FC2ブログ
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

BTL用マトリクススピーカー配線大丈夫だったみたい

寒いために、現在一番稼働率の高いスピーカーであるこのスピーカー、
MX-2配線覚書6(試行錯誤4)
内部配線は、このようにしています。

MX-2配線覚書5(試行錯誤3)

それぞれのユニットの出力については、それぞれのユニットの両端に掛かる電圧とユニットに流れる電流がわからないと見出すことが出来ません。

中学校レベルの回路なら、キルヒホッフの法則を使って計算できるのですが、どういう計算をすれば出力が出せるのか謎です。

・・・・・・・・・

ネットサーフィンで、最近こういう記事を見つけました。

BTLで使える結線 MX-15
そこから、配線図を借ります。
BTL用マトリクススピーカー配線大丈夫だったみたい
私の配線と違って見えますが、実は同じでした。それぞれ信号の流れを指でなぞってみてください。同じであることがわかると思います。

私は、こんな風にして配線、結構苦労したんですが、
BTL用マトリクススピーカー配線大丈夫だったみたい
箱を途中まで組んでから、アンプからの配線をホットボンドで固定した後、残りの線をはんだ付けし、ビニールテープで絶縁し、と、狭い中で結構はんだ付けしづらいなと感じたりしてました。

今回見つけた配線図は、ちょうどフロントバッフルの背後で配線できそうです。

銅釘を6本フロントバッフルの裏側に打ち込み、それを接点としてはんだ付けすれば配線が楽にできそうですね。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
530位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始