FC2ブログ
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

ブラウブリッツJ3逆転優勝! めでたくもあり、めでたくもなし。

秋田県のサッカーチーム、ブラウブリッツがJ33位から逆転優勝。私は個人的には、ハピネッツというバスケットチームもあるので、人口減が著しい秋田県にはサッカーチームは今後の維持を考えると難しいのではないかと思うんですが、選手の皆さん、おめでとうございます。

地元の新聞のコラム北斗星から一部引用します。

---引用ここから---
 Jリーグ事情に詳しい知人と少し前に都内で会ったら、「みんな秋田を応援してるよ」と言っていた。J3のブラウブリッツ秋田が開幕直後から首位争いを演じていたため、都内にもサポーターは多いのかと思った。
---引用ここまで---

さて、ここでいきなりクイズです。都内のブラウブリッツサポーター(ブラウブリッツを応援している人)は、具体的にはどういう人達なんでしょうか?

・・・・・

答えは、コラムの続きにありました。
---引用ここから---
 ところがよく聞いてみると、「みんな」とはJ2チーム関係者だという。秋田がJ3で2位以内に入れば、J2から降格するチームが一つ減る―というのがエールを送る理由だそうだ。

 J3上位とJ2下位は入れ替わる決まりだが、それはJ3チームが昇格に必要なライセンスを持つ場合に限られる。秋田はライセンス取得基準を満たす本拠地スタジアムがないため昇格できず、代わりにJ2下位の1チームが降格を免れる。
---引用ここまで---

ブラウブリッツのホームスタジアムは『あきぎんスタジアム』という名称ですが、もともとは八橋陸上競技場です。ネーミングライツとかいうやつで、地元銀行の秋田銀行が命名権を手に入れたので、現在の名称になったわけですが、もともとは地元中高生の全県大会開催地などに使用されていた陸上競技場です。ですから収容人数の点でJ2昇格の基準を満たせるはずがないんです。

現在、スポーツ庁の、多機能・複合型スポーツ施設の整備によるまちづくりを後押しする「スタジアム・アリーナ改革推進事業」の第2期公募分に選定されました。ですから今後J2昇格の基準を満たせそうな感じもあるんですが、・・・・・・。

11月28日の地元紙に載った記事を引用します。

---引用ここから---
 サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地スタジアム整備について、秋田市の穂積志市長は27日の会見で、同市八橋の市八橋運動公園への新設は難しいとの認識を示した。一方、J2ライセンスの取得を目指すBB秋田は、新スタジアムが完成するまで、市営八橋陸上競技場(収容人数2万125人)を改修し暫定使用したい意向。穂積市長は同競技場の改修に関し「これから県と協力して検討を進める」と述べた。

 今月20日に同市内で行われたBB秋田の本拠地スタジアム整備の在り方を考える検討委員会では、建設場所について八橋運動公園周辺を推す声が相次いだ。

 これに対し穂積市長は「八橋に余剰の土地はない」と強調。八橋球技場(あきぎんスタジアム)や第2球技場(スペースプロジェクト・ドリームフィールド)への新設の場合、「J2基準(収容人数1万人)の施設でもギリギリ収まるかどうか。駐車場の確保も難しい」と話した。
---引用ここまで---

秋田市長側にはスタジアム建設や改修に向けて前向きでない感じがします。ブラウブリッツは、大手企業のスポンサーがないので、サポーターや行政が支援しないとスタジアム改修・建設は無理でしょう。スポーツ庁からの予算は調査費とのことなので、直接は建設には使えない感じだし、ブラウブリッツにとってはまだまだ厳しい事態が続きそうですね。

・・・・・・・

やっぱり、体育館をいっぱいにできればいいバスケットと違って、サッカーは秋田県にとっては、荷が重いんじゃないのかと、今更ながらちょっと心配です。

------
ブラウブリッツを応援したい人は、ここからグッズを!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
530位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始