もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

加計問題もそろそろ終わりかな

ちょっと長いですが、青山繁晴参議院議員の国会質疑の様子。

今回の加計学園をめぐるニュース報道には、個人的には違和感しか覚えなかったんですが、この青山氏の質疑の内容が広まれば、加計学園問題は終了ではないかと個人的には思えました。やじが出ていないことも、すごいなと感じます。

個人的に、問題だと思っていることとして、

1.公務員には守秘義務があり、それは辞めた後にも義務は続くので、前事務次官は確実に守秘義務違反である。ですから、文科省が訴えた段階で前事務次官は逮捕されるはず。それが未だに逮捕されていないことから、文科省は前事務次官に対して、守秘義務違反で訴えていないことが考えられます。何故訴えないのか?

2.加計学園問題は、メモが問題の発端なんですが、テレビなどのコメンテーターはメモも公文書として残さないといけないと言っていましたが、バッカじゃなかろうかと、思わずテレビに突っ込んでしまいました。私が考える公文書とは、上司が承認した判がある書類とか、会議で話し合った後に纏められた書類とかが公文書で、メモは私文書だと考えます。作業文書でしか無いメモは、公文書をしっかり保管したら、残す必要はないと思います。なんでテレビのコメンテーターはこんなに劣化してしまったんでしょうか? 

3.自由党の森議員は、前事務次官は内部通報者だから、守秘義務違反でなく内部通報者として保護すべきと国会で言ったことがすぐニュースになりましたが、それに対して文科省はたしか、どのような違反になるか調査中という答えだったと思います。法律を審議する国会では当たり前の答弁だと思うし、法治国家である日本では、法律を遵守しようとする態度はものすごく当然の姿勢だと思います。それに対して、森議員は大声で恫喝するような姿勢で追求してましたが、恫喝ではなく、論理的に追求してほしかったということもありますが、そのときにテレビのニュースが、森議員擁護のような感じの報道が多かった(少なくとも私が感じた限りでは)のは何故なのか?
内部通報者と言うのは、元自衛官が中国軍隊の尖閣諸島への違法な侵入・侵攻とそれに対する自衛隊の防御に徹するしか無い現実を国民に知ってもらうために守秘義務違反を覚悟して外部に出した後に出てきた考え方でないかと思います。でも今回は、私は内部通報者とは思えないんですがね。規制緩和でようやく進んだ事業をちゃぶ台返ししただけで、今回の暴露には公益性はないと思います。

と、個人的に可怪しいなというところはありますが、こんなところで、加計問題は収束に向かうのかなと感じます。
スポンサーサイト
コメント
まいどです
まあ印象はまちまちです。

私の思うところとは相当違いますけど、それもまた
楽し….そう考えることにしています。
(税務調査なら、メモもゴミ箱に捨てた書き付けも、
全て押収するんですけど…!)
2017/07/14(金) 01:19 | URL | pipco1980 #-[ コメントの編集]
No title
pipcoさん、コメントありがとうございます。

一番頭にきているのは、都議選前においての、両論併記するような報道がなかったことと、事実とその事実の説明を逸脱して、こんなことは許されないと憤慨しているコメンテーターです。
前事務次官が内部通報者か、それとも文科省の既得権(天下り含めて)を守ろうとしているにすぎないのかというのが評価の分かれ目になるんでしょうね。

作業文書にすぎないメモが残っていたのは、その決定で後で批判されたりしないように証拠として個人的に残していたものだと思います。こういう指示に従っただけですという証拠で私は悪くないと。しかし、こんなメモを残していたということ事態、担当官僚がこの決定に不満を持っていたことの証拠だと思います。

しかし、出すならもっと早く、都議選よりも前です。森友学園は指導方針が?なので、ちゃぶ台返しでよかったと思いますが、ちゃぶ台返しは最悪だと思っているからです。
2017/07/14(金) 10:45 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
643位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始