモデルと同じ動きをするのなら、ユニット出力が減るはずがありません。空気ばねに押されてユニットもFdでの出力が上がるはずです。でも実際は逆になっています。

モデルというのは、現象のある1面をわかりやすく説明するために使うものです。ユニットの振動とは逆位相でバスレフ内部の空気塊が動くという1面をわかりやすくするために使用しているもので、その他の部分まで説明できるものではないようです。ですから、このモデルでユニットの振動板に働く作用を考えてはどうやら良くないらしいということが感じられてきました。

・・・・・・

ユニットの振動板に働く力は、単純に空気室内の圧力です。Fdでは、ダクト内の空気塊が飛び出したとき、飛び出した空気の体積分、空気室内の圧力が下がります。ですからユニットの振動板が外に飛び出たいのに、空気圧が下がるので、ユニットの振動板は逆に引っ張られます。つまり、バスレフのFdでは、ユニットの振動板は、アンプから送られてくる信号とは逆に動く向きの力を空気室内の空気から受けるということです。

・・・・

電動ドリルの刃が引っかかって止められてしまうと、モーター内の磁界の変化が止められてしまいます。すると、コイルは単なる導線と同じになり、一気に電流が流れて、最悪の場合、コイルが焼けてしまいます。

同様のことがバスレフのFdのときに起こります。その結果が、Fdでのユニット出力の減少になり、ユニット出力が減った事によって、インピーダンスは下がります。

・・・・・

ですから、バスレフスピーカーで、Fdの周波数をイコライザで強調することは、ユニットにとってとても危険なことだということが理解できました。

勿論、バスレフではFd以下の周波数はばっさりカットされてでなくなりますから、その帯域をイコライザで強調するのがいけないのは当たり前です。でも、バスレフのFdも、イコライザで強調するのは危なそうです。

さて、この考えは正解なのかな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
765位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始