もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

書類審査、落選!

どうやらStereo誌コンテストの書類審査は終わったようで、1次通過しましたというブログもちらほら見かけるようになりましたが、私の方はやはり落選したみたいです。まだStereo誌からのメールは無しです。

まあ、私の今回の設計は突っ込みどころ満載なので受かる可能性はかなり少ないんですが、それでもちょっとショックだったりします。

秋田県では放送してないけど、アオイホノオの10話の焔モユルの気分です。ドラマ24「アオイホノオ」公式ホームページ内にある『だまされるな! アオイホノオ11の秘密』の10話「ごめんなさい、アニメなんか作っちゃって・・・」のところに解説されてますが、
>なにかを作るときは、思いきりうぬぼれないと作れない。実績のまだない若者は、うぬぼれとプライドだけを燃料に高みを目指す。
>「高みを目指して作品を作る」というのは、ムリ目な女の子に告白するのと同じだ。だから99%は失敗する。すると「告白なんかしなきゃよかった」「好きになってごめんなさい」と深く、とてもとてもふか~く落ち込むことになる。
という文がほんとうによく分かる。ほんと、おもいっきり思い上がってないと作れないもんですからね。素人に近い私は。

多分駄目だろうと思われている点は自己分析ではこんなところでしょうか。

1.仕上げまで進めなかった。
ダクトの微調整とかネットワークの微調整くらいなら許されると思いますが、塗装もしてませんからね。当然スピーカーターミナルもまだつけてなかったりして。

2.バーチカルツインであれば、トゥイーターは1個。
書類審査、落選!
↑ネット上から拝借したフォステクス製バーチカルツイン

バーチカルツインは仮想コアキシャルなので、トゥイーターは1個となります。そうでなければ点音源になりません。

なぜそうしなかったかというと、

・全インピーダンスをあまり小さくしたくなかった。
・ウーファーとトゥイーターの音量がせっかくあっているのだから、同数使って音圧を揃えたかった。
・ネットワークに自信がなかった。

ということです。

3.2開口バックロードでは、大きさの割に開口部からの低音を期待できない。
バックロードの低音はほぼ音道長で決まると行っても間違いではないと思います。2開口バックロードでは、半分の容積で作ったバックロードを2つ重ねたようなものですから、同じサイズで普通にバックロードを作るよりも低音が出せないということが言えると思います。

探せばまだまだあるかもしれません。バックロードでバーチカルツインという方式を選んだ段階でかなりコンテスト通過は無謀なのかもしれませんね。でも何となく私はこの形が好きなんです。(音はまだ試行錯誤状態なんであえてパス!)

まあ、いずれ部屋を占領しそうですから、他の人に貰ってもらえるように仕上げをしとかないと。

書類審査、落選!
ダクトにリング1個分追加してみました。私の耳では変化がわからないくらいでした。多分もう2個くらいは長くしないといけないのではないかと思えます。塗装後にリングは追加で作成する予定です。

書類審査、落選!
オービタルサンダーで天板を研磨してみました。写真は研磨途中にサンダーを止めて撮影してます。

書類審査、落選!
写真ではわかりづらいんですが、まだ部分的に柿渋塗装が残ってます。

書類審査、落選!
背面も研磨してみました。やっぱり部分的に柿渋塗装が残ってます。でも結構目立たなくなったみたいだからオスモで塗装してみようかな。

おっとまだ片方しか研磨してなかった。先は長い。




昨年度秋田県内でよく流れていた曲です。私のスピーカーもあんべいいなとなればいいんですが、どうなることか。
スポンサーサイト
コメント
No title
僕も、過去に落ちたことがありました。
お気持ちを察します。
常連の方の殆どが、落選を経験していると思います。
来年、再トライに期待しています。
2014/10/01(水) 06:49 | URL | kenbe #-[ コメントの編集]
re:No title
kenbeさん、ご配慮ありがとうございます。

今年は特に何もなければ音を聞きに行きますのでよろしくお願いします。
2014/10/01(水) 07:16 | URL | kaneya #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
700位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始