もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

妄想スピーカー 多重共鳴管?

現在、親父につきあって、ワラビ採りを行っています。おそらく明日も行くと思います。今年はなんとなくあまり量を採れていないので、今月いっぱいくらいは週2回くらいワラビ探しです。

量が採れなくなったのは、景気が良くなったとは秋田県ではまったく思えないため、食費を節約しようと山に入る人が増えていることも関係あると思うし、そろそろネマガリタケの時期なんですが、ネマガリタケはクマの大好物のため、人間しか食べないワラビ採りの方に山菜採りの人が流れている可能性もあるかもしれません。塩干しワラビ、最近は物産館でも売られていて、ゼンマイの半値くらいで売られています。

そんなこんなで、おそらく今月中はワラビ採りは続くと思います。



ということで、最近の私のブログは、八切止夫紹介ブログと化している可能性があるので、そろそろスピーカー製作をと思うんですが、なかなか時間が生み出せません。火曜日午後には、ウクレレ同好会もありますし。

こんな時は、例のアレですね。頭の中だけで制作する妄想スピーカー。

昨年度のStereo誌付録ユニットM800が、失敗作開管共鳴管から外したので余ってます。ですからそれを利用した共鳴管を考えてみました。

共鳴管は、Fdは共鳴管の長さだけで決まります。そして、Fdを低くしすぎると、周波数特性で低域にくぼみが出来てしまいます。ですから、シングルバスレフのように、ユニットの周波数特性図を見て、くぼみが出来なさそうなFdを狙うことになります。

カノン5Dさんの趣味の小部屋のこの記事が参考になるかもしれません。

しかし、ピンポイントで1つだけのFdを強調するのは、低域の拡大ではちょっとマイナスな気がします。

ですから、長岡スピーカーのカテドラルのように、長さの違う共鳴管を組み合わせて共鳴管の癖を分散し目立たなくさせることと、幾つかのFdをあわせて、ある程度の帯域で低音を持ち上げようという作戦です。

妄想スピーカー 多重共鳴管?

ユニットを付けるところは省略してますが、100mm×100mmの開口部分にユニットを付けたバッフルを貼り付けます。スピーカー端子は背面の適当なところにつけます。ちなみに実験機なので、私の地元のDIY店で買えるおそらく一番安い板、パーチクルボード(11mm厚)で設計しています。

一応細くなっているところが多重共鳴管として働いてくれることを期待していますが、この状態ではおそらく、細い共鳴管は開管共鳴管の動作をする可能性が高いので、大沢さんの多重共鳴管のように空気室をはっきり分けて、ダクトを通して共鳴管に音を出す必要があるかもしれません。

一応、細い共鳴管が閉管共鳴管の動作をしてくれたら、約105cm、約113cm、約120cm、約128cmですから、Fdはそれぞれ約81Hz、約75Hz、約71Hz、約約67Hzとなります。

まあ、今の段階では妄想段階なので、狙ったとおりには行かない可能性が高いんですが。



おまけの動画。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
643位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始