もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

MCAP-CRモデルの補足(2) を受けて

鈴木さんのブログ、MCAP-CRモデルの補足(2) にコメントを付けたところ、どうやら私の意図したことが伝わっていないようです。

端的に言って、
>ひとつのチャンバーに複数ダクトってやっぱり意味ないですね。
>無駄なので、エネルギを使うのはやめましょう。
と、結論のように書かれたことに対して、決めつけるのは敵を作りそうな行為ですよと、言うつもりでコメントを付けたんですが、短いコメント欄では真意が伝わらなかったようです。

以前F0を潰すという話題で、シングルバスレフの音が良くないのではないかという記事を書き、それをおそらく補足するような記事を鈴木さんが書き、執拗なコメントを鈴木さんがつけられたということがありました。わたしの方は、怪しげ音響論というカテゴリで論じてますから、反論が来たら、私自身物を知らなくてすみませんと言って終わりにできますが、鈴木さんのブログはそうではない。それで、ちょっと責任を感じたりしてました。

ですから、今回の、空気室ひとつにバスレフダクトを複数つけることに対して、それは無駄だと決めつけるように感じられるような、言い切りはどうかなというのが私の感じたことで、心配事だったわけです。

それで、JSPという方式もありますよ、シングルバスレフでは周波数特性にくぼみができてしまうくらいの大きさの箱にすることができて、(Fdがブロードになるのかどうかわたしはわからないけど、本家のホームページでは、)周波数特性にくぼみができにくい方式と紹介されています。

JSPのホームページではJSPのFdを求めるExcelシートが公開されていますが、長岡鉄男氏のFdを求める式で求めたFdとほとんど同じ結果です。もちろん、JSP方式の容量でシングルバスレフにすることは可能で、Fdも同じにすることは可能ですが、そうすると周波数特性にくぼみが出てしまいます。ですから、JSP方式で複数ダクトを使用することには意味があります。

長さの違う複数ダクトについても、(パイオニアの管共鳴を押さえるバスレフダクトが開発されたのでもはや意味がない感じもしますが)、異なる管共鳴を重ねることで、それぞれの管共鳴のピークを分散し、管共鳴を減少させるという効果はあるかもしれません。ですから、この場合も、多少は意味があり、バスレフダクトの複数化は意味が無いと決めつけることは良くないのではないかと感じます。

鈴木さんの立場もわたしはわかっているつもりです。数式で表せないモデルよりは、数式で表せるモデルのほうが、利用価値が高いに決まっています。しっかりしたモデルが有るのなら、試行錯誤の段階をある程度減らすことができますから。ですからしっかりした数学モデルを追求する鈴木さんはすごいと思ってます。

今回は複数ダクトにしてもFdは一つにしかならないということの計算について説明したのはわかります。ただし、その結果から、複数ダクトは意味が無いと受け取られかねない結論はちょっと早すぎる気がしています。

・・・・・・・

例によって、今回もカテゴリは怪しげ音響論です。内容があっているかどうかは各自自分の頭で判断してほしい。わたしが絶対的に正解だとは、わたしは自信を持って言えませんからね。




オカリナは、バスレフダクトの開口面積を変えることによって音階を出す楽器です。穴が2つ以上開いていても、複数の音階が出ることはありません。やっぱり複数のバスレフダクトでもFdはひとつになるということですね。この動画では多重録音で音が重なってますけど。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
725位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始