もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

今日は解体作業

今日は、カットをお願いしたコメリパワー店に行き、カットがいつできるか確認してきました。やはり金曜日以降になると言われました。懸命に組み立てて、形にして、更に応募書類を作ってとなると、ほとんど無理っぽいですね。

本日は、解体作業を行いました。
今日は解体作業
10cm口径赤パークウッドコーンユニットのスピーカーは音工房Zのキットです。想像以上の低音が出るバックロードです。残念ながら、現在生産されていないユニットなので、音工房Zで販売されることは今後難しいでしょうね。その隣の8cm口径赤パークウッドコーンユニットのスピーカーは、自作の共鳴管スピーカーです。コイズム無線のキットから大体の大きさを見出し、直管折り返しの共鳴管として作ったものです。これも結構低音が出るスピーカーで気に入っているものです。

今日は解体作業
解体した箱はこちらです。音道を長くし、出口を少し絞ったらどうなるかの実験で作ったものです。実はこの共鳴管スピーカー、三六板の赤松集成材1枚半必要なので、3枚使ってこちらの板もカットし作成しました。
結果、私の耳では差は殆どわからなかったので、この箱は単なる場所ふさぎとなりました。

今日は解体作業
結構以前に制作した箱なので、木が日焼けしてます。

今日は解体作業
どうも長くカットするのが難しかったです。理由は丸鋸の設置がズレたからかな?
それで、短いブロックにカットすることにしました。

今日は解体作業
ロケットストーブで燃やせる大きさにカットしました。

今日は解体作業
ただ、片方の箱は、ハーブか何かを育てる箱にしようと思ってます。こちらは途中まで手引鋸でカットしていたもので、途中で諦めて放置していたものです。こちらのほうが長い直線カットのズレが少なかったので、箱として利用できそうです。

結構丸鋸が熱を持ったので、今日はこのくらいにしました。
今後の解体予定は、こちらです。
今日は解体作業
kenbe氏の赤パークミニバックロードバスレフを自己流で真似した箱です。共鳴管のほうが低音が出ていました。kenbe氏が内部に吸音材を使っていなかったのにこちらはバンバン使ったりとか、忠実に真似してないので、そのせいかもしれません。自分が音を気に入ってないのに他人に勧めるわけには行きませんから、これは解体させてもらいます。

今日は解体作業
こちらは2年前のStereo誌付録のユニットを使って作成したデュアルバックロードの箱です。音はものすごく気に入ってますが、何分見かけが悪いのと、かなりの場所ふさぎなので残念ながらこれも解体しないと行けません。木工ボンドがはみ出た箱は他の人には譲れませんよね。この箱は天候にもよりますが、あさってあたりの解体になると思います。



おまけの動画。私はジャコ・パストリアスのファンなんですが、渡辺香津美とも共演していたみたいですね。

さすがに映像は残ってないようで、動かない画像です。

---アフェリエイトここから---

---アフェリエイトここまで---
スポンサーサイト
コメント
No title
本当に増え続ける箱の置き場は、難儀しますね。
梱包も大変ですが、切断は切粉の掃除に難儀しますね。
僕も、涼しくなったら、箱や音響パネルなど解体しなければと考えています。

☆S誌の応募、間に合うように頑張ってください。
2014/08/27(水) 07:37 | URL | kenbe #-[ コメントの編集]
re:No title
kenbeさん、コメントありがとうございます。
私の場合はオーディオルームがないのにこの趣味を始めてしまった報いかもしれません。

S誌の応募はかなり難しいです。カット材ができるのが早くて金曜日ですから。形を作るのが精一杯でダクトの調整は後回しにして応募できるかどうか、怪しい感じですね。
2014/08/27(水) 08:30 | URL | kaneya #GgoiIYCg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
788位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始