FC2ブログ
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中

Stereo誌Mookを予約したので、まだ妄想段階なんですが、構想(実態はただの自己満足、日常からの逃避)に入りました。

---アフェリエイト---

---アフェリエイト---

構想1.二重共鳴管を使って、共鳴管の癖を分散し目立たなくさせる。
二重共鳴管ver1(妄想スピーカー)
以前、二重共鳴管ver.1(妄想スピーカー)という記事で出した妄想スピーカーですが、これの発展形にしたいと思っています。

開口部がユニット近くなのは、

カーユニット使用バスレフで考えたこと
(写真は書類審査落ちした私の過去作。貰われていったのでもう手元にはない。)二重バックロードでバーチカルツイン風にして、点音源化を目指したものですが、立てた時はそれほど気にならないんですが、横置きするとボーカルの口が大きくなる感じがありました。ですから、開口部はできるだけユニットに近づけるというのが、個人的なこだわりになっています。

構想2.改良の方向性として、大沢さんの多重共鳴管の考えを取り入れる。

私の二重共鳴管ver.1は、二重共鳴管としては働かず、1本の開管共鳴管として動作する可能性も高いです。それに対して、大沢さんの空気室にダクトを設け、そのダクトの低音を共鳴管に通すという方式は、確実に2本の共鳴管として働きます。共鳴管の癖の分散が確実に、はかれそうな気がします。

共鳴管は低音がほしいので使用しているわけで、だったらユニットの原音ではなく、ダクトで作った低音を更に強調するこの形は、理にかなっている感じもします。

低音の量感を増やすためにテーパーをつけ出口が大きくなるようにし、バックロードバスレフのように開口部を絞って低音の量感を調節するということも大沢さんは行っていましたが、それも真似させてもらおうと思ってます。
※工作難易度を下げるために、テーパーではなく、階段状折り曲げ共鳴管になりそうですが。

構想3.空気室には、アールefuさんの二重空気室を真似できる範囲で真似てみる。

これは、以前にコンテストの後のオフ会で尋ねたことに対する答えから真似してみようと考えました。これは本人が公開していたかどうかわかりませんので、この構想の狙いはここでは書かないほうがいいでしょう。
※出来る範囲で真似る、というのは、アールefuさんの作品を分かる人には理解できるはず。下手の横好きの私にはすべてを真似る技能はない。

構想4.内緒。

おそらく妄想段階から進めない可能性も高いんですが、ひとつくらいは応募書類の目玉を残しておかないと。
※とはいっても、これも真似なんですが。完全オリジナルでないと作ってはいけないとなると、もはやバスレフは作れなくなります。お願いですから真似させてください。

---------おまけ--------
先日の大雨ですが、我が家はもともと山(というか高台)を崩して畑にしてたところ。川から遠いのでまったく問題なし。

ちょうどオダマキ3種が咲いてます。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中
ヤマオダマキです。矢立峠付近にある風穴周辺で自生していて、私が種をとってきてばらまいたら毎年咲くようになりました。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中
こちらがオダマキ。亡くなったお袋がどこから移植したもののようです。

Stereo誌スピーカーコンテスト用スピーカー妄想中
何故か1本だけシロバナのオダマキがあります。花びらの細胞内に気泡ができると花びらは白くなるとか聞いたことがあるので、おそらくはこれもオダマキなんでしょう。

追記
大沢さんのブログのコメントで、大沢さんの多重共鳴管を真似させてください、だったか、真似させてもらいます、だったか、の内容のコメントを、完全にブログ記事とは別件だったので、非公開コメントでつけました。

その後、非公開コメントが増えています。もしかして大沢さん、非公開コメントに対する返事だから非公開コメントで返事を書いて、それが増えた分なのか、と勝手に判断しこの追記を書いています。
※まさかとは思ってますが、念の為。

応募できるかわからないけど、真似させてもらいます。
スポンサーサイト
コメント
No title
ご存知でしょうけれど、ユニット裏側の形に切り抜いた仕切り板で半分に分断すれば、それぞれの管が独立して動作してくれるのではないか、というアイデアはありますね。
それを使用すればプラン1でいけるかもしれません。
2018/05/23(水) 23:28 | URL | KFVL #-[ コメントの編集]
Re:No title
KFVLさん、コメントの返事遅れてすみません。

まだユニットのサイズ等がわからず、更に私は糸鋸も持っていないので、工作不可能です。
共鳴管の共鳴作用は定在波と同じなので、ユニットのところの隙間で隣とつながっていても共鳴しそうな気はしますが、その点がちょっとだけ気にかかっています。
2018/05/28(月) 21:44 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
No title
普通のユニットなら仕切り作戦で行けると思います。
今回のユニットはボビンの露出している長さが多いので、隙間が大きいので合体する可能性はあります。
普通はもっとダンパーの近くまでコーンが深く伸びているし、ダンパー裏の空気抜きの隙間がない物なら、管同士が結合する面積は小さいので、別々で動作しそうに思えますが。
今回のユニットに関してはやってみなければ分からないです。
やる価値はあると思います。
2018/06/01(金) 02:44 | URL | KFVL #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
346位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始