もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

Stereo誌付録ユニットエージング用箱の制作5

ようやくユニットを取り付けました。
Stereo誌付録ユニットエージング用箱の制作5
ネジ穴をちょっと大きくしすぎました。M3のネジにφ3の穴では緩すぎますね。でもとりあえずユニットが落ちなければよしとしておきます。

まだ木工ボンドが完全に乾いてないんですが、とりあえず音出しです。怪獣物のDVDはやや低音が少ないものの、普通のテレビくらいの低音はでています。ユニットの2個使いのおかげかもしれません。

通常の音楽を聞くと、まだまだ物足りない感じがいっぱいあります。

トゥイーター2個直列の時のコンデンサーって?
ユニットはこのようにつないでいます。ウーファー、ツィーターそれぞれは直列に、そして全体は並列につないでいます。
Stereo誌のコンデンサの推奨値は1μFでしたが、私のつなぎ方では、ユニット1個にかかる電圧が半分になるため、コンデンサの値が理論上はその半分になると、アールefuさんから教えてもらいました。付録に付属の1μFを直列につなぐとコンデンサの値は半分になるそうです。ですから、こんなふうにコンデンサはつないでみました。

Stereo誌付録ユニットエージング用箱の制作5

ご覧のとおり、まだコードを通した穴を埋めていません。多少は音がもれるかもしれませんが、この箱の第1目的はユニットのエージング。それに、もしかしたら、ファストン端子付きのコードを本番でも使うかもしれないので(そのため多少長めのコードにしています。)、接着していないのです。

Stereo誌付録ユニットエージング用箱の制作4
この箱は奥行がそれほどないので吸音材は必要だと思いますが、1週間位してから少しだけ入れてみようと思ってます。

ただ、バックロードの箱みたいなボーボー感は今のところないです。共鳴を利用していないから当たり前か。




NHKのみんなの歌でも流れたことがあります。実はみんなの歌はリクエストも受け付けているらしいので、興味のある人はリクエストしてみたらどうでしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
827位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始